「皆殺しの流儀」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– 皆殺しの流儀のあらすじ3

皆殺しの流儀のシーン3

画像引用元:YouTube / 皆殺しの流儀トレーラー映像

リッチーと話をしていたことを知り、アーロンとE2ギャング団は、リジーやローレンに再び脅しをかけました。テイラー警部補は、娘の様子がおかしいことに薄々気づいていたが、まさかローレンがこの事件に関わっていることに気づいていませんでした。そして、前警視正から受け取った資料により、1人のギャングの住所が判り、さらにチャーリーの遺品であるメリケンサックを受け取りました。

行動を開始したリッチーたちは、彼を待ち伏せし、2人のギャングを拉致しました。室内でリッチーはアーロンの居場所を聞くが、彼らは威勢良く反発する。リッチーたちを怒らせたギャングの2人は、一人が拷問されもう一人が話すまで拷問をしました。遂に根をあげた一人がアーロンを呼び出すと約束しました。

しかし、拘束が解けると途端にリッチーを銃で殺そうとして、逆に返り討ちに遭い殺されました。もう一人も凄惨な拷問により死んでしまいました。一方、2人と連絡が取れなくなり、アーロンは苛立っていた。そして、リジーは、男らしいリッチーに30年前と同じような恋心を抱き、リッチーもリジーに好意を持っていたので彼女を食事へ誘うことにしました。

リッチーはさらなる情報を求めて、再びローレンに会いに行きましたが、レイプされそうになった時の写真をネタに脅されていたローレンは、それをばらまかれることを恐れていました。しかし、リッチーは、優しく話をしてローレンを安心させてやり、さらなる情報と彼女の電話番号を手に入れました。

しかし、そこへテイラー警部補が現れ、リッチーはすぐに退散するが、テイラー警部補とローレンが親子だったことは、リッチーは驚いた。ローレンから情報を貰ったリッチーたちは、駐車場で薬物を売っていたギャングを見つけると、ギャングは逃げて行きました。

すかさず車で追跡し、追い詰められて行くギャング。ギャングは逃げ切れたと確信した時、目の前に車が現れ拉致されました。拉致され、逆さに吊るされたギャングにアーロンの居場所を聞くが、相手はなかなか口を割らず、それどころかチャーリーを侮辱したギャングにリッチーは怒り、チャーリーの形見のメリケンサックで何度も殴りました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「皆殺しの流儀」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×