映画:BLEACH(実写版)死神代行篇

「BLEACH(実写版)死神代行篇」のネタバレあらすじと結末

BLEACH(実写版)死神代行篇の紹介:2018年7月20日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメにもなった久保帯人による人気コミックを、福士蒼汰主演で実写映画化したバトル・アクション。死神を名乗る謎の少女ルキアから力を譲り受け、死神代行となった高校生の少年・黒崎一護の活躍を描く。

あらすじ動画

BLEACH(実写版)死神代行篇の主な出演者

黒崎一護(福士蒼汰)、朽木ルキア(杉咲花)、石田雨竜(吉沢亮)、阿散井恋次(早乙女太一)、朽木白哉(MIYAVI)、井上織姫(真野恵里菜)、茶渡泰虎(小柳友)、浦原喜助(田辺誠一)、黒崎真咲(長澤まさみ)、黒崎一心(江口洋介)

BLEACH(実写版)死神代行篇のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①霊力がある男子高校生・一護はある日、死神のルキアを助けて死神の能力を身につけることに。霊力が足らず力を返すと一護は死んでしまうため、ルキアと共に修行をすることに。 ②ルキアの兄・白哉と恋次が一護を倒そうとするが、一護は凶悪なグランドフィッシャーを倒し、ルキアは一護から記憶を奪って去る。記憶を奪われたはずの一護だが少し憶えている様子。

【起】- BLEACH(実写版)死神代行篇のあらすじ1

BLEACH(実写版)死神代行篇のシーン1 東京、空座町(からくらちょう)。

黒崎一護という少年は、幼いころから霊が見える能力を持っていました。
ある時、川べりにいた少女を見た一護は、それが霊だと知らず、近づいていきます。
その少女の霊がきっかけで、一護の母・真咲(まさき)は亡くなりました。
一護は、自分をかばって母が死んだことを、気に病みます。

以後の一護は、幽霊が見える悩みはあるものの、なんとか折り合いをつけて生きていました。
現在、一護は男子高校生です。
一護には双子の妹・夏梨(かりん)と遊子(ゆず)、闊達な父・一心がいます。
一護が幽霊を見ることができることを、一心は知っていました。自分の妻が一護を守るために死んだことも、理解しています。


ある夜、一護の部屋に若い女性・朽木ルキアが現れました。
見知らぬ女性が部屋にいることに一護はびっくりしますが、ルキアのほうでも、自分の姿が一護に見えていることに気づき、驚きます。
ルキアの正体は死神で、霊圧の高い人の魂を食らって生きる悪霊、通称:ホロウ(虚)を退治しようとしていました。
ホロウを追いかけてやってきたルキアは、一護の霊力が強いことを見抜きます。

ルキアは、自分がソウル・ソサエティという、天国に相当する場所からやってきたことを告げます。
その時、一護の家を巨大な何かが襲いました。
窓の外から現れた巨大な手に遊子がとられ、他の家族もダメージを受けます。
その手こそがホロウで、ルキアはホロウと戦いますが、ピンチに陥りました。

絶体絶命に陥ったルキアは、ホロウが見えている一護に、死神としての能力を分け与えます。
死神になってホロウを倒せと言われた一護は、斬魄刀(ざんぱくとう)を使いこなし、ホロウを倒しました。
その腕前のすごさに、ルキアは驚きます。
一護の斬魄刀は太くて大きなもので、霊力が強くないと使いこなせそうにない代物でした。


翌日。
一連の出来事はすべて、夢だったのではないかと一護は思いますが、家の中は前夜の騒動のせいで、荒れていました。

【承】- BLEACH(実写版)死神代行篇のあらすじ2

BLEACH(実写版)死神代行篇のシーン2 ただし、ホロウということは伏せられており、「トラックが暴走してきた」ということになっています。
遊子も記憶がないらしいので、一護は騒ぎ立てるのをやめました。

登校した一護は、ルキアが転校生として同じクラスに入り込んだと知ります。
ルキアは一護に分け与えたために、死神の能力を失ってしまっており、ソウル・ソサエティに戻れないのでした。
死神の力を取り戻したいのですが、それには一護の霊圧が足らず、現在の一護から能力を取り出してしまうと、一護の身体が死んでしまうと言います。
修行で力をつけないと、一護の身体から力を取り出せないと聞いて、一護はトレーニングを開始します。
ルキアが一護の修行につきあいます。

修行をしながら一護は、いい霊は「整」といい成仏をすること、悪い霊が「ホロウ(虚)」として昇華滅却させないとならないと、ルキアから教わります。

ルキアは現世にとどまり、一護の押し入れで暮らします。
一護はなにかとつきまとうルキアを鬱陶しいと思いますが、ルキアの能力を奪ったままである負い目もあるために、むげにはできませんでした。


別の日。
帰宅途中に「ルキアを知っているか」と、一護に声をかけてきた男がいました。
その男もルキア同様に死神で、阿散井恋次(あばらい れんじ)と言いました。
恋次が一護に話しかけていると、恋次に対して矢が飛んできます。

それは、絶滅したとされるクインシー(滅却師)族が使う、矢でした。
一護のクラスに1年前から転校してきた生徒、石田雨竜(いしだ うりゅう)が放ったものです。
雨竜は死神に対して、対抗心を持っていました。
一護に対等に戦ってもらうためには、同等のレベルになってもらわねばと言います。


ルキアが一護のいる屋上へくると、ホロウが次々に現れていると告げました。
一護は自分の身体からひきずりだされ、霊魂の状態で戦います。
(注:本体は倒れたまま、魂だけ取り出されて斬魄刀で戦う)

【転】- BLEACH(実写版)死神代行篇のあらすじ3

BLEACH(実写版)死神代行篇のシーン3 死神として戦う一護は、ルキアの目的を教わりました。
ルキアはホロウの中でも特に強力なもの、グランドフィッシャーと呼ばれるホロウを退治するつもりでした。
その過程で力を一護に分け与えてしまい、回収不能に陥っています。

恋次とルキアの兄・朽木白哉は、ルキアが力を一護に渡してしまったと知りました。
次の満月まで待ってみて、それでも駄目ならばルキアも一護も倒そうと、決めます。


グランドフィッシャーについてルキアから説明を聞いた一護は、それが幼少期に母・真咲を襲い殺したものではないかと気づきます。


恋次、白哉、ルキアがいるところへ近づいた一護は、グランドフィッシャーを倒すと宣言しました。
グランドフィッシャーは、ルキアたちがもう54年ものあいだ、追い続けているものでした。
急所は額だと聞いた一護は、グランドフィッシャーがふだんは少女の姿をしていると聞いて、母親を殺した霊だと確信します。
一護は、「これは俺の戦いだ」と思いました。

恋次と白哉は、一護をおとりにしてグランドフィッシャーを殺し、ついでにルキアも片付けようと考えます。


一護の母の命日。
墓参りに行く黒崎家の前に、グランドフィッシャーが現れます。
一護は双子の妹に使い走りをさせられ、ジュースを買いに中座しました。
父・一心は一足先に妻の墓へ行き、ビールで乾杯しています。
双子の妹・夏梨と遊子のところへ、少女の姿をしたグランドフィッシャーが現れました。

ジュースを買ったあと近づいた一護は、妹たちをグランドフィッシャーから守ろうとします。
ところがグランドフィッシャーは、一護が攻撃をしようとすると、一護の母・真咲の姿を作りました。
母親の姿を見て、一護は攻撃をためらいます。
と同時に、その汚いやりくちに一護は怒り、なんとしてもグランドフィッシャーを倒そうと憤ります。


一護とグランドフィッシャーは戦い始めます。
身体を置いて霊魂だけの存在の一護と、人の眼には見えないグランドフィッシャーなので、街の人たちにとっては「竜巻」にしか感じられません。

【結】- BLEACH(実写版)死神代行篇のあらすじ4

BLEACH(実写版)死神代行篇のシーン2 ところがたまたま街にいた一護の友人・茶渡泰虎(ちゃど やすとら)や、一護に思いを寄せるクラスメイト・井上織姫(いのうえ おりひめ)らは、その竜巻に一護の気配を感じました。
一護も、茶渡が自分の気を感じたと、気づきます。

クインシーの雨竜が矢を射て、グランドフィッシャーの眼を傷つけ、一護が斬魄刀でグランドフィッシャーの眉間を刺し、倒しました。
グランドフィッシャーは一護の刀によって、罪を洗い流され、昇華滅却されます。

グランドフィッシャーを倒した腕前を認めながらも、人間と情をかわしたとして、ルキアの兄の白哉は一護を倒そうとします。
恋次は一護と戦いますが、刀を一護に折られて負けました。
ルキアの兄・白哉が一護と戦います。

白哉は一護よりも数段強く、容赦なく一護を叩きのめします。
しかし一護は何度痛めつけられても、あきらめませんでした。
その様子を見たルキアが、一護をかばうために「人間の分際で、兄様の裾をつかむとは何事か」と足蹴にし、兄に許しを乞います。

白哉はルキアの謝罪を受け入れ、一護から死神の能力を取り戻して、ソウル・ソサエティに帰ると決めました。
死神の能力を取り戻した段階で、一護にはその期間の記憶がなくなるのですが、ルキアは一護の命を守るため、その選択をします。


ルキアは一護から死神の力を取り上げ、記憶も奪ったうえで、ソウル・ソサエティに帰りました。
意識が薄れる前に、一護は「また俺は守られた」と思います…。


翌日。
一護は長い間、眠っていたような気持ちで目覚めました。
ルキアはソウル・ソサエティで、罪をつぐなう予定です。

ルキアのいなくなった教室で、一護も記憶をなくしたはず、でした。
しかし教科書に書かれたルキアの文字「さわいだら殺す」の文字を見て、一護は笑みを浮かべます…。
(注:はっきりとは示さないが、一護はうっすら記憶がある模様)


タイトル『BLEACH』に、「死神代行篇」という副題がつく。
(続編をにおわせるラスト)

みんなの感想

ライターの感想

えと、原作未読。正直なところ、これは…実写化する必然性を感じなかった。
たぶんすごく大きな世界観があるんだろう。けれども2時間足らずの尺で、一定程度詰め込まないとならないので、乱暴な説明。
主人公が大きな刀を振り回しているだけの映画になってしまった。
死神とは? ソウル・ソサエティとは? 斬魄刀って? グランドフィッシャーって? クインシーって?
いちおう説明はつく。だが、登場したときに申し訳程度に説明がなされるだけなので、頭に入ってこない。もったいないな。
原作知ってる人からするとたぶん、乱暴な説明に嫌気がさすだろうし、原作未読の者にとっては、世界観が判りにくい。
続編を作る必要はないと思う。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「BLEACH(実写版)死神代行篇」の商品はこちら