映画:泣く男

「泣く男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

泣く男の紹介:2014年公開の韓国映画。『アジョシ』のイ・ジョンボム監督、チャン・ドンゴン主演。心に傷を負いながら任務に身を投じる、孤独な殺し屋の運命を描いたクライムアクション。

あらすじ動画

泣く男の主な出演者

ゴン(チャン・ドンゴン)、チェ・モギョン(キム・ミニ)、チャオズ(ブライアン・ティー)、ジョン・リー(キム・ジュンソン)、ビョン室長(キム・ヒウォン)、ユミ(カン・ジウ)、ダイ・バン(ダナ・リー)、ファン(アントニー・ディリオ)、アルバロ(アレックス・レイス)

泣く男のネタバレあらすじ

【起】– 泣く男のあらすじ1

アメリカのアジア系マフィアに属する韓国人青年の殺し屋・ゴンは、その日もターゲットを殺すために暗いバーにいました。

客席でまだ幼い少女が退屈そうなのを見たゴンは、含んだ水を口から垂れ流すおふざけをして少女を笑わせます。

その後仕事で奥の個室に行ったゴンは、取引中の男たちを全滅させました。ドアの向こうで微かな音がし、ゴンは反射的にドアを撃ちます。

ドアを開くと少女がいました。ゴンに親しみを抱いて追ってきた少女の胸に、血の染みが広がって倒れました。

以来、ゴンは少女を殺した罪悪感に苛まれます。

ゴンに新たな指令が下りました。殺した男ハ・グンソクの元妻チェ・モギョンを調べ、殺せというものです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「泣く男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ