映画:襲われた幌馬車

「襲われた幌馬車」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【承】– 襲われた幌馬車のあらすじ2

一方、コマンチ・トッドの周辺では騒動が起きていました。クリントという若者がコマンチ・トッドにタバコを吸わせたことが原因で、ハーパーから激しい暴行を受けたのです。そのとき、ある男がコマンチ・トッドの近くで斧を落としました。コマンチ・トッドはその斧をひそかに拾い、ハーパーが近づいてきた瞬間、勢いよくハーパーに向けて斧を投げました。このコマンチ・トッドの攻撃により、ハーパーは死亡。ノーマンドは合理的に行動してくれなかったとコマンチ・トッドを非難しました。コマンチ・トッドは「俺には合理的な行動だ」と反論しますが、ノーマンドはその根拠に興味を示さず、コマンチ・トッドの右手を再び幌馬車の車輪に縛りつけました。

その日の夜、ビリーが食事を食べさせるためにコマンチ・トッドの元にやって来ました。ビリーはコマンチ族に興味を抱いており、コマンチ・トッドは微笑みながらその質問に応じました。その後、ビリーはバリンダとジョリー、リッジという青年とともに近くの川に泳ぎに行きました。

それから間もなく、ジェニーとクリントがコマンチ・トッドの元を訪れました。コマンチ・トッドがビリーたちが泳ぎに行ったと教えると、ジェニーとクリントはすぐに川に向かい、ビリーたちを連れ帰りました。

ジェニーとクリントがビリーたちを連れて野営地に戻ったのは、翌朝のことでした。帰ってきたジェニーたちは変わり果てた野営地を目撃しました。幌馬車は破壊され、旅の仲間が残忍に殺されていたのです。ノーマンドの死体は吊るされており、バリンダとジョリーは父の変わり果てた姿に大きなショックを受けました。

家族を突然失い、途方に暮れるジェニーたちでしたが、そんな中、ビリーが崖の下にコマンチ・トッドが繋がれていた幌馬車が転落しているのを発見しました。コマンチ・トッドは奇跡的に生き延びており、ビリーはジェニーと協力してコマンチ・トッドを救出しました。

コマンチ・トッドは昨夜アパッチ族の襲撃があったと説明しますが、ジェニーとビリー以外の若者たちはコマンチ・トッドが襲撃に関係しているのではないかと疑いの目を向けました。特に、バリンダとリッジは激しい敵意を向けてきましたが、コマンチ・トッドがそれに動じることはありませんでした。

その後、コマンチ・トッドはジェニーたちに様々な指示をし、野営地からの出発を急ぎました。バリンダとリッジを含め、若者たちは皆素直にコマンチ・トッドの言葉に従いました。またいつ来るかわからないアパッチ族の脅威から逃れるには、コマンチ・トッドの力を借りるほかなかったからです。

アパッチ族が幌馬車の一団を襲ったのは、つい最近白人たちがアパッチ族の女子供を虐殺したことへの報復でした。生き残りがいることが悟られぬよう、コマンチ・トッドたちは一台の幌馬車とともに慎重に移動を開始しました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「襲われた幌馬車」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×