「新選組 (1958)」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

新選組 (1958)の紹介:1958年製作の時代劇。新選組の内部対立と長州藩の暗躍という緊迫した幕末の状況をドラマチックに描いた作品。一方で、劇中には鞍馬天狗、月形半平太ら有名時代劇で知られるキャラクターたちも参戦、エンターテインメント性が高い娯楽作品に仕上がっている。

新選組 (1958)の主な出演者

近藤勇(片岡千恵蔵)、関兵庫(月形龍之介)、月形半平太(大友柳太朗)、鞍馬天狗(東千代之介)、会津の小鉄(里見浩太朗)、土方歳三(山形勲)

新選組 (1958)のネタバレあらすじ

【起】- 新選組 (1958)のあらすじ1

舞台は激動の幕末。京都では新選組が街の治安を守っていましたが、そんな中隊士の不祥事が発覚します。横川ら三名の隊士たちが見世物小屋で乱暴狼藉を働き、小屋の主人を斬り捨てたのです。勇気ある若者の会津の小鉄はすぐに新選組の道場に向かい、新選組隊員の殺人を近藤勇に直接訴えました。近藤勇はただちに横川らの処分を決定しますが、横川ら三名の隊員は近藤と対立する副長の関兵庫を慕う連中で、やがて事態は新選組を二分する騒動へと発展していきました。

蛤御門の変から間もなく、関は数名の隊員を率いて新選組を脱退、合流した先は長州藩の攘夷派志士の元でした。長州藩側には頭が切れる色男の月形半平太と優れた剣の使い手である鞍馬天狗の姿もありました。長州藩は蛤御門の変で戦力を大きく削がれていましたが、この二人の協力により虎視眈々と起死回生の機会を狙っていました。

関とともに脱退した隊士の中には、藤堂の名前もありました。近藤が目指す公武合体のためには長州藩との和解が必須と藤堂は考えていましたが、近藤は長州藩のやり口をひどく嫌悪していたため、藤堂はこれ以上新選組に籍を置くことを無意味と考えたのです。信頼を置く藤堂の脱退に、近藤はショックを覚えました。

【承】- 新選組 (1958)のあらすじ2

それから間もなく、近藤の元に再び悲劇的な知らせが届きます。近藤と同じように公武合体を目指していた佐久間象山が暗殺される事件が起きたのです。これは、関からの情報を事前に受けた攘夷派志士による仕業でした。「幕府を支える柱がまた一本倒れたか」…近藤は同じ志を持つ象山の死に深く心を痛めました。


そんな中、月形半平太と鞍馬天狗は倒幕に向け動き始めました。鞍馬天狗は新選組から攘夷派志士を救い、坂本龍馬への手紙を届ける役割を果たし、一方の月形半平太は近藤勇に接近を図っていました。月形半平太は近藤が訪れていた温泉に赴き、二人は初めての対面を果たしました。同じ湯に入りながら、日頃の対立を忘れ談笑する近藤と月形半平太。「あなたとはもう少し早くお目にかかりたかったような気がしますな」と近藤が言うと、月形半平太も近藤に同調するのでした。

近藤が温泉から戻ると、副長の土方が攘夷派志士の好きなようにやらされている現状に憤りを覚え、激しい弾圧を主張してきました。しかし、あくまでも人への温情を大切にしたい近藤は話し合いによる解決を重視するようになっていました。その姿勢が徳川幕府の安泰に繋がると近藤は固く信じていたのです。

【転】- 新選組 (1958)のあらすじ3

一方、横川らが引き起こした事件をきっかけに、近藤と小鉄は強い信頼関係を結ぶようになっていました。そんなある日、小鉄は関と長州藩士の密会場所に潜入、そこで、小鉄は関たちが祇園祭の夜に京都を火祭りに上げ、幕府との全面戦争突入を計画していることを知ります。小鉄は深手を負いながらも近藤に報告、近藤は関たちが池田屋に潜伏していることを知らされます。人々の命を犠牲にしようとする関と長州藩士に近藤は激しい怒りを覚え、池田屋襲撃を決断します。

そして、祇園祭当日、近藤は自ら隊士たちの先頭に立ち池田屋へ。近藤は次々と長州藩士を斬っていく中、ついに元同志の関と再会を果たしました。近藤は関を斬り、池田屋を後にしました。それから間もなく、月形半平太と鞍馬天狗は池田屋への襲撃事件を知ります。事態を重く見た二人は倒幕運動をいち早く推し進めることを決断。鞍馬天狗は薩摩藩、土佐藩へと向かい、月形半平太は近藤の元へと向かいました。

【結】- 新選組 (1958)のあらすじ4

他の隊士たちが宴会に興じる裏で、近藤と月形半平太は会談の場を持ちました。月形半平太は倒幕に向けて着々と準備が進んでいることを明かし、近藤にも仲間に加わって欲しいと願い出ました。しかし、新選組との生死をともにしたい近藤はこの誘いを拒否。月形半平太は「なぜ早くお目にかかれなかったか、返す返すも残念でなりません」と語り、その場を後にしました。

月形半平太が隊士に睨まれながらも帰ると、その直後に予想外の出来事が起こりました。脱退した藤堂が宴会場の庭で腹を切ったのです。先ほどまでの月形との会話を盗み聞きして近藤の真意を知った藤堂は、尊敬する隊長を安易に裏切ってしまったことに耐えきれなくなってしまったのです。そんな藤堂に、近藤は自らの羽織を掛けるのでした。

時は流れ、慶應三年。朝廷から倒幕の命が下り、月形半平太に率いられた討幕軍が錦旗を持って山陽道を東進し始め、新選組は旧幕府軍としてこれを迎え撃つこととなりました。近藤は見送りに来ていた小鉄ら町人たちに笑顔を見せ、戦いの場へと向かって行きました。

みんなの感想

ライターの感想

なぜ月形半平太と鞍馬天狗が?という疑問はあるものの、この二人は新選組の物語を大きく盛り上げ、憎みがたい敵キャラ役として輝いていました。また、時代劇は登場人物の見分けがつきにくいという印象を持っていたのですが、本作に登場する主要キャラは顔立ちの系統が様々で、また髪型や服装が工夫され、関係図が簡単に頭の中で整理出来ました。映画は勇ましく戦場へと向かう新選組の姿で終わりますが、その先に敗北と近藤の死が待っていると思うと、とても切なく感じられました。

映画の感想を投稿する

映画「新選組 (1958)」の商品はこちら