「燃えよデブゴン/TOKYO MISSION」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– 燃えよデブゴン/TOKYO MISSIONのあらすじ4

燃えよデブゴン/TOKYO MISSIONのシーン4

画像引用元:YouTube / 燃えよデブゴン/TOKYO MISSIONトレーラー映像

ホーイとラーメン屋へ行ったロンは、そこで復縁を持ち掛けました。自分が刑事をやめてホーイに寄り添うと言い、ホーイも喜びます。その時、緊急地震速報の警告音が鳴ると、大きな地震が起きました。ロンはホーイを庇いますが、揺れがおさまってホーイが無事だと確認すると、すぐさまラーメン店の他の人たちを助けます。その姿を見たホーイは「警察を辞めたら、あなたは生きがいをなくす」と言って店を去りました。

上司のウォンから電話がかかり、これ以上日本で騒ぎを起こすなとロンは釘を刺されます。ロンだって、好きで騒ぎを起こしているわけではありません。ウォンに反駁して電話を切ります。

東野組では、島倉が組長の東野に書類を突き付けていました。自分にとって都合のいい書面にサインをさせようとし、刀で脅してサインさせます。サインした後に組長を殺した現場を、ソーイがたまたま目撃しました。ソーイは島倉に捕まります。

同じ頃、甥のシウフーは動画の完全復元に成功します。そこには、薬物を隠す様子がばっちり撮影されていました。それを確認したシウサーはロンに報告の電話を入れますが、その通話が島倉の部下に聞かれていました。シウサーは腹部を刺されます(死ぬほどのケガではない)。ロンがすぐにやってきて、大立ち回りをしました。また警察もやってきますが、ヤクザが関わっていると気づくと、相変わらず捜査せずにすぐにその場を去ります。

腹を立てたロンは遠藤刑事に発破をかけますが、遠藤刑事は涼しい顔をして聞き流します。直後、遠藤刑事は車に轢かれて亡くなりました。天罰みたいなものです。

ホーイを人質にした島倉が、ロンを東京タワーに呼び出します。ロンは東京タワーに行くと、島倉と戦おうとします。銃撃されたロンはかすり傷を負いますが、果敢にも立ち向かいました。

東京タワーの外には、ヘリコプターで上司のウォンと通訳のマギーが接近します。復元した動画は、ロンがネットにアップしていました。メンツを気にする日本警察は、この動画を受けて捜査に乗り出したそうです。

東京タワーの外に出て戦ったロンは、島倉と激しい肉弾戦の末、相手を倒しました。それを見たホーイは「体型なんて関係ない」と言って、ロンと復縁します。

後日、ロンとホーイは香港へ戻ってから結婚式の写真を撮っていました。記念写真が写し出されます。2人は結婚しましたが、まだロンは太ったままです…。

(エンドロール)

特殊メイクの撮影。太った姿を撮影する様子を、舞台裏から見せています。

出演者のNGシーン。撮影の裏側、スタッフとの談笑など。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「燃えよデブゴン/TOKYO MISSION」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×