「狼/男たちの挽歌・最終章」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– 狼/男たちの挽歌・最終章のあらすじ4

狼/男たちの挽歌・最終章のシーン4

画像引用元:YouTube / 狼/男たちの挽歌・最終章トレーラー映像

ジェニーは警察に協力したものの、土壇場になってジョンが逮捕されるのが嫌になりました。大声で「来ないで!」と言い出します。その背後には、日本のヤクザらしき一団が通ります。

ジェニーに近づく者がいました。顔をスカーフで隠しています。警官らはそのスカーフ男を捕まえようと近づきますが、それはフォンでした。大捕り物の隙をついてジョンはジェニーを連れ出します。

代わりに捕まったフォンは、「酔っぱらってナンパしただけ」とごまかしました。しかしリー刑事はフォンが協力したと気づいていました。

そこへ上司のトー警部がやってくると、リー刑事の失敗を責めて担当からおろすと言いました。トー警部はチャンという刑事に代わりに捜査するよう命じますが、リー刑事は言うことをききません。

ジョンという殺し屋が悪党でありながら純粋な悪者ではなく、被害者を救うところがあると知ったリー刑事は、ジョンを殺したくないと考えます。

リー刑事が外されたのでひとりでジョンを追っていたツェン刑事が、新殺し屋に狙われました。ジョンと新殺し屋、ツェン刑事の3人はカーチェイスしつつ戦います。ジョンが「海天径6番地」へ行ったことを確認したツェン刑事は、病院へ担ぎ込まれました。見舞いにきたリー刑事に「海天径6番地」に行ったことを告げ、亡くなります。

リー刑事はバイクに乗り、海天径6番地へ向かいました。

仲介人だったフォンですが、依頼人のホイから敵認定されたので反撃するつもりでした。報酬をもらったらジョンとともに戦うつもりで、教会で落ち合おうと話します。

ジョンのアジトをリー刑事は張り込みます。そこへ、ホイの手下が退去して襲ってきました。リー刑事はジェニーを保護しつつジョンの味方をする形になります。ジョンは左腕を負傷しつつ、リー刑事とうまく連携をとってその場から車で逃げました。負傷した腕に火薬で血止めをします。

その後に話し合った2人は、敵同士という立場ながら相手を評価し、理解し合います。

ジョン、リー刑事、ジェニーは教会へ行きます。

フォンはホイのところへ金を取りに行きました。袋叩きにされますが、フォンも必死に相手に食らいつき金を得ます。ホイはフォンに撃たれましたが、防弾チョッキを着ていたのでダメージはありませんでした。フォンはそのままホイを盾にして車まで移動し、乗り込んで逃げます。

フォンが教会へやってきましたが、満身創痍でした。ホイの一団も追ってきます。

銃撃戦がそこで再び始まりました。重症のフォンが苦しむので、ジョンは悲しみながらもフォンに引き金を引き、楽にさせてやりました。同時に復讐を誓います。

リー刑事は、復讐を諦めて逃げろと言いますが、ジョンは言うことをききませんでした。応戦するジョンとリー刑事は互いを信頼していました。リー刑事はジョンに本名を聞こうとしますが、ジョンは笑って「ハートウでいいさ」と答えます。

ジェニーは神父に保護されていましたが、それをホイが狙いました。そしてジェニーを人質に2人を呼びます。

リー刑事は自分サイドも人質をとろうと、新殺し屋を盾にとりました。しかし不要になったと判断したホイに、あっけなく新殺し屋は殺されます。

ジョンとリー刑事はホイに脅されて銃を置きました。ジョンはホイに撃たれて重傷を負い、目も傷つきました。ジョンはジェニーのところへ近づこうとしますが、見えなくなっており互いにすれ違ってしまいます。

ジョンを殺したホイは、警察に投降しようとしていました。それをみたリー刑事は許せず、追いかけてホイを殺害しました。そしてハートウの名を呟くと悲しみます…。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「狼/男たちの挽歌・最終章」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×