映画:BLEACH(実写版)死神代行篇

「BLEACH(実写版)死神代行篇」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

BLEACH(実写版)死神代行篇の紹介:2018年7月20日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメにもなった久保帯人による人気コミックを、福士蒼汰主演で実写映画化したバトル・アクション。死神を名乗る謎の少女ルキアから力を譲り受け、死神代行となった高校生の少年・黒崎一護の活躍を描く。

あらすじ動画

BLEACH(実写版)死神代行篇の主な出演者

黒崎一護(福士蒼汰)、朽木ルキア(杉咲花)、石田雨竜(吉沢亮)、阿散井恋次(早乙女太一)、朽木白哉(MIYAVI)、井上織姫(真野恵里菜)、茶渡泰虎(小柳友)、浦原喜助(田辺誠一)、黒崎真咲(長澤まさみ)、黒崎一心(江口洋介)

BLEACH(実写版)死神代行篇のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①霊力がある男子高校生・一護はある日、死神のルキアを助けて死神の能力を身につけることに。霊力が足らず力を返すと一護は死んでしまうため、ルキアと共に修行をすることに。 ②ルキアの兄・白哉と恋次が一護を倒そうとするが、一護は凶悪なグランドフィッシャーを倒し、ルキアは一護から記憶を奪って去る。記憶を奪われたはずの一護だが少し憶えている様子。

【起】– BLEACH(実写版)死神代行篇のあらすじ1

BLEACH(実写版)死神代行篇のシーン1

画像引用元:YouTube / BLEACH(実写版)死神代行篇トレーラー映像

東京、空座町(からくらちょう)。

黒崎一護という少年は、幼いころから霊が見える能力を持っていました。

ある時、川べりにいた少女を見た一護は、それが霊だと知らず、近づいていきます。

その少女の霊がきっかけで、一護の母・真咲(まさき)は亡くなりました。

一護は、自分をかばって母が死んだことを、気に病みます。

以後の一護は、幽霊が見える悩みはあるものの、なんとか折り合いをつけて生きていました。

現在、一護は男子高校生です。

一護には双子の妹・夏梨(かりん)と遊子(ゆず)、闊達な父・一心がいます。

一護が幽霊を見ることができることを、一心は知っていました。自分の妻が一護を守るために死んだことも、理解しています。

ある夜、一護の部屋に若い女性・朽木ルキアが現れました。

見知らぬ女性が部屋にいることに一護はびっくりしますが、ルキアのほうでも、自分の姿が一護に見えていることに気づき、驚きます。

ルキアの正体は死神で、霊圧の高い人の魂を食らって生きる悪霊、通称:ホロウ(虚)を退治しようとしていました。

ホロウを追いかけてやってきたルキアは、一護の霊力が強いことを見抜きます。

ルキアは、自分がソウル・ソサエティという、天国に相当する場所からやってきたことを告げます。

その時、一護の家を巨大な何かが襲いました。

窓の外から現れた巨大な手に遊子がとられ、他の家族もダメージを受けます。

その手こそがホロウで、ルキアはホロウと戦いますが、ピンチに陥りました。

絶体絶命に陥ったルキアは、ホロウが見えている一護に、死神としての能力を分け与えます。

死神になってホロウを倒せと言われた一護は、斬魄刀(ざんぱくとう)を使いこなし、ホロウを倒しました。

その腕前のすごさに、ルキアは驚きます。

一護の斬魄刀は太くて大きなもので、霊力が強くないと使いこなせそうにない代物でした。

翌日。

一連の出来事はすべて、夢だったのではないかと一護は思いますが、家の中は前夜の騒動のせいで、荒れていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「BLEACH(実写版)死神代行篇」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×