映画:襲われた幌馬車

「襲われた幌馬車」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– 襲われた幌馬車のあらすじ3

その途上、砂塵が近づいていることに気づいたコマンチ・トッドは一時移動を休止することを決めました。すると、再びバリンダがコマンチ・トッドに対して差別的な発言をしてきました。すると、コマンチ・トッドは過去に自分を襲った悲劇を皆の前で打ち明けました。妻と幼い息子が殺されたというのです。ジェニーはその壮絶な過去に驚きますが、バリンダはそれでも反抗的な態度を崩しませんでした。

野営のための準備を皆で手分けする中、コマンチ・トッドとジェニーはカップにそれぞれの名前を彫りつける作業をしました。その最中、ジェニーはトゥーソンである男性と結婚をする予定であり、その男性にビリーの養育をしてもらう約束をしていることを明かしました。コマンチ・トッドは、ビリーは町ではなくもっと解放的な自然の中で育てるべきだと主張しますが、ジェニーはそれ以上その話をしようとしませんでした。

ジェニーがふとコマンチ・トッドの本当の名前を尋ねると、コマンチ・トッドはジョナサンと答え、幼い頃に牧師の父と各地を転々と旅したことを明かしました。しかし、その道中で父は死亡、その後コマンチ族に育てられたといいます。成長した後はコマンチ族の若い娘と結婚したこと、その妻が若くして殺されたことをコマンチ・トッドは悲しげに振り返りました。ジェニーはそんなコマンチ・トッドの話に静かに耳を傾けました。

その後、コマンチ・トッドは手錠の鎖を斧で切断、自由に手を使えるようになると、弓矢を手作りし始めました。ときにはビリーに狩りを教え、二人はまるで父と息子のような時間を過ごしました。

そんな中、一人のアパッチ族の男がその場に突然現れました。コマンチ・トッドはすぐに弓矢で男を殺しますが、予想以上に近くまでアパッチ族が迫っていることに危機感を覚えました。

その後、さらなるアクシデントがコマンチ・トッドたちを襲いました。バリンダがガラガラヘビに噛まれたうえ、リッジがガラガラヘビを退治するために拳銃を使用し、この銃声でアパッチ族にコマンチ・トッドたちの居場所を特定されてしまったのです。

すぐにコマンチ・トッドが応急処置をしたおかげでバリンダは命を取り留めたものの、銃声を聞きつけてその場にアパッチ族の戦士2人が現れました。コマンチ・トッドはわざとアパッチ族の戦士たちを挑発し、決闘を申し込みました、今ここでこの戦士たちを倒すことで、他のアパッチ族に居場所がバレるのを防ごうと考えたのです。コマンチ・トッドは激戦の末に戦士たちを倒すと、彼らの死体を隠し、馬と武器を奪いました。

その後、コマンチ・トッドが幌馬車で眠るバリンダを見舞うと、そこには心配そうに姉に寄り添うジョリーの姿がありました。いつも意地悪なバリンダを懸命に看病していることにジョリーは自分でも驚きを覚えていました。そして、姉を助けてくれたコマンチ・トッドにジョリーは感謝の言葉を口にしました。

その夜、バリンダは高熱に苦しみながらも目を覚まし、ジョリーが看病してくれていたことに驚きました。また、仲間たちがバリンダのためにわずかな水を譲ってくれたこと、コマンチ・トッドが応急処置をしてくれたことを知り、バリンダは強く心を打たれました。この一件を通じて、コマンチ・トッドやジョリーに向けられたバリンダの憎悪は少しずつ消えていきました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「襲われた幌馬車」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×