映画:遠い喇叭

「遠い喇叭」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

遠い喇叭の紹介:ポール・ホーガンの小説を映画化した作品で、青年士官の視点から騎兵隊とアパッチ族との激しい戦いを描いていく。トロイ・ドナヒューが主演を務めた。1964年アメリカ製作。

遠い喇叭の主な出演者

マット(トロイ・ドナヒュー)、キティ(スザンヌ・プレシェット)、ローラ(ダイアン・マクベイン)、クエイト(ジェームズ・グレゴリー)

遠い喇叭のネタバレあらすじ

【起】– 遠い喇叭のあらすじ1

物語の舞台は19世紀末のアメリカ、アリゾナ準州。このとき、アメリカ騎兵隊は先住民のアパッチ族と熾烈な戦いを続けていました。アメリカ政府はアパッチ族を降伏させ、居留地へと立ち退かせたいと考えていましたが、勇ましいアパッチ族の戦士たちはあくまでも最後まで戦い続ける姿勢を見せていました。

状況が膠着する中、戦闘の最前線であるデリバリー砦に一人の青年士官が配属となりました。青年の名前はマット、士官学校を首席卒業した若き少尉でした。マットはとても真面目な性格で、着任してすぐ厳しい訓練を砦の兵士たちに課しました。来るべき戦いのため、緊張感の乏しい兵士たちを一からたたき上げようと考えたのです。

その一方で、マットは砦で出会ったある女性に惹かれ始めていました。その女性は、上司である中尉の妻キティでした。マットにはローラという恋人がいましたが、親しげで明るいキティは徐々にマットの心をとらえていきました。

そんなある日のことでした。マットは部下たちと伐採作業している最中にアパッチ族の襲撃を受けてしまいます。マットはアパッチ族の攻撃を逃れると、砦には戻らず、別の場所に向かいました。この日、キティがワシントンに向けて砦を出発しており、マットはアパッチ族の魔の手からキティを救おうとしたのです。マットの予想通り、キティの乗った馬車はアパッチ族の攻撃を受けていました。マットはそんなキティを救い、しばらくの間アパッチ族からの逃避行を続けました。やがてひどい雨が降り始め、マットとキティは道中の洞窟で一夜を過ごすことに。そこで、マットはキティが軍人の妻として過ごす毎日に孤独感を覚えていることを知ります。過ちだと知りながらも、マットはそんなキティにキスをし、キティもマットの思いを受け入れるのでした。

その後もマットは厳しい訓練を続けつつ、キティと過ごすわずかな時間を楽しみました。そんなある日のことでした。突然シーリー・ジョーンズと名乗る中年の商人が大勢の娼婦を連れて砦に現れました。シーリーは兵士のために酒や女の提供を行って商売をしており、兵士の給料日のたびにこの砦に現れている男でした。シーリーは商売のためならアパッチ族と手を組むことも厭わない男で、マットはそんなシーリーの人間性に軽蔑の眼差しを向けていました。その夜、シーリーは砦でお祭り騒ぎを起こし、兵士たちは娼婦たちと過ごす時間を楽しみました。マットは陰ながらその様子を見て、シーリーを懲らしめる方法を考えるのでした。

その翌朝、マットは突然早朝の大砲訓練を開始しました。砦の外で娼婦たちと眠っていたシーリーはひどく驚き、身の安全を守るために砦から逃げ去って行きました。マットはそんなシーリーの後ろ姿を見て満足げな表情を浮かべるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「遠い喇叭」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×