映画:烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOS

「烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOS」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOSの紹介:2014年に公開された「烈車戦隊トッキュウジャー」の映画です。元々サファリレッシャーが登場することが決まっており、ここからゲストキャラやストーリーが生まれていきました。ミニチュアとCGを組み合わせた撮影が見所であると言え、追加戦士である虹野明/トッキュウ6号も登場します。ゲストヒロインには福原遥氏、メインの敵にはヒャダイン氏、ヒロインの相棒役はゴーカイイエローでお馴染みのM・A・O氏が務めています。

あらすじ動画

烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOSの主な出演者

ライト/トッキュウ1号(志尊淳)、トカッチ/トッキュウ2号(平牧仁)、ミオ/トッキュウ3号(梨里杏)、ヒカリ/トッキュウ4号(横浜流星)、カグラ/トッキュウ5号(森高愛)、虹野明/トッキュウ6号(長濱慎)、闇の皇帝ゼット(大口兼悟)、レディ(福原遥)、車掌(関根勤)、ナイル伯爵(ヒャダイン)、ハウンドシャドー(KENN)、パス子(M・A・O)

烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOSのネタバレあらすじ

【起】– 烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOSのあらすじ1

烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOSのシーン1

画像引用元:YouTube / 烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOSトレーラー映像

宇宙にはギャラクシーラインと呼ばれる路線が存在しています。そのギャラクシーラインを利用しているのは、5両編成の烈車サファリレッシャーでした。

2014年のある日、地球付近でサファリレッシャーは襲われました。襲撃者は悪の軍団「シャドーライン」の幹部ナイル伯爵です。

サファリレッシャーの車掌レディは襲撃から逃れようとします。しかしそううまくいくはずもなく、ナイル伯爵が操るクライナーに攻撃されたことで、サファリレッシャーは先頭車両と後部車両に切り離されました。先頭車両はレディを乗せたまま、地球への落下を始めます。

レディは救難信号を送りました。救難信号を受け取った烈車戦隊トッキュウジャーの面々は救助に向かいます。

彼らはトッキュウジャーに変身し、ナイル伯爵と部下のハウンドシャドーと一戦を交えます。その最中、トッキュウ1号がナイル伯爵の攻撃を受け、サファリレッシャーの先頭車両に吸い込まれました。サファリレッシャーはトッキュウ1号を乗せたまま走り去っていきます。

その後、ナイル拍車は「シャドーライン」の頂点に君臨する闇の皇帝ゼットに呼び出され、トッキュウジャーとの戦いを中断して去っていきます。トッキュウジャーもその場を離れました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「烈車戦隊トッキュウジャーTHEMOVIEギャラクシーラインSOS」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×