映画:鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成

「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成の紹介:2022年6月24日公開の日本映画。荒川弘による人気コミックを実写映画化した「鋼の錬金術師」シリーズの完結編2部作の第2弾。原作のクライマックスである“お父様”との戦いを描く。主人公エド役のHey!Say!JUMPの山田涼介や、エドとアルの幼なじみであるウィンリィ役の本田翼をはじめ、多くのキャストが続投。「きのう何食べた?」の内野聖陽が、エドとアルの父ヴァン・ホーエンハイムと、ホムンクルスたちの生みの親であるお父様の2役を演じる。

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成の主な出演者

エドワード・エルリック – 山田涼介  ウィンリィ・ロックベル – 本田翼 ロイ・マスタング – ディーン・フジオカ リザ・ホークアイ – 蓮佛美沙子 エンヴィー – 本郷奏多 ランファン – 黒島結菜 リン・ヤオ – 渡邊圭祐 セリム・ブラッドレイ – 寺田心 グラトニー – 内山信二 ヴァトー・ファルマン – 大貫勇輔 メイ・チャン – ロン・モンロウ アルフォンス・エルリック – 水石亜飛夢 サラ・ロックベル – 奥貫薫 高橋努 堀内敬子 丸山智己 イズミ・カーティス – 遼河はるひ マイルズ – 平岡祐太 ゾルフ・J・キンブリー – 山田裕貴 麿赤兒 大和田伸也 キング・ブラッドレイ – 舘ひろし(特別出演) ユーリ・ロックベル – 藤木直人 アレックス・ルイ・アームストロング – 山本耕史 フー – 筧利夫 杉本哲太 オリヴィエ・ミラ・アームストロング – 栗山千明 ピナコ・ロックベル – 風吹ジュン マース・ヒューズ – 佐藤隆太 トリシャ・エルリック – 仲間由紀恵 スカー – 新田真剣佑 ヴァン・ホーエンハイム / お父様 – 内野聖陽

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成のネタバレあらすじ

【起】– 鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成のあらすじ1

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成のシーン1

画像引用元:YouTube / 鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成トレーラー映像

荒野にとおった一本道を、幌馬車が走っています。なかにはヴァン・ホーエンハイムがおり、幼少期のエドとの家族写真を見ていました。家族写真かと問われたホーエンハイムは、「久しぶりに上野息子に会いましてね」と言って笑うと、「もう父親は必要なさそうでした」と付け足しました。

その馬車が盗賊に襲われて、御者が銃で撃たれて転がり落ちます。盗賊らは客車を開けると、いちばん手前にいたホーエンハイムの身体に銃弾を撃ち込みました。すると奥からイズミ・カーティスと夫シグ・カーティスが出てきました。盗賊に問われたイズミは「通りすがりの主婦です」と言うと、シグとともに戦い始めました。6人いる盗賊をあっという間に倒します。

ホーエンハイムは銃弾を受けても生きていました。ホーエンハイムの写真を見たイズミは、エドとアルの父親だと気づきました。ホーエンハイムのほうでも、イズミが息子たちの師匠だと気づきます。

話しながら歩いていると、イズミが咳き込んで苦しそうにうずくまりました。ホーエンハイムはシグに、車を拾うよう頼みます。イズミはホーエンハイムに「真理の扉を見た」と告白しました。死んだ子どもを取り戻したくて人体錬成術を使った結果、内臓を少しもっていかれて子どもができない体になったと話します。

それを聞いたホーエンハイムは、イズミの腹に手を入れました。イズミは血を吐きますが、ホーエンハイムが手を抜くと「らくになった」と驚きます。ホーエンハイムはイズミの腹の中を整理したと言い、「人柱の候補として狙われる」と警告します。「約束の日がもうそこまで迫っている。私が奴に屈すれば、この国と国民は全て消滅する…」と話しました…。(映画タイトル)

エドとリンとエンヴィーは、グラトニーに呑み込まれて腹のなかにいます。エンヴィーは面白いものを見せるといってトカゲの姿に変わっていました。その姿でエドとリンと戦い始めます。

セントラルの地下で3人を呑み込んだグラトニーは、エドの弟・アルに「俺、どうすればいい?」と聞いていました。「お父様に叱られる」といって困っています。「お父様」という人物がホムンクルスを作った人だと聞いたアルは、お父様に会わせてくれと頼みました。スカーとメイも、「真実が知りたい」といってあとを追います。

エンヴィーと戦ったエドは、転がった先にあった壁画を見て、「ここから出られる方法が判った。協力しろ」とエンヴィーに声をかけます。

マスタング大佐はホークアイ中尉に「敵と味方を明確にする」と言って、中央司令部に行きます。そしてレイブン中将に、いろんな噂が世間で取り沙汰されているということを話しました。「スカーが黒ブチの猫に餌をやったとか、死なない人間がいるとか、ブラッドレイ大総統がホムンクルスだとか」というマスタング大佐のことばを聞いて笑ったレイブン中将は、会議室に連れていくとその発言を繰り返しました。ブラッドレイ大総統が奥から出てくると「なにか問題でも?」と聞きます。

グラトニーはお父様のいる場所にアルを連れて行くと、「お父様、人柱を連れてきた」と言いました。そこにいる「お父様」の見た目が自分の父・ホーエンハイムに瓜二つなので、アルは驚きます。

エドは遺跡の壁画を集めて、人体錬成の錬成陣を作りました。そして「俺が俺を錬成する」と言います。失敗したらリバウンドでみんな死ぬ危険性がありますが、エドは開始しました。錬成陣の扉が開くと、エドはリンとエンヴィーをそこに飛び込ませ、自分も入ります。

気づくと、エドは真っ白い空間にいました。背後に弟のアルの肉体があることに、エドは気づきます。エドはアルの肉体に来るようにと言いますが、アルは「駄目だよ。君は僕の魂じゃない。いっしょに行けない」と答えました。エドは「いつか必ず迎えに来るぞ。待ってろ」と声をかけて去ります。

お父様のところにいたグラトニーの腹が開くと、リン、エンヴィー、エドが出てきました。アルがエドを見て喜びます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×