「007/慰めの報酬」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

2008年制作のイギリス、アメリカの合作映画。前作の直接の続編となる。前作で死んでしまった、ヴェスパーを裏で操っていたミスターホワイトを追うとともに、背後にいる組織を探ることになるが、裏切り者がそれを阻止しようと襲い掛かる。

あらすじ動画

007/慰めの報酬の主な出演者

ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、オルガ・キュリレンコ(カミーユ)、マチュー・アマルリック(ドミニク・グリーン)、ジュディ・デンチ(M)ほか

007/慰めの報酬のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

前作の出来事で恋人を失ったボンドは、彼女を裏で操っていた男、ミスターホワイトを捕まえて尋問します。しかし、想定外の裏切り者が現れてしまい、彼を取り逃がしてしまいました。裏切り者から手掛かりを得たボンドはハイチに向かいました。そこで、カミーユという女性に出会う。彼女は、グリーンという男の元恋人で彼に殺されかけた過去がありました。しかし、再びグリーンに会うカミーユ。彼女の目的は、幼い頃に自分の両親を殺したメドラーノ将軍を殺すことでした。グリーンの紹介で彼と再会したカミーユはそのまま彼の船に乗りました。しかし、ボンドの救出により暗殺は失敗してしまう。ボンドはグリーンを追う中、濡れ衣を着せられ味方組織からも追われてしまうことになるが、それでも彼を追いました。グリーンを追い詰めたボンドは彼を殺さず砂漠に置き去りに、一方カミーユも将軍に復讐を果たしました。カミーユと再会し、再び分かれたボンドは最後の仕事に取り掛かります。失った恋人の元恋人である男の捕獲でした。彼の居場所を特定したボンドは見事彼を逮捕して、再び007となるのでした。

【起】– 007/慰めの報酬のあらすじ1

007/慰めの報酬のシーン1

画像引用元:YouTube / 007/慰めの報酬トレーラー映像

シーンは、ボンドがMr.ホワイトと呼ばれる男を捕らえて車に押し込み、イタリアでMr.ホワイトの手下に襲われながら壮絶なカーチェイスを繰り広げます。なんとか相手を崖に落とし、シエナにあるMI6の秘密の場所へとMr.ホワイトを送り込んだボンドは、Mが彼に尋問する間ヴェスパーの死を思い出します。一方で尋問されているMr.ホワイトは、我々の組織、クォンタムはどこにでもいるという不穏な言葉を口にする。

すると突然、MI6の職員がボンドとMに対し、発砲する。ボンドはMを守りながら、裏切った職員と格闘する。その際、流れ弾がMr.ホワイトに当たってしまう。その後、追跡で街の屋根を伝いながら走り続け、激しい追跡を果て、裏切った職員に追いつくと2人は転落してしまい、ロープに絡まりながら格闘し、ボンドは裏切り者を捕らえることなく射殺してしまいます。

裏切り者の始末を終えたボンドが、秘密の場所に戻ると、撃たれたはずのMr.ホワイトは逃亡していました。その後、ロンドンでボンドは、裏切り者の家を捜索、その際、Mは裏切り者を殺したことに対しボンドに怒る。そして、札束から手掛かりを得たボンドはハイチへと飛ぶことになります。

ホテルで暴漢に襲われ、撃退したボンドは傷の手当と着替えをして、ホテルで預かっていたアタッシュケースを受け取る。その後、カミーユという女性が現れます。ボンドはアタッシュケースを開くと、なんとそこには彼女の写真があり、彼女はボンドに向け、発砲します。彼は車から降りると、彼女を追いかけていた男からバイクを奪い、彼女の後を追います。彼女が向かった先は、ドミニクという男がいる倉庫へ向かう。

一方でボンドも彼女の居場所を発見し、GPSを使い監視を行うことに。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「007/慰めの報酬」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×