映画:白頭山大噴火

「白頭山大噴火」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

白頭山大噴火の紹介:2021年8月27日公開の韓国映画。韓国で820万人超えの動員を記録したディザスター・アクション。朝鮮半島の南北に跨る火山・白頭山で観測史上最大の噴火が発生。75時間後、さらなる大噴火が予測され、韓国軍大尉チョは火山の鎮静化を図る秘密作戦のため、北朝鮮の工作員リを探すことに。出演は、「MASTER マスター」のイ・ビョンホン、「神と共に」シリーズのハ・ジョンウ、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソク、「名もなき野良犬の輪舞」のチョン・ヘジン、「建築学概論」のペ・スジ。監督は、「彼とわたしの漂流日記」のイ・ヘジュンと「PMC ザ・バンカー」のキム・ビョンウが努めた。

白頭山大噴火の主な出演者

リ・ジュンピョン(イ・ビョンホン)、チョ・インチャン(ハ・ジョンウ)、カン・ボンネ(マ・ドンソク)、チョン・ユギョン(チョン・ヘジン)、チェ・ジヨン(ペ・スジ)

白頭山大噴火のネタバレあらすじ

【起】– 白頭山大噴火のあらすじ1

白頭山大噴火のシーン1

画像引用元:YouTube / 白頭山大噴火トレーラー映像

ラジオからはニュースが流れています。北朝鮮とアメリカ合衆国が朝鮮半島非核化に向けて、最終局面を迎えているという内容です。両者が合意すると北朝鮮は核を放棄するとみられ、北朝鮮が所有していたICBMはチョンジン港に運ばれているそうです。

韓国・ソウル。

チョ・インチャン大尉は、韓国の爆発物処理班所属の男性です。この日インチャンは除隊が決まっており、はしゃぎながら任務に当たっていました。プライベートでは臨月の妻チェ・ジヨンがいます。お腹の子どもの性別を聞きたいのですが、妻は教えてくれません。

勤務を終えて帰ろうとしたインチャンは、渋滞に巻き込まれた車中で、信号待ちで見るともなく巨大スクリーンの中継を見ていました。そこでは北朝鮮の4.25文化会館の前で中継を行なう男性キャスターが映っていましたが、中継の最中に地響きが起こると、4.25文化会館が一瞬にして崩壊したのです。スクリーンを見て驚いたのはインチャンだけでなく、その場にいた者もでした。次の瞬間、みんなのスマホに一斉に緊急地震速報が入り、地面が揺れ始めます。マンホールの蓋が高く飛び上がりました。まずいと思ったインチャンは、車で逃げ始めます。

ソウルの街では長い地震が続きました。高層ビルのガラスが割れて降ってきたり、上層階が崩れて落ちてきたりと、街は大混乱を極めます。インチャンは途中で車を乗り捨てて逃げました。

これは白頭山(ペクトゥサン)で大規模な噴火が発生したことによる、大地震です。地震の規模はM7.8、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)は無政府状態で、韓国でも在住アメリカ人に緊急疎開令が出るなど、朝鮮半島はいまだかつてない未曽有の被害と混乱に揺れました。

プリントン大学のカン・ボンネ教授はアメリカ国籍の男性です。カン教授は地質学が専門で、論文を出して3年前から学会に白頭山噴火の警告をしていました。しかし誰もが相手にしないまま、今回の噴火を迎えました。アメリカ人の緊急疎開令を受けて帰国の準備をするカン教授のところへ、青瓦台の民政首席の女性チョン・ユギョンがやってくると「3時間だけご協力ください」と頭を下げます。カン教授は渋い顔をしながらも、会議に参加します。

白頭山の下にはマグマだまりが4つ、4層になってあります。今回噴火したのは第1の層で、このままいくとあと3回爆発が起きると予想されました。問題なのは最後の第4層のマグマだまりで、ここがいちばん大きいものです。4つめが爆発すると朝鮮半島の48%に被害が及ぶとされました。カン教授は専門家の前でそれを説明します。

4つめの爆発を防ぐためには、マグマだまりの半径5km以内で600キロトンの爆発を起こす必要があるとカン教授は話します。山の近くで大きな爆発を起こすことで、マグマだまりの圧力の逃げ道を作るということです。600キロトンの規模の爆発となると、核爆発しか考えられず、国家情報院の上層部は騒然としました。しかしほかに方法がありません。

白頭山の周辺には炭鉱があり、そのトンネルが12か所ありました。爆弾を運び込む通路として使えると踏んだカン教授は、資料を取り寄せます。

また核爆発として使えそうなものとして、北朝鮮のICBMが挙げられます。北朝鮮に潜入して核弾頭を盗み出さねばなりません。核爆弾はアメリカが回収予定ですが、それよりも先に手に入れる必要がありました。

カン教授は非常に危険な作戦で、成功率は3.48%だと言いました。しかし大統領は作戦決行を言い渡します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「白頭山大噴火」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×