「追跡者の掟」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【結】– 追跡者の掟のあらすじ4

追跡者の掟のシーン4

画像引用元:YouTube / 追跡者の掟トレーラー映像

グラツィアーニも死んだラテルツァ刑事の部屋へ行き、マーティンと会いました。マーティンはグラツィアーニを警戒しますが、グラツィアーニもイタリアンマフィアから警告を受ける身だと知って、情報を教えます。

「ハカンソンを探せ」と言ったマーティンは、サン・ガッロがルーポのアジトだと教えました。

グラツィアーニは妻のエイプリルに電話をかけると、「今から言う住所に避難しろ」と言います。エイプリルは言う通りにして、マーティンの部屋へ逃げました。マーティンは保護します。

ジョルダーノの娘・マリアが街角で誘拐され、アジトで鎖に繋がれます。(アイデンの妻子が繋がれた場所と同じです)

ジョルダーノは苦労して手錠を階段から外すと、ケガをした足を引きずりながらふもとまで降りました。サルトーリに電話をかけて迎えにきてもらいます。サルトーリに手錠を外してもらうと、2人もサン・ガッロへ移動します。

サン・ガッロのアジトを見つけたアイデンは、見張りを倒しました。アジトに入り込みます。

誘拐されたマリアという少女は、ジョルダーノの娘でした。対立し始めているルーポが脅しのために、誘拐してきたのです。

アイデンを見つけたマフィアの手下を、グラツィアーニが倒しました。グラツィアーニはアイデンの味方であることを告げます。アイデンが門にいる見張りを倒そうとしているので、グラツィアーニは門へ行くとジョルダーノとサルトーリの名前を出し、彼らの味方と思わせて殴って倒しました。

2人は本部の監視カメラのところへ行きました。アイデンは少女・マリアが監禁されているのを見つけて、助けます。グラツィアーニは屋敷内を探索し、手榴弾を1つ取りました。途中で鉢合わせした見張りを撃退し、屋上まで移動して密輸の武器が置かれているところへ手榴弾を落とし、爆発させます。

ジョルダーノとサルトーリはルーポと反目し、銃撃戦が始まりました。マリアを助けたあとで、アイデンはルーポを射殺します。ジョルダーノはケガしたものの命に別状はなく、娘のマリアがアイデンに助けられたと知りほっとしました。

マーティンのところへ避難していたエイプリルが、出産したというメールをグラツィアーニに送信します。届いた双子の写真を見て、グラツィアーニは喜びます。

後日。

ジョルダーノ警部は悪と繋がっていたことを認め、法廷に立つそうです。事件を解決したアイデンとグラツィアーニは、固い握手を交わします。

ときどきは会いに来てくれとグラツィアーニが言うと、アイデンは笑顔で応じました。アイデンは幼少期のことを思い浮かべながら、父の言っていた追跡者の掟を自分は守れたかと振り返っていました。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「追跡者の掟」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×