映画:暗殺教室

「暗殺教室」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

映画 暗殺教室の紹介:2015年公開の日本映画。松井優征による人気コミックを実写映画化。地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物〝殺せんせー〟と政府からその暗殺を依頼された中学生たちが繰り広げるユニークな攻防を描く。

あらすじ動画

暗殺教室の主な出演者

潮田渚(山田涼介)、赤羽業(菅田将暉)、茅野カエデ(山本舞香)、中村莉桜(竹富聖花)、神崎有希子(優希美青)、奥田愛美(上原実矩)、烏間惟臣(椎名桔平)、イリーナ・イェラビッチ(知英)、鷹岡明(高嶋政伸)、自律思考固定砲台〔律〕(橋本環奈)、堀部イトナ(加藤清史郎)

暗殺教室のネタバレあらすじ

【起】– 暗殺教室のあらすじ1

ある日突然、月の7割が消滅しました。それ以来、地球から見る月はいつも三日月です。

…日本に超生物がやって来ました。防衛省の特殊部隊は全総力を挙げて総攻撃をおこないます。

隊員たちのヘルメットには暗視カメラが設置されていますが、それらはことごとく駄目になりました。つまりは、隊員たちも攻撃され倒されているということです。

その超生物は全世界の要人に対し、ある取引を持ちかけました…。

…進学校・椚ヶ丘(くぬぎがおか)中学校の3年E組は、落ちこぼれが集まるクラスと言われていました。E組は別名「End(おしまい、終わり)」という意味で使われ、教室は学校の離れの山の上にある旧校舎にあります。

進学校においてのE組の役割は、「弱者がいるから強者がいる」「見下すべき存在」と位置づけられていました。E組の生徒たちも当然、やる気がありません。

そのE組の担任教師として、ある日、黄色いタコのような形をした超生物が赴任しました。副担任として、防衛省の烏間(からすま)が付き添います。

自己紹介として、黄色いタコは「月を破壊した犯人です」と言いました。続いて「来年、地球も破壊する予定です」と付け足します。

副担任の烏間は「これは各国の首脳だけが知っている、国家機密なのだが」と前置きして、クラスの生徒たちに事情を話し始めました。

この黄色いタコのような超生物は、マッハ20の速度で移動でき、月を破壊するほどの能力を持つ生物です。本人が言った通り、来年3月に地球を破壊する予定だというのも事実です。

各国は暗殺者を送り込みますが、ことごとく失敗しました。黄色いタコの生物が出した条件は「椚ヶ丘中学3年E組の担任になること」でした。

政府は「生徒に危害を与えないこと」を条件に、承諾を呑みます。と同時に、クラス生徒に黄色いタコだけに有効な、やわらかい特殊生物用ナイフと特殊生物用BB弾とエアガンが支給されました。

来年3月までに黄色いタコを殺せれば、成功報酬は100億円です。生徒は皆、やる気になりました。

政府側としても、担任として決まった時間に黄色いタコが決まった場所に飛来するわけで(下手したら地球外で来年3月まで過ごされるよりも暗殺の機会が増えるから)、願ったりの条件でした。

そういうわけで3年E組の生徒たちは、外部の人間には他言無用で担任の先生なる黄色いタコを殺すため、毎日努力します。

ちなみに早期の段階で、腕利きの殺し屋の若い女性イリーナ・イェラビッチが来襲しましたが、あっけなく失敗し、セクシーな格好からレトロで健康的な服(体操服と短パン)に着替えさせられました。

イリーナ・イェラビッチは英語の授業を担当することになり、本人の望むところではありませんが、皆に「ビッチ先生」と呼ばれます。

毎日、生徒からのBB弾の一斉射撃を受けながらも、一発も当たることもなく授業を進める超生物に対し、茅野カエデが「殺せないから〝殺(ころ)せんせー〟」というあだ名をつけました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「暗殺教室」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×