映画:終電車

「終電車」のネタバレあらすじと結末

終電車の紹介:ナチス占領下のパリを舞台に、劇場を守ろうとする女優の姿を描いていく。監督はフランソワ・トリュフォー、主演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデューが務め、第6回セザール賞では作品賞含む10部門を制した。1980年フランス製作。

あらすじ動画

終電車の主な出演者

マリオン(カトリーヌ・ドヌーヴ)、ベルナール(ジェラール・ドパルデュー)、ジャン=ルー(ジャン・ポワレ)、ルカ(ハインツ・ベネント)

終電車のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 終電車のあらすじ1

舞台は1942年、第二次世界大戦中のフランスのパリ。ナチスがフランス北部を占領下に置いてから2年、パリの人々は自由を制限された日々を送っていました。夜11時以降の外出は禁止で、終電車の時間が近くなると、多くの人々が乗り遅れまいと駅に駆け込んでいました。寒い夜は劇場に人々が殺到し、映画も芝居も満席で予約が困難な状態となっていました。

モンマルトル劇場もそんな劇場の一つでしたが、この劇場ではナチスにとって不快な出来事が起きていました。それは、劇場支配人兼演出家でユダヤ人であるルカ・シュタイナーが国外へ逃亡したことでした。ルカの妻で美しい女優のマリオンは夫に代わって劇場の運営をせねばならず、日々忙しさに追われていました。しかし、それはマリオンの演技に過ぎませんでした。ルカは国外逃亡などしておらず、劇場の地下室に身を隠していたのです。この事実を知っているのはマリオンだけであり、二人は細心の注意を払って密会を重ね、ルカの国外逃亡の手配を慎重に行いました。

マリオンはルカの指示に従いながら舞台の準備をしつつ、ナチスに目をつけられないよう配慮を欠かしませんでした。その証拠に、マリオンはユダヤ人を決して雇おうとせず、人を雇う際はユダヤ人ではないことを書面で宣誓させていました。

そんなある日、モンマルトル劇場に新しく役者が加わりました。その名前はベルナール、恐怖劇場出身の役者であり、次の舞台「消えた女」でマリオンの相手役をすることとなっていました。ベルナールは女性を見ると口説かずにはいられない性分でしたが、マリオンに対してはそんなことはできずにいました。ベルナールはマリオンに美しさを感じていましたが、それと同時に謎めいた雰囲気を感じていました。

【承】- 終電車のあらすじ2

上演に向けて稽古が続く中、演劇評論家のダクシアという男がモンマルトル劇場にやってきました。すると、マリオンは顔を強張らせました。マリオンは劇場の存続のためにナチスに従順な態度を取っていましたが、このナチス寄りの評論家にだけは媚を売る気が起きませんでした。ダクシアは声高にユダヤ人追放を訴え、ルカの手がけた作品もユダヤ的と難癖をつけ酷評するような男でした。演出家のジャン=ルーにダクシアの相手を任せ、マリオンはダクシアと会話するのを極力避けていました。

ルカの国外逃亡の手配が整う中、マリオンはドイツ軍がフランス北部の自由地区に進軍していることを知ります。マリオンは逃亡の延期を決めますが、ルカは地下室での生活に限界を感じ、外に出たいと興奮した様子で言い始めました。マリオンはそんなルカを舞台の小道具で殴りつけ、気絶させました。マリオンはそんなルカを介抱しなだめると、ルカもマリオンの思いを受け入れるのでした。

ルカは舞台を成功させることだけに集中したいと考え、地下室のわずかな穴から聞こえてくる稽古の声に耳を傾けるようになりました。ルカは演出メモをまとめるようになり、マリオンはルカが生き生きとした表情を見せるようになったことを喜ぶのでした。

そんな中、ダクシアがマリオンの元を訪ね、ルカの身分証を突きつけてきました。それは、最近逮捕された国外逃亡の案内業者が持っていたものだといい、ルカが国内にまだ残っていることを裏づけるものでした。マリオンは状況が予想以上に悪化していることに気づくのでした。

それから間もなくのことでした。ナチスのフレーリヒ元帥がレジスタンスの仕掛けた爆弾で殺される事件が起こります。レジスタンスは蓄音機に爆弾を隠していましたが、その蓄音機はモンマルトル劇場のものでした。実はベルナールの正体はレジスタンスであり、今回の暗殺事件のために蓄音機を仲間に提供していたのです。

仲間がレジスタンスとは夢にも思わず、マリオンたちはその後もベルナールと稽古を続けました。稽古は最終盤に近づく中、マリオンは本番以外あまり体を近づけないで欲しいとベルナールに頼んでいました。ところが、ルカからは「唯一のラブシーンだから、もっと心を込めて」とマリオンは指摘されてしまいます。マリオンはルカの要望に返事をしませんでした。

【転】- 終電車のあらすじ3

その後、「消えた女」は初演を迎え、大勢のナチスの将校が劇場にやってきました。マリオンら劇団員は見事な演技を見せますが、そんな中、15分遅れでダクシアが劇場に入ってきました。マリオンは舞台上で思わず小さな声で「最低の批評家!」と口にしました。

ダクシアの遅刻という不愉快な出来事があったものの、舞台はマリオンの納得いく出来となり、観客は拍手喝采を送りました。マリオンは嬉しさのあまり、ベルナールに口づけをしました。ベルナールは驚きつつも、マリオンとの口づけに胸をときめかせるのでした。

一方、ルカは初演の出来を完璧と程遠いと手厳しく評価し、ダクシアも予想通り「ユダヤ的」という表現を使って酷評しました。ダクシアの批評の中で唯一褒められていたのが、ベルナールの演技でした。しかし、ベルナールは自分が高い評価を受けたからといって、ダクシアの失礼極まりない批評を許すつもりはありませんでした。

その後、モンマルトル劇場の劇団員がレストランで食事をとっていたときのことでした。ベルナールはそこにダクシアがいることに気づくと、ダクシアを外に連れ出し、乱暴を振るい始めました。マリオンたちの制止のおかげでなんとか騒動は収まったものの、マリオンはベルナールが無用なトラブルを起こしたことをひどく怒りました。これまでの努力が無駄になることを恐れ、マリオンはベルナールを厳しく叱り、以来、稽古以外で会話することはなくなりました。

それから間もなく、ダクシアがモンマルトル劇場の支配人はナチスの承認を受けた人物がなるべきと言い出し、マリオンに代わり、演出家のジャン=ルーに支配人になるよう強要してきました。この苦境の中、マリオンはナチスの高官であるディートリヒ軍医に助けを求めることを考えつきました。

ところが、軍医を訪ねると、ベルゲン中尉という男からすでにディートリヒは自殺したことを知らされました。マリオンがディートリヒの死に落胆していると、ベルゲンはマリオンの手を強く握り、「握手してもらえて光栄です」と見つめてきました。マリオンはベルゲンの眼差しに恐怖を覚え、その手を振り払い急いでその場を後にしました。

【結】- 終電車のあらすじ4

「消えた女」は好評を博し、長期公演が予定されていましたが、そんな中、ベルナールが役を降りることを決めました。フレーリヒ元帥暗殺の件で仲間が連行されたことを受けて、ベルナールはレジスタンスの活動に集中しようと考えたのです。ベルナールは正直にマリオンにだけ劇団を離れる理由を打ち明けると、マリオンはベルナールの頬を叩くのでした。

ベルナールが残り少ない公演をこなす中、ある夜の公演の最中に突然ゲシュタポがやって来ました。マリオンはゲシュタポがいることを告げられ、ルカを守るためにベルナールに助けを求めました。ゲシュタポは地下室の捜索を要求し、マリオンはなんとか時間稼ぎをしながらベルナール、ルカに地下室を片付けるよう頼みました。ベルナールは驚きつつも地下室を大急ぎで片付け、ルカとともに物陰に隠れました。ゲシュタポは地下室に何もないことがわかると、すぐに劇場から出て行きました。その様子を陰ながら見ていると、ベルナールは突然ルカから「妻は君にほれてる。君は彼女を愛せる?」と尋ねられました。ルカはマリオンの思いがベルナールに向いていることに気づいていたのです。ベルナールはルカの質問に驚き、何も答えようとしませんでした。

その後、ベルナールが劇場を離れる日が訪れました。ベルナールがマリオンに「あなたが怖かった」と正直な気持ちを明かすと、マリオンは「私こそあなたに心を惑わされていた。気持ちを抑えて冷たく振る舞っていたのよ」と打ち明けました。ようやく思いが通じ合った二人はキスをし、誰もいない化粧部屋で情事に及ぶのでした。

それから時が経ち、1944年8月、連合軍がノルマンディーに上陸しました。多くの劇場が閉鎖する中でも、モンマルトル劇場は度重なる困難を乗り越え、公演を続けました。その後、ナチスの敗色が濃くなると、ルカは813日ぶりに地下室を出ました。

その後、モンマルトル劇場はルカの演出による新たな演劇を完成させました。それは、憎しみ合いながらも愛を忘れない男女の物語で、主演はマリオンとベルナールでした。舞台のラストは、負傷した男を女が見舞う場面で終わります。女の見舞いを拒む男に女は思いの丈を伝えました。「二人だから愛し合える。二人だから憎しみ合う。私の愛は変わらない。思えば胸が高鳴る。それが最も大切なの」…女がそう言って去っていくと、男は両手で顔を覆いました。その後カーテンが降りると、観客は拍手喝采を送り、マリオンやベルナール、ルカはカーテンコールに応えました。そんな中、マリオンはベルナールとルカの間に立ち、二人と手を繋ぎました。このとき、マリオンは晴れやかな笑顔を浮かべていました。

みんなの感想

ライターの感想

劇場を舞台とした作品ですが、映画自体も長回しを多用しており、まるで舞台を観ているかのような感覚になりました。また、主演のカトリーヌ・ドヌーヴの感情を抑えた演技が実に見事で、夫とベルナールの間で揺れる感情を見せまいとする表情が印象的でした。それだけに、ラストで見せる笑顔は本当に美しい、素晴らしいフィナーレだったと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「終電車」の商品はこちら