「梟の城 owl’s castle」のネタバレあらすじと結末の感想

アクション映画

梟の城 owl’s castleの紹介:1999年公開の日本映画。司馬遼太郎の同名小説の映画化。〝梟(ふくろう)〟と呼ばれる忍者としての誇りをかけ、秀吉暗殺に乗り出した伊賀者の生き様を描いた時代活劇である。

梟の城 owl’s castleの主な出演者

葛籠重蔵(中井貴一)、風間五平(上川隆也)、小萩(鶴田真由)、木さる(葉月里緒菜)、摩利支天洞玄(永澤俊矢)、下柘植次郎左衛門(山本學)、黒阿弥(火野正平)、豊臣秀吉(マコ岩松)、服部半蔵(根津甚八)、葛籠太郎兵衛(中村敦夫)、今井宗久(小沢昭一)、徳川家康(中尾彬)

梟の城 owl’s castleのネタバレあらすじ

【起】- 梟の城 owl’s castleのあらすじ1

天正9年。織田信長は伊賀全土を焼き、伊賀者たちを大量虐殺しました。
それから10年後…。
伊賀忍者の生き残りである重蔵を、かつての師匠・下柘植次郎左衛門が訪れ、堺の豪商・今井宗久の任務を告げました。それは豊臣秀吉の暗殺です。
重蔵は、かつて自分たち一族を虐殺した信長への怒り・恨みを秀吉に転嫁することで、その任務を引き受けました。そして山を下ります。
町に出た重蔵の前に、小萩という謎の女性が現れました。小萩は宗久の養女だと名乗りますが、実はくノ一(女の忍者)です。

【承】- 梟の城 owl’s castleのあらすじ2

秀吉暗殺の黒幕は徳川家康でした。家康の腹心・服部半蔵は小萩を洗脳し、重蔵を見張る役目を指示していました。
小萩は重蔵を監視しながらも、少しずつ心を通わせ、次第に愛し合うようになります。
重蔵には仲間がいました。軽業師として都で働きつつ、闇で動く女忍者・木さる、刀屋に勤めて研ぎ師として京の都に潜伏している黒阿弥など、彼らは重蔵と同じく、みな秀吉暗殺の機会を狙っていました。
そのいっぽうで、かつての仲間でありながら、今は伊賀を裏切って前田玄以に仕える風間五平が敵に回るなど、穏やかでない事態も起こります。五平は重蔵を捕らえると出世できると言われていました。

【転】- 梟の城 owl’s castleのあらすじ3

ほかにも甲賀忍者の総帥・摩利支天洞玄が同じく前田玄以に雇われて、重蔵を殺そうと狙っています。
さて、淀君が妊娠した知らせが家康に入りました。お世継ぎ誕生になると、豊臣家は安泰になるので、いざという時に大名たちに呼びかけて謀反を起こすことも不可能になると家康は考えます。
家康は秀吉の暗殺計画を白紙に戻し、それを知る者たちを次々に抹殺するよう命じました。つまりは、重蔵も抹殺される対象です。
小萩からそのことを聞かされた重蔵は悩みました。というのも、重蔵にとって秀吉を暗殺することこそが、重蔵の生きがいになっていたからです。

【結】- 梟の城 owl’s castleのあらすじ4

摩利支天洞玄と戦った重蔵は、みごと彼を倒し、ひとりで伏見城に乗り込みます。彼は秀吉暗殺を実行することにしました。
しかし、初めて秀吉と対面した重蔵は、秀吉があまりにもよぼよぼで力ない老人であることに拍子抜けをします。
命乞いをする秀吉が哀れに思えた重蔵は、秀吉を殴ってせめてもの意趣返しをした気持ちになり、結局暗殺はせずそのまま城を出ました。そこを五平に狙われます。
五平は城の警備に捕らわれて、石川五右衛門として処刑されました。
重蔵は愛する小萩を連れて山に戻り、そこでひっそりと暮らしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「梟の城 owl’s castle」の商品はこちら