「騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツの紹介:2021年製作の日本映画。騎士と恐竜をモチーフとしたスーパー戦隊シリーズ第43作「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の劇場版。テレビドラマの第32話と33話をつなぐ物語が描かれ、晴れてリュウソウジャーの一員となるもこの世を去ったナダの真意が明らかになる。「仮面ライダーアマゾンズ」などの宮原華音がゲスト出演。『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』として、「魔進戦隊キラメイジャー」、「機界戦隊ゼンカイジャー」の劇場版と同時上映。

あらすじ動画

騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツの主な出演者

コウ / リュウソウレッド – 一ノ瀬颯 メルト – 綱啓永 アスナ – 尾碕真花 トワ – 小原唯和 バンバ – 岸田タツヤ カナロ – 兵頭功海 マイコ / マイコマイナソー – 宮原華音 ナダ – 長田成哉 ディメボルケーノ – 高木渉 クレオン – 白石涼子 ワイズルー – 緑川光 リュウソウレッド – 伊藤茂騎 クレオン – 神尾直子 ワイズルー – 草野伸介 大隈厚志 坂井良平 河津香賀美 古屋貴士 佐伯啓 井上象策 村上歩夢 松岡航平 中山甲斐 大内田将樹 森博嗣

騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツのネタバレあらすじ

【起】– 騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツのあらすじ1

騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツのシーン1

画像引用元:YouTube / 騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツトレーラー映像

〝In loving memory of Mana Kinjo〟の文字。騎士竜戦隊リュウソウジャーに龍井うい役で出演していたものの、24歳で夭折した金城茉奈さんへのメッセージ。

(この映画は「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のテレビドラマの第32話から第33話のあいだに起きたことを描いた内容です)

騎士竜戦隊リュウソウジャーのコウことリュウソウレッドは、敵だと思ったガイソーグの正体が兄弟子のナダだったことを知りました。リュウソウレッドは「ガイソーグ、俺に乗り移れ」と声をかけました。そして死闘の果てにリュウソウレッドたちは、ナダをガイソーグの鎧の呪縛から解き放つことに成功しました。これにより、ナダはついにコウたちの仲間になったのです。

コウはナダに、「これからいっしょに戦おう」と呼びかけました…。

(映画タイトル)

街でひとりの若い女性・マイコが易者に訴えます。「私、今度こそ変わりたいんです。どうしたらいいのか」と悩みを打ち明けるマイコに、易者は「決めた、お前にしよう」と言うと着ていたマントを外します。

マントを着ていたのは、ワイズルーでした。ワイズルーはドルイドン族のビショップ級幹部です。手下のクレオンも出てくると「はい、おめでとうー」「怖くないからね」と言いながらマイコを羽交い絞めにすると、口を開かせて緑色の体液を飲ませました。ワイズルーはクレオンの体液を依り代に選んだマイコに飲ませることで、人間の心の奥底に秘められたマイナス感情から生まれる幻獣を生み出そうとします。

体液を飲まされたマイコは、ワイズルーとクレオンが喜んでいるあいだにその場から逃げ出しました。クレオンが慌てて追いかけます。

同じ頃。ナダはリュウソウブラックことバンバを、ひとけのない場所に呼び出していました。警戒して武器を向けるバンバに、ナダは「会わせてほしいんや、騎士竜に」と言います。ディメボルケーノと会いたいと手を合わせたナダですが、コウに頼むと帰りかけたのでバンバはディメボルケーノを呼び出しました。

ディメボルケーノはナダに、泥棒に全財産を奪われたらどうするかと問いかけました。ナダが「その泥棒を捕まえて取り返す」と、ディメボルケーノは「つまらん」と答えます。にんまり笑うバンバにナダが「ほな、お前はなんて答えんねん」と問いかけると、ディメボルケーノは「人に答えを求めるな、愚か者めー」と火を噴きました。ナダは熱がります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「騎士竜戦隊リュウソウジャー 特別編 メモリー・オブ・ソウルメイツ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×