「96時間/リベンジ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

96時間 リベンジの紹介:2012年製作のフランス&アメリカ合作映画。拉致された娘を救うべく、アルバニア系犯罪組織に単身戦いに挑む元CIA工作員の強すぎる父親をリーアム・ニーソンが演じて話題を呼んだアクションの続編。イスタンブールを舞台に、復讐を誓うアルバニア系犯罪組織に元妻と娘の両方を捕らわれ、再び単身で犯罪組織に立ち向かっていく男の姿を激しいアクション描写とともに描き出す。

あらすじ動画

96時間/リベンジの主な出演者

ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)、キム・ミルズ(マギー・グレイス)、レノーア(ファムケ・ヤンセン)、ムラド(ラデ・シェルベッジア)、サム(リーランド・オーサー)、ケイシー(ジョン・グリース)、バーニー(D・B・スウィーニー)、ジェイミー(ルーク・グライムス)、スコ(アラン・フィグラルツ)、ジャン=クロード(オリヴィエ・ラブルダン)

96時間/リベンジのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①以前キムを誘拐したためにブライアンが殺害した、アルバニア・マフィアのマルコの父・ムラドが復讐しようと、イスタンブールに出張したブライアンとレノーア、キムを狙う。 ②ブライアンはひとりで妻子を守り、ムラドを返り討ちにした。

【起】– 96時間/リベンジのあらすじ1

96時間/リベンジのシーン1

画像引用元:YouTube / 96時間/リベンジトレーラー映像

ブライアン・ミルズは元CIA工作員の男性です。

現在はCIAを引退していますが、工作員時代には格闘、狙撃、爆弾のスペシャリストでした。

ブライアンは現在、昔の仲間・サムがやっている要人の警護などを、ときどき引き受けています。

ブライアンには離婚した元妻・レノーアとのあいだにひとり娘・キムがおり、溺愛しています。

レノーアは裕福な実業家の男性・スチュアートと暮らしていました。キムもそこで暮らしています。

17歳のキムがパリ旅行へ出かけ、現地で誘拐されました。

それを知ったブライアンは、娘を助けるべくパリヘ飛びました。

キムを誘拐したのは、アルバニア・マフィアのリーダー、マルコでした。

ブライアンはフランスの人身売買組織と渡り合い、マルコを殺害してキムを取り戻しました。それがきっかけで、ブライアンは元妻・レノーアの信頼を取り戻しました…(映画『96時間』参照)。

〔アルバニア〕

トロポヤという場所は、アルバニアの山地にありました。

そこで亡くなったマルコの葬儀が営まれます。

マルコの父・ムラドは、アルバニア・マフィアのボスでした。

息子のマルコの葬儀に出たムラドは、息子の無念を晴らさねばならないと考えます。

ムラドはもう老年ですが、自分の息子を殺した相手に復讐しようと決意しました…。

〔ロサンゼルス〕

ブライアンが車に乗って、レノーアとキムが再婚相手のスチュアートと暮らす家まで、やってきました。

娘のキムはただいま、自動車免許を取得しようとしています。

ブライアンはキムが免許を取るのを、応援していました。

もうすぐイスタンブールへ出張に出かけるブライアンは、それまでにキムが免許を取るようにと、約束をしていたのです。

ところがキムは縦列駐車が苦手で、苦戦していました。

家を訪ねたブライアンですが、キムは出かけているとレノーアが言います。

最近キムに彼氏ができたとレノーアから聞いたブライアンは、顔色を変えました。

ブライアンがキムを溺愛しているのを知るレノーアが、「彼氏の身辺調査はやめて」と釘を刺しますが、無理なようです。

ブライアンはレノーア宅を辞去すると、さっそく娘の携帯にこっそり仕込んだGPS機能を使い、彼氏の家を突き止めました。

彼氏の家まで迎えに来たことに呆れながらも、キムは交際相手の男性・ジェイミーを父に紹介します。

彼氏を紹介されましたが、ブライアンは認めたくないようです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「96時間/リベンジ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×