「網走番外地(1965年 東映)」のネタバレあらすじと結末の感想

網走番外地(1965年 東映)の紹介:1965年公開の日本映画。主演に高倉健を迎え、石井輝男が脚色ならびに監督を務めた。映画は大ヒットし、のちにシリーズ化もされた。

予告動画

網走番外地(1965年 東映)の主な出演者

橘真一(高倉健)、保護司・妻木(丹波哲郎)、権田権三(南原宏治)、依田(安部徹)、阿久田〔鬼寅〕(嵐寛寿郎)、大槻(田中邦衛)、橘国造(沢彰謙)、橘秀子(風見章子)、パチクリ(杉義一)

網走番外地(1965年 東映)のネタバレあらすじ

【起】- 網走番外地(1965年 東映)のあらすじ1

冬の網走刑務所に、手錠に繋がれた二人一組の新入りの囚人たちがやってきました。彼らは腰縄でも結ばれ、汽車をおろされた後、トラックで刑務所に送られます。
橘真一と権田権三の二人もその中にいました。
橘は貧しい農家に生まれ、義理の父・国造と喧嘩をして家を飛び出して、やくざになります。親分のために人を斬って傷害事件で逮捕され、懲役三年の刑を言い渡されました。
いっぽうの権田は、前科五犯にもなるつわものです。
橘と権田は、桑原、依田などの古株、そして初老の男・阿久田がいる雑居房に入れられました。

【承】- 網走番外地(1965年 東映)のあらすじ2

依田は殺人鬼として名高い「鬼寅」の弟分だと言い、雑居房全体を牛耳っています。
権田は依田を信奉しますが、橘は依田に共感できません。
ある夜、依田と権田が橘に襲いかかり、乱闘騒ぎが起きました。3人は懲罰房に入れられます。
その折、橘の妹からの手紙が送られてきました。橘の母が義理の父・国造からの暴力で寝ついたことを知った橘は、母や妹を残して自分ひとり家を出たことを悔います。
そして早く出所して実家に向かうため、模範囚として懸命に働きました。
以前に同じ経験をしたことのある保護司・妻木は、橘に親身になって世話します。

【転】- 網走番外地(1965年 東映)のあらすじ3

しかしそんな橘のことを、他の囚人たちは点数稼ぎと冷ややかな目で見ていました。
その頃、雑居房の依田、権田、桑原の3人を中心として、ひそかに脱獄計画が進んでいました。橘はそれを知り、悩みます。
密告すれば渡世の仁義を裏切るイヌとされ、決行され巻き込まれれば仮釈放が遠のきます。どちらも橘には避けたい問題でした。
依田たちの脱獄の決行直前に、計画が漏れます。裏切って密告したのは阿久田でした。
殺気立つ房内で阿久田は自らの正体を明かします。実は阿久田こそが、かつて殺人鬼として鳴らした「鬼寅」だったのでした。

【結】- 網走番外地(1965年 東映)のあらすじ4

数日後、山奥での作業に出た囚人たちは、護送トラックから飛び降りて脱走を図ります。
橘は権田と手錠で繋がれていたため、いやがおうでも巻き込まれました。
保護司・妻木は橘に裏切られたと思い、怒りながら追跡を開始します。
橘と権田は線路に手錠の鎖を乗せて、手錠を切断しました。しかしその反動で権田は谷間に落ちて、大怪我を負います。
自由になった橘は、それでも権田を見捨てることができず、権田を助けに行きました。
そして追いついた妻木と共に権田を助け、大怪我を追った権田につきそって、犬そりで病院まで急ぎました。

みんなの感想

  • 匿名さんの感想

    依田は自分が鬼寅の兄貴分だと言っていたので、記載は違います。鬼寅は裏切っていなくて、仮病で看守を房内に誘い込もうとしたのを、大したことはないとして入って来ないようにして邪魔をしました。

映画の感想を投稿する

映画「網走番外地(1965年 東映)」の商品はこちら