「GONIN」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– GONINのあらすじ3

GONINのシーン3

画像引用元:YouTube / GONINトレーラー映像

ところで事務所には黒塗りの車で、関東のあまたの暴力団を束ねる五誠会の会長・式根が来ていました。式根は大越組組長の大越に短刀を渡し、落とし前をつけるよう示して去ります。

三屋と氷頭と荻原はディスコ『Birds』に戻ると、万代の帰りを待ちます。萩原は家に電話をかけて、東京を離れて故郷の墓参りに行こうと話していました。逃げようとする荻原を氷頭が止め、三屋も荻原が野本を射殺したことを咎めます。

ジミーは、ナミィーがパスポートを受け取っているのを見て喜びました。故郷のタイに戻れると喜びますが、大越組の組員らがやってくるとジミーに手ひどく拷問して誰と結託していたか吐かされました。ナミィーは横で乱暴を受けて殺されます。

万代は解放されましたが、指を切り落とされていました。

翌日。

三屋が万代の店にいると、そこに大越組の組員らが大挙します。殴られる万代を三屋が銃で脅してその場から逃げ出しますが、組員らは万代の事務所を荒らしました。大越組を襲ったメンバーが5人だったことで、その実行犯を割り出そうとします。事務所に荻原の履歴書があったことで露見し、万代が集めた新聞の切り抜きから因縁のある相手・氷頭も割り出されました。

五誠会の式根は大越組を襲撃した者を退治するようにと、京谷一郎と柴田一馬に命じます。京谷と柴田は凄腕の殺し屋で、同性愛の恋人同士でした。京谷と柴田は大越の事務所に顔を出しますが、自分の手下に始末させたいので大越は嫌な顔をします。

ところがそこに、ナミィーの衣装に身を包んだジミーが現れました。拷問で満身創痍の身体に、ワンピースを着てカツラをかぶりファイティングポーズをとるジミーを見て、大越はひるみます。京谷と柴田はまったく動揺せず、ジミーに発砲して殺しました。

荻原は自宅に帰ると、家族たちに呼びかけます。3000万円を稼いできたと言って、自分を見くびるなと言いながら荻原は家のなかを歩き回りました。娘はピアノに向かったまま、息子は二段ベッドのなかで、妻は風呂場で死んでおり、腐乱死体となっていました。荻原が家族全員を殺して家を出ていたようです。

妻の遺体といっしょに風呂に入っている荻原のところへ京谷が来ると、頭を撃ち抜いて殺しました。

氷頭はレストランで元妻・早紀と娘・未来と会っていました。氷頭は早紀に金を渡すと「やり直したい」と復縁を口にします。早紀と未来がトイレに行っているあいだに、レストランの客がいっせいにいなくなりました。襲撃があると踏んだ氷頭は、戻ってきた早紀たちを車に乗せて逃げようとしますが、京谷と柴田が襲ってきました。車中で妻子は殺されて、氷頭は逃げます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「GONIN」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×