映画:MiIIIミッションインポッシブル3

「MiIIIミッションインポッシブル3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

M:i:III〔ミッション:インポッシブル3〕の紹介:2006年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第3作目。IMF内部にいる裏切り者をあばき、闇商人デイヴィアンとイーサンが戦う作品である。

あらすじ動画

MiIIIミッションインポッシブル3の主な出演者

イーサン・ハント(トム・クルーズ)、オーウェン・デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)、ブラッセル局長(ローレンス・フィッシュバーン)、マスグレイブ(ビリー・クラダップ)、ジュリア・ハント(ミシェル・モナハン)

MiIIIミッションインポッシブル3のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①一線から退き教官になったイーサンはジュリアと婚約、穏やかな暮らしをしようと思っていた。ところが教え子・リンジーが拉致されたと聞いて前線に復帰する。拉致したのは闇の商人・デイヴィアン。奪回は成功するが頭に爆弾を植えこまれたリンジーは死亡。イーサンはリンジーに代わってデイヴィアンを追いつめることを決意する。 ②デイヴィアンはIMF本部のブラッセル局長と通じているように見えたが、本当はマスグレイブが黒幕。ラビットフットという武器を中東のバイヤーに売られる計画を阻止したイーサンは、イーサンの正体を知ったジュリアとハネムーンに出かける。

【起】– MiIIIミッションインポッシブル3のあらすじ1

MiIIIミッションインポッシブル3のシーン1

画像引用元:YouTube / MiIIIミッションインポッシブル3トレーラー映像

「頭に爆弾を埋めた」「〝ラビットフット〟は?」と言いながらデイヴィアンが目の前の女性・ジュリアに銃を突きつけて、イーサンに聞きます(それぞれの人物の説明は後述)。

10を数え終わるまで待ってやると言われたイーサンは、泣きながら必死でデイヴィアンを説得します…。

…イーサン・マシュー・ハントは極秘組織IMF(Impossible Mission Force)に所属するスパイでしたが、現在は惜しまれながらも一線から退いて、スパイを養成する教官として働いています。

愛する女性ができました。看護師をするジュリア・アン・ミードという茶色い髪の女性です。

アメリカ・バージニア州。

ジュリアとイーサンの婚約パーティーが開かれました。すでに2人は一緒に住み始めており、2人の新居で親しい友人を招いて開きます。

極秘組織に所属しているので、イーサンはジュリアとその家族には「交通局に勤務している」と言っていました。イーサンの両親は他界しているとも告げています。

ジュリアの姉や弟・リック、ジュリアの勤務先の人たちを招いてのパーティーは楽しいものでした。

ジュリアが女友だちにハネムーンの予定を聞かれ、ヘリに乗って山頂に行き、3週間スノーボードに興じると答えます。

その会話の時、ジュリアとイーサンの出会いを友人の1人が聞きました。出会いは2年前なのですが、湖の名前が思い出せないジュリアに代わって、イーサンが「ワナカ湖だ」と答えました。

女友だちは、イーサンと距離が離れており、また間にはガラスがあって声が洩れている筈はないのに、なぜ会話が聞こえていたのだろうと不思議に思います。それでも、イーサンが読唇術を持っていると気づいた人はいませんでした。

パーティーの最中に、イーサンに呼び出しがかかります。コンビニに氷を買いに行くと言って、イーサンは近所のセブンイレブンに行きました。

IMFとしては訓練教官ではなく、現場に戻ってもらいたいという指令でした。それというのも、イーサンの教え子で優秀の上の評価を下した女性リンジー・E・ファリスが、11時間行方を断っているからです。

伝言に来た男性は「作戦開始は夜明けから」と言って、インスタントカメラを置いて去ります。

カメラにはイーサンの率いるチームのメンバーの情報が入っていました。

・ルーサー・スティッケル…むきむきマッチョの黒人男性。イーサンとは第1作から行動を共にする相棒的存在。

・ゼーン・リー…黒髪のセクシー系女性。

・デクラン・ゴームリー…若い黒髪の男性。

リンジーはオーウェン・デイヴィアンという、ブラックマーケットの商人で危険な要注意人物の周辺を嗅ぎまわっていて、行方不明になっていました。

スパイであることがデイヴィアンに露見して、拉致された可能性が高いと思われます。そのデイヴィアンは現在ベルリンの工場廃墟にいるそうです。

イーサンはジュリアに「交通局の会議が入り、ヒューストンにひと晩出張してくる」と言いました。そしてリンジーを救うために作戦に参加します。

バイクで飛行場に行って仲間と集まり、イーサンは飛行機に乗ります。長い付き合いのルーサーから「スパイが結婚をするものじゃない」と反対されます。

ドイツ・ベルリン。

目的の工場廃墟に潜入したイーサンたちは、リンジー奪還に成功しました。さらにゼーンが焼けたラップトップパソコンも持ち帰ります。

ところがリンジーは、脳内にカプセルの形の爆弾を埋め込まれていました。イーサンは電気ショックを与えて回路を焼き切ろうとします。一度リンジーを殺して、2回目の電気ショックで再び生き返らせる作戦です。

ところが電気ショックの充電に時間がかかりました。チャージ完了前に脳内の爆弾が起動し、リンジーは死んでしまいます。イーサンは教え子の死に落胆し、遺体を抱きしめて泣きました。

リンジーの脳内に埋め込まれた爆弾は、鼻腔から脳へ植え込まれたものでした。

イーサンはブラッセル局長に呼び出され、自分の評価が正しかったと思うか詰問されます。イーサン自身は、リンジーは優秀な生徒だったと思っていました。

ブラッセル局長に詰問されるイーサンを、横でジョン・マスグレイブが必死でフォローします。

ルーサーにリンジーとの関係を聞かれたイーサンは「妹同然だった」と答えました。肉体関係はなかったのかと、ルーサーはさらに質問します。長年の友人だからこその、イーサンを心配しての質問でした。肉体関係はありません。

ノーフォーク郵便局から電話があり、リンジーからの絵葉書をイーサンは受け取りました。

葉書のメッセージ欄は空白ですが、切手の裏面にゴマ粒ほどの小さいマイクロドット(情報を入れるもの)が貼られています。イーサンがそれをルーサーに見せると「磁気データではないか」と言いました。2人はベンジーに聞きに行きます。

ベンジーは事務サイドですが、イーサンのように外で活躍したいと思っている中年男性で、イーサンのよき協力者です。

ベンジーはゼーンが持ち帰ったラップトップのデータ抽出&再現に苦戦していました。焼けてしまっているので、データ復旧が難しいのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「MiIIIミッションインポッシブル3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×