映画:拳精

「拳精」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

拳精の紹介:1978年に制作されたカンフー映画です。ジャッキー・チェンが自らの持ち味を活かしたカンフーコメディ「カンニング・モンキー 天中拳」に怒ったロー・ウェイ監督が、「本当のコメディとは何たるかを見せてやる」と豪語し、作られたのが本作となります。こうした経緯もあって、主演のジャッキー・チェンは本作を良くは思っていないそうです。むしろ酷評しており、ジャッキー・チェンが「スネーキーモンキー 蛇拳」で人気を得るまではお蔵入りされたほどの作品です。

あらすじ動画

拳精の主な出演者

イーロン(ジャッキー・チェン)、ロク・チン(ジェームス・ティエン)、フォン(ウー・ウェンシウ)、館長(リー・トン・チュン)、セク(ファン・シュウイー)

拳精のネタバレあらすじ

【起】– 拳精のあらすじ1

拳精のシーン1

画像引用元:YouTube / 拳精トレーラー映像

イーロンは少林寺の寺男として働いていましたが、いたずらばかりしていたため、しょっちゅう怒られていました。

そんなある日、イーロンが夜警をしていると黒装束の賊がやってきます。その賊はイーロンや少林寺の僧侶をあっさりと蹴散らし、門外不出の極意書を奪い取っていきました。

奪われた極意書「七殺拳」は残酷な技として封印されていたもので、ひとたび使い手が現れれば、多くの死人が出るとすら言われていたいわくつきの拳法です。

そんな殺人拳法が賊に奪われてしまったのですから大変です。この「七殺拳」を生み出した達磨大師は対抗策として、「五獣拳」という技を生み出しています。しかし最悪なことに「五獣拳」の極意書は100年前殻所在不明となっていたのです。

危険な極意書を奪われた少林寺の館長は責任を取るため、100日もの間、座禅を組むことにします。その間、少林寺はワイホン師匠が面倒を見ることになりました。

夜警担当者も責任を取らされ、反省室に行かされます。イーロンもまた反省室に入りますが、自分の責任ではないと感じていたため、反省する気はありませんでした。

それどころか反省室に行ったにも関わらず、鍋を作ったりお酒を飲んだりとやりたい放題です。

そうやって仲間たちとワイワイ騒いでいたところ、ワイホン師匠に見つかってしまいました。イーロンはワイホン師匠にたっぷりと叱られ、写経を書かされるはめになります。

イーロンが反省していた頃、賊は息子のロク・チンに「七殺拳」の極意書を渡していました。賊は息子を武林の総帥に仕立て上げるつもりだったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「拳精」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×