映画:20世紀少年 -第1章-終わりの始まり

「20世紀少年 -第1章-終わりの始まり」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【承】– 20世紀少年 -第1章-終わりの始まりのあらすじ2

時は経ち、時は1997年。

ケンヂは昔からの夢であったロックスターの夢をあきらめていた。

そんなケンヂはコンビニ経営をする傍らで、姉の娘である赤ちゃんのカンナを育てていたこの時、ケンヂの姉は行方不明になっていたのである。

ケンヂは平凡な日々を過ごしていたが、自分の得意先のお客さんの家族が失踪してしまったり、小学校の同級生であるドンキーが死亡するという不可解な事件が続いた。

そしてそれと同時期に、世間では「ともだち」と呼ばれる教祖、「ともだち」の率いる集団が出現した

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「20世紀少年 -第1章-終わりの始まり」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×