映画:用心棒

「用心棒」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

用心棒の紹介:黒澤明監督による1961年製作の時代劇映画。二つの勢力による抗争で荒れ果てた宿場町を舞台に、名もなき浪人の活躍が描かれていく。主人公は三船敏郎が演じ、ヴェネツィア国際映画祭では男優賞を獲得。本作の成功を受けて、1962年には続編的作品として「椿三十郎」が公開された。

用心棒の主な出演者

桑畑三十郎(三船敏郎)、新田の卯之助(仲代達矢)、ぬい(司葉子)、おりん(山田五十鈴)、新田の亥之吉(加東大介)、馬目の清兵衛(河津清三郎)、徳右衛門(志村喬)

用心棒のネタバレあらすじ

【起】– 用心棒のあらすじ1

桑畑が広がる上州のとある宿場町に、一人の浪人が立ち寄ることから物語は始まります。

この宿場町では現在二つの勢力が激しい争いを続けていました。

一つは町の博打を取り仕切る馬目の清兵衛の勢力、いま一つは清兵衛に反旗を翻し独立した丑寅の勢力でした町には棺桶を作る音だけが響き渡り、景気がいいのは桶屋だけと居酒屋の店主は嘆いていました。

浪人は居酒屋から事情を知り、宿場町のためにこの二つの勢力を共倒れさせる方法を思いつきます。

浪人が早速向かったのは、清兵衛の元でした 浪人は自分を用心棒として売り込もうと、清兵衛が見つめる中、丑寅側の子分を三人倒してみせました。

清兵衛はすぐに浪人を用心棒として迎えることを決めますが、浪人から50両の報酬を求められ動揺してしまいます。

女房のおりんから用が済んだら殺してしまえばいいと助言を受け、清兵衛は浪人の希望に応じるふりを見せますが、清兵衛の嘘は浪人にすべてバレてしまっていました 話がまとまると、清兵衛は浪人に名を尋ねました。

「俺の名前は桑畑三十郎。

もうそろそろ四十郎だがな」そう言って三十郎は清兵衛を笑わせるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「用心棒」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×