映画:LOCKDOWNロックダウン

「LOCKDOWNロックダウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

アクション映画

LOCK DOWN ロックダウンの紹介:2016年製作のアメリカ&イタリア合作映画。『エスクワイア』誌で“最もセクシーな女性”第1位に選ばれたカトリーナ・ボウデン主演のパニック・アクション。完璧なセキュリティを誇るAI搭載車を走らせていたサンドラは、砂漠地帯で車に幼い息子を乗せたまま、車の外に閉めだされる。翌昼、気温が上昇し…。

あらすじ動画

LOCKDOWNロックダウンの主な出演者

サンドラ・ジェンキンス(カトリーナ・ボウデン)、テッド(ブランドン・ジョーンズ)、ジェサ(ジャスティン・ワックスバーガー)、レイ・ラコンブ(ジェイ・ヘイデン)、リリス(キャサリン・ケリー・ラング)、カール・ジェンキンス(デーモン・デユーブ)

LOCKDOWNロックダウンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①人工知能を搭載した装甲車『リリス』は乗員を守ることを最優先に作られている。砂漠で夜シカを轢いたサンドラは、息子のデイビッドを後部座席に残したまま車外に閉めだされてしまった。やがて日の出。 ②車を開けるため試行錯誤するサンドラ。崖から落とすと、脱出用にドアロックが解除され、サンドラとデイビッドは助かった。

【起】– LOCKDOWNロックダウンのあらすじ1

アメリカ。

モノリス社がA.I.(人工知能)を搭載した車を作りました。

モノリス社のCEO(最高経営責任者)の男性レイ・ラコンブは、インタビューに対して「強固なナノテク装甲、極薄防弾ガラス、25種類の最新危機感知センサー、安心の防護モードを搭載した」と言い、車の持ち主をありとあらゆる危険から守ると謳います。

その車の名前は『リリス』でした。全身黒ずくめの車は、外見もゴツく、本当に装甲車のように見えます。

『リリス』を夫カール・ジェンキンスに買い与えられた妻・サンドラは、カールの両親のところへ向かうところでした。新車の『リリス』を走らせます。

後部座席には幼児のデイビッドを、チャイルドシートに乗せています。

サンドラはロサンゼルス出身の女性で、かつて歌手として活躍していました。その頃に音楽プロデューサーの夫・カールと出会います。

カールは既婚者でしたが、離婚してサンドラを選んでくれました。サンドラはデイビッドを出産し、今は専業主婦をしています。

カールは息子・デイビッドを溺愛しており、息子の安全のために『リリス』を購入しました。

しかしカール自身は仕事を言い訳にして、しょっちゅう留守にします。サンドラはそれを怪しんでいました。

息子のデイビッドはカールの真似をして、母であるサンドラをママと呼ばず、サンドラと呼んでいます。

さて最新人工知能搭載の『リリス』は本当に優秀で、いろんなことができました。

室内を管理するだけでなく、車内に生命体(体重も分かる)がどれだけ乗っているか把握します。

カールから着信がありました。この電話も車内で、ビデオ通話ばりに会話ができます。

夫のカールは仕事だと言いますが、空港近くのホテルにいるらしく、背後には飛行機の離着陸の音が聞こえていました。カールはサンドラに、携帯アプリで車の遠隔操作も網羅できるとだと告げます。

後部座席で息子のデイビッドがぐずると、サンドラはスマホを渡して、大好きなカメさんのゲームをさせました(ここ重要)。

途中休憩を入れたサンドラは、トイレで騒ぐ女性客3人を見ながら、自分もかつてあんな頃があったと思い出しました。デイビッドのおむつを替え、吸入器を吸わせてからトイレを出ます。

雑貨店に入ったサンドラは、自分の歌手時代を知る男性と会話をしていて、息子のデイビッドの姿が見えないのに気づきます。

デイビッドは先ほどのトイレの女性3人のオープンカーで、ちやほやされていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「LOCKDOWNロックダウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×