映画:96時間

「96時間」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アクション映画

96時間の紹介:2008年制作のフランス映画。リーアム・ニーソン主演、リュック・ベッソン製作・脚本によるサスペンス・アクション。2012年に続編『96時間/リベンジ』が制作され、2015年1月には第3弾『96時間/レクイエム』が上映予定。

あらすじ動画

96時間の主な出演者

ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)、キム・ミルズ(マギー・グレイス)、レノーア(ファムケ・ヤンセン)、ジャン=クロード(オリヴィエ・ラブルダン)、アマンダ(ケイティ・キャシディ)、マルコ(アーベン・バジラクタラジ)

96時間のネタバレあらすじ

【起】– 96時間のあらすじ1

ブライアンは元CIA工作員で、長年アメリカ政府の下で秘密工作の任務に携わっていました。現在はCIAを引退し、一般会社の警備職に就いています。

別れた妻・レノーアは資産家・スチュアートと再婚し、17歳になるブライアンの娘・キムもそこで暮らしていました。

ブライアンの願いは、ずっと疎遠だったキムとの絆を修復することです。

ある日キムがブライアンに会いたいと電話してきます。いそいそとキムとのランチに出かけたブライアンは、キムから海外旅行を許可するサインを頼まれ、断りました。

未成年が海外旅行をする場合には保護者のサインが必要で、19歳の親友・アマンダとのパリ旅行を楽しみにしていたキムは落胆します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「96時間」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×