映画:燃えよドラゴン

「燃えよドラゴン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

燃えよドラゴンの紹介:1973年公開の香港映画。公開されると同時に世界各国で大ヒットし、ブルース・リーとカンフーが世界的なブームとなり、多くのフォロワーが生まれた作品である。少林寺拳法を武器に強大な悪に対決するスーパーヒーローの活躍を描く。

あらすじ動画

燃えよドラゴンの主な出演者

リー(ブルース・リー)、ローパー(ジョン・サクソン)、ウイリアムス(ジム・ケリー)、タニア(アーナ・カプリ)、オハラ(ボブ・ウォール)、ハン(シー・キエン)、スー・リン(アンジェラ・マオ)、メイ・リン(ベティ・チュン)、ブレスウェイト(ジェフリー・ウィークス)

燃えよドラゴンのネタバレあらすじ

【起】– 燃えよドラゴンのあらすじ1

ミスター・ハンは香港で犯罪組織を牛耳る疑いのある人物です。

そのハンが3年に1度開く武術トーナメントの招待状を、全世界の名だたる武術の名人に送りました。

トーナメントは南シナ海の要塞島ハンで開催されます 香港に住む少林寺の達人・リーにも招待状が届きました。

国際情報局のブレイスウェイトから島の内偵を依頼されたリーは、一旦は断ります。

しかし父から妹(注・姉説が有力 今回は字幕優先に)スー・リンがハンの手下のオハラのせいで死んだことを聞き、修道僧長からハンも以前は少林寺を学んだ同志なのに、悪事に利用しているということを聞いたリーは、トーナメントへの出場を決めました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「燃えよドラゴン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×