映画:沈黙の監獄

「沈黙の監獄」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

沈黙の監獄の紹介:2012年に公開されたアクション映画です。沈黙というタイトルからも分かる通り、最強のアクション俳優スティーヴン・セガール氏が主演を務めています。さらにWWEプロレスラーだったスティーブ・オースティン氏が相棒を演じています。そのうえ敵のボスにはマイケル・パレ氏という豪華キャスト陣が軒を連ねているのも本作の特徴です。沈黙シリーズの名にたがわず、本作でも激しいアクションが繰り広げられます。肉弾戦や銃撃戦など盛りだくさんなので、アクションが好きならきっと楽しめることでしょう。

あらすじ動画

沈黙の監獄の主な出演者

クロス(スティーヴン・セガール)、マニング(スティーヴ・オースティン)、ブレイク(マイケル・パレ)、サマンサ(ステフ・ソング)、シャーロット(アリーヤー・オブライエン)、ブラッドリー(ブレン・フォスター)

沈黙の監獄のネタバレあらすじ

【起】– 沈黙の監獄のあらすじ1

沈黙の監獄のシーン1

画像引用元:YouTube / 沈黙の監獄トレーラー映像

アメリカ合衆国オレゴン州北部にある軍事施設D486では、閉鎖作業が行われていました。そこのDブロックに2人の女囚が収容されます。

マニングという男が、先に空港で待つブラッドリーの元に仲間を向かわせました。

D486のGブロックで看守のフィールズが落としたメモを、同じく看守であるテランスが拾います。

トロイ廃棄物処理サービスのトラックが軍事施設に到着します。

閉鎖作業をしているクロスと彼に呼ばれたマニングが、6時ごろにチームと合流する予定だと話をしていました。そこに軍事施設の所長がやって来て、新たに女囚を収容したことを怒ります。今現在、軍事施設には6人の囚人がいました。

所長は勝手な行動をした責任として、囚人全員出るまではここから離れることは許さないと、クロスに言います。クロスは了承しますが、肝心の護送車の到着は遅れるとのことでした。

テランスがGブロックに飯を運ぶと、囚人が暴れまくります。偶然通りがかったクロスが、暴れる囚人を制圧しました。

看守はクロスに「囚人の落とし物かもしれない」とメモを渡します。

トロイ廃棄物処理サービスの作業員がミスをし、収集車が壊れます。そのせいで燃料が蒸発して、Dブロックに流れつつありました。

マニングから報告を受けたクロスは女看守と協力し、Dブロックの女囚をGブロックに連れて行きます。その道中、1人の女囚サマンサが「私は運び屋で接触相手が殺された。CIAが関係している。助けて」と口にしました。

話を聞いたクロスはマニングに女囚を移したことを伝え、気になることを調べるために軍事施設の外へと出ます。その足でブラッドリーに会いに行きました。

軍事施設に護送車が到着します。マニングは収集車の修理をしていたため、対応できません。そのためテランスという男が応対します。

クロスはブラッドリーにメモを渡します。メモには引き渡し時間と連邦保安官の動きが記されており、解読したブラッドリーは看守が情報を流しているに違いないと断言しました。

クロスは何かヤバいことが起こるに違いないと感じ、ブラッドリーたちに装備を整えるように命じます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

スティーヴン・セガールよりもスティーヴ・オースティンのほうがアクションシーンが多いという印象を受けました。主役のセガールのアクションをもっと見たかっただけに、ちょっと残念です。ただアクションそのものはワクワクするもので、キャラも立っていたので、この部隊の活躍をもっと見てみたいと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「沈黙の監獄」の商品はこちら

IMAGE

沈黙の監獄 [DVD]

DVD > 外国のアクション映画
Happinet(SB)(D)
スティーヴン・セガール(出演),スティーヴ・オースティン(出演),マイケル・パレ(出演),キオニ・ワックスマン(監…

¥2,280
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20