「眠狂四郎殺法帖」のネタバレあらすじと結末の感想

眠狂四郎殺法帖の紹介:1963年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。

眠狂四郎殺法帖の主な出演者

眠狂四郎(市川雷蔵)、千佐(中村玉緒)、陳孫(若山富三郎)、金八(小林勝彦)、芸者歌吉(扇町景子)、常盤津文字若(真城千都世)、前田宰相斉泰(沢村宗之助)、銭屋五兵衛(伊達三郎)、捨丸(高見国一)、僧空然(荒木忍)

眠狂四郎殺法帖のネタバレあらすじ

【起】- 眠狂四郎殺法帖のあらすじ1

眠狂四郎はめっぽう強い剣客です。円を描くように刀をゆっくり回転させ、描き終わるまでに相手を倒す「円月殺法」を編みだし、敵なしの状態でした。ある夜、狂四郎が身を寄せる江戸・大川端の船宿・喜多川に向かって歩を進めると、伊賀者に手裏剣で奇襲され、相手を倒しましたが捨丸だけが逃げます。数日後、狂四郎に来客がありました。千佐と名乗るその女性は加賀前田藩の奥女中で、唐人・陳孫に命を狙われているので警護を狂四郎に依頼します。狂四郎と陳孫とは因縁深い関係です。陳孫は少林寺拳法の達人で、円月殺法を操る狂四郎を好敵手とみなし、ことあるごとに勝負を仕掛けてくる相手です。陳孫に会いに行くと意外な事実が判明します。

【承】- 眠狂四郎殺法帖のあらすじ2

千佐は前田藩の間者(スパイ)だと陳孫は言うのです。前田藩主(宰相)・斉泰は豪商である銭屋・五兵衛と組み、密貿易を繰り返し巨額の富を築いていました。しかし幕府に露見しそうになったので、銭屋一族を殺し証拠隠滅を図りました。更に銭屋側に味方についた陳孫の命をも狙っていたわけです。狂四郎は千佐を追い返そうとしますが思い直します。もし千佐がそのまま前田藩に戻れば、作戦は失敗したということで千佐は殺されるでしょう。狂四郎は自分を欺いた千佐を責めながらも、そばに置きます。千佐はそんな狂四郎に惹かれました。狂四郎も千佐のことを愛おしく思います。実は銭屋・五兵衛は生きていて、狂四郎に大金を積み味方につくよう頼みました。

【転】- 眠狂四郎殺法帖のあらすじ3

狂四郎がにべもなく断ると、陳孫が千佐をさらい味方につくよう脅します。千佐は監視の目をくぐって逃げ出します。五兵衛は密貿易の証拠となる文書を、青い碧玉の仏像の中に隠していました。前田藩主・斉泰はそれを、伊賀者・捨丸を使い血眼になって探しています。千佐のことが好きな捨丸は、千佐が狂四郎に思いを寄せていることを知り、陳孫から奪った碧玉の仏像を狂四郎に託しました。また狂四郎は僧侶・空然から意外な事実を聞かされます。千佐は斉泰と遊女の間にできた「藩主の娘」でした。斉泰は外聞をはばかり、遊女を出家させ千佐を捨て子として寺に預けたのです。千佐が奥女中になってからも自分の手先、道具として利用していました。

【結】- 眠狂四郎殺法帖のあらすじ4

狂四郎は千佐の出生の秘密を話すと、碧玉の仏像の処遇を千佐に託します。千佐は藩に戻り実父である斉泰に詰め寄りました。斉泰は仏像欲しさに土下座しますが、千佐はその場を立ち去ります。そして母に会いに行きますが、母は陳孫に殺されていました。陳孫と狂四郎が対決し、狂四郎が勝ちます。狂四郎は陳孫に手を引くことを要求し、陳孫もそれを受けました。そこへ追ってきた斉泰が銃を発砲します。弾は千佐に当たりました。怒った狂四郎は斉泰を切り捨てます。千佐は狂四郎の腕の中で息絶えました。愛する者を失い、虚無感に襲われた狂四郎は、碧玉の仏像を海に投げ捨てたのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「眠狂四郎殺法帖」の商品はこちら

眠狂四郎 殺法帖 [DVD]