「Ms.ベビーシッター」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

【転】– Ms.ベビーシッターのあらすじ3

Ms.ベビーシッターのシーン3

画像引用元:YouTube / Ms.ベビーシッタートレーラー映像

侵入者であるカルト教団のメンバーたちは、金が目当てではありません。しかしリックが「金ならいくらでも払う」と言い解放しろと要求するので、イライラし始めます。男が「金には興味がない」と答えても、リックは金で買収しようとしました。「2階の寝室に使っていない携帯で口座の残高を確認しろ」と繰り返し言うので、男はボーイを呼んでリックの指を折らせます。

居住年数を聞かれたリックは、10年だと答えました。立方体の箱のありかを聞かれますが、リックは知りません。

ジョジーは目を盗んで家の外に出ると、電柱をのぼります。

【木登りバッジ】

男がリックから手がかりを得ようとしているあいだに、ボーイは2階にあがって壁を破壊し始めました。女はソフィアを地下室に移動させると、2階へ移動しました。ジョジーは電柱をのぼって2階の窓から侵入すると、リックが話していた携帯電話を手に入れました。しかし電池が切れていて充電の必要があります。ボーイと女が移動したので、ジョジーはバスタブに隠れます。

男はカステロ家の親子3人を地下室に移動させると、地下室の床をチェックしました。床のカーペットをナイフで剥がして露出して開けると、箱が見つかりました。

2階では女がボーイに、「箱を見つけて家族3人を生贄に捧げて、新世界を到来させるのだ」と話しました。それをジョジーは聞いて、侵入者の目的を知ります。

また玄関のドアチャイムが鳴りました。ピザの配達人です。女とボーイは2階から1階へ降りると、ピザの配達人に応対しました。地下では男が儀式の準備をするために電動円ノコギリを作動させていましたが、改装中だと女はごまかします。

玄関に掲げられた家族写真を見て、配達人がリック・カステロの家だと知りました。配達人はリックのファンで大興奮です。ピザを受け取った女が追い返しますが、配達人は屋敷の写真を撮りました。ジョジーは2階に移動して配達人に気づいてもらおうとアピールしますが、配達人は気づきません。

配達人はさらにそこで友人に電話をかけようとしました。しびれを切らした女が銃で配達人を撃ちます。ボーイが追いかけて配達人をマチェーテで殺しました。配達人のスマホを確認したボーイは、2階の窓にジョジーが写っているのを見つけて存在を知ります。

配達人の騒動で侵入者3人が外に出た隙に、ジョジーはカステロ家の3人のところへ来ました。母・ジェンは強く殴られたらしく、意識がありません。ジョジーは結束バンドを解こうとしますが、ソフィアの手を外したところで侵入者たちが戻ってきました。リックから充電器が2階にあると聞きます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「Ms.ベビーシッター」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×