アクション映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:バイオレンスアクション
「やわらかスピリッツ」で配信された、原作:沢田新、作画:浅井蓮次のハードボイルド・アクション。一見、派手目のデリヘル女子大生だが、派遣型の凄腕殺し屋ケイの活躍を描く。冷酷な殺し屋ながら、夢は簿記検定2級合格である。橋本環奈主演、瑠東東一郎監督、PG-12、2022年8月劇場公開作品。111分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
サバイバル・シティの紹介:2021年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリスが「沈黙の鉄槌」のジェームズ・カレン・ブレザック監督と組んだアクションスリラー。ベテラン刑事のデビッドと相棒のキャルは麻薬組織の取引現場押さえようとするが、組織に見つかり、キャルを脱出させるためにデビッドは自ら人質となる。共演は「レフト・ビハインド」のチャド・マイケル・マーレイ、「リーサル・ストーム」のスウェン・テメルほか。劇場発信型映画祭『未体験ゾーンの映画たち 2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
Ms.ベビーシッターの紹介:2020年製作のアメリカ映画。武装集団にジャックされた屋敷を舞台にした、密室サスペンス×女性アクション! 武装したカルト集団が家に侵入。住人は身柄を拘束され、いずれ、生贄として殺される運命! たったひとりで立ち向かうのはベビーシッター。 『パニックルーム』的密室サスペンスの設定の中で戦うヒロインを描く女性アクション! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キングダム2 遙かなる大地
原泰久原作「キングダム」を映像化した第2弾、主演は前作に引き続き山崎賢人。本作は2019年に公開された「キングダム」の続編となる。主題歌はMr.Children、佐藤信介監督、2022年7月劇場公開作品。134分。キャッチコピーは「命をたぎらせ、生きろ。」 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
GONINサーガの紹介:2015年製作の日本映画。世間からはみ出た五人の男たちの強盗計画の顛末をスタイリッシュな映像で写したバイオレンス・アクション「GONIN」の続編「GONINサーガ」に、未公開映像を追加し再編集したロングバージョン。「GONIN」で描かれた事件を追うルポライターの出現により、当時襲撃された大越組幹部の遺児たちの運命が動きはじめる。監督は「GONIN」に続き「ヌードの夜」の石井隆。大越組若頭だった久松の遺児を「クローズEXPLODE」の東出昌大が演じるほか、「オカンの嫁入り」の桐谷健太、「さくらん」の土屋アンナ、「フィギュアなあなた」の柄本佑、「キッズ・リターン」の安藤政信らが出演。また、根津甚八、佐藤浩市、鶴見辰吾が「GONIN」と同じ役で出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「GONIN2」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

GONIN2の紹介:1996年製作の日本映画。たまたま居合わせた宝石店で宝石強盗事件に巻き込まれた5人の女たちが、強盗犯や暴力団に追いつめられながら逆襲していく様を描いた異色バイオレンス・アクション。転落した5人の男たちを描いた95年の「GONIN」のパート2だが、話としては独立した一本である。監督・脚本は前作と同じ石井隆。撮影は「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の佐々木原保志が担当している。主演に「さよならニッポン!」の緒形拳。5人の女たちには、かつての石井作品でヒロイン・名美を演じた女優のうち「死んでもいい」の大竹しのぶ、「ヌードの夜」の余貴美子、「夜がまた来る」の夏川結衣の3人と、「罠(1996)」の喜多嶋舞、「XII-1118_PROMISE_THE_MOON」の西山由海がふんしている。R指定。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「GONIN」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

GONINの紹介:1995年製作の日本映画。バブル崩壊で世間からはみ出してしまった五人の男たちが仕組んだ強盗計画の顛末をスタイリッシュな映像で描くバイオレンス・アクション。監督・脚本は今回は名美と村木の愛の物語を離れた「夜がまた来る」の石井隆。撮影は石井とのコンビが冴える佐々木原保志。五人に紛するのは、「プ」の佐藤浩市、「RAMPO」の本木雅弘、「ゴト師株式会社スペシャル」の根津甚八、「EAST MEETS WEST」の竹中直人、「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」の椎名桔平。LD化の際再編集され119分の<特別版>が製作された。また2007年には121分の<REAL EDITION>が製作されている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ソー:ラブ&サンダー
ソー:ラブ&サンダーの紹介:2022年7月8日公開のアメリカ映画。『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のソーを描くバトルアドベンチャー。『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティがメガホンをとり、クリス・ヘムズワースやテッサ・トンプソンが続投するほか、ジェーン役のナタリー・ポートマンが再登場する。また、ゼウスを『グラディエーター』のラッセル・クロウ、敵となるゴアを「ダークナイト」のクリスチャン・ベールがそれぞれ演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成の紹介:2022年6月24日公開の日本映画。荒川弘による人気コミックを実写映画化した「鋼の錬金術師」シリーズの完結編2部作の第2弾。原作のクライマックスである“お父様”との戦いを描く。主人公エド役のHey!Say!JUMPの山田涼介や、エドとアルの幼なじみであるウィンリィ役の本田翼をはじめ、多くのキャストが続投。「きのう何食べた?」の内野聖陽が、エドとアルの父ヴァン・ホーエンハイムと、ホムンクルスたちの生みの親であるお父様の2役を演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年に製作された低予算ゾンビ映画『コリン LOVE OF THE DEAD』で注目されたマーク・プライスが監督・脚本を勤めた、サスペンス・アクションです。取り壊し間際の廃ビルにゾンビ映画を撮影に来たクルーたちが、偶然ギャングの殺害現場を目撃してしまい、そこから撮影隊とギャング団との壮絶な死闘が始まる・・・!という物語で、冒頭のゾンビ映画シーンは、監督の趣向がよく表れた「映画内映画」になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:トップガン マーヴェリック
トップガン マーヴェリックの紹介:2022年5月27日公開のアメリカ映画。超精鋭パイロット養成校トップガンの訓練生の青春を描いたトム・クルーズ主演のアクション作「トップガン」の36年ぶりの続編。困難な任務に直面したベスト・オブ・ザ・ベストのパイロットたちの元に、伝説のパイロット・マーヴェリックが教官として赴任する。監督は、「オブリビオン」のジョセフ・コシンスキー。前作で一躍トップスターとなったトム・クルーズが引き続き型破りなマーヴェリックを演じ、戦闘機にIMAXクオリティカメラ6台を搭載し、CG合成を使用せずに飛行シーンの撮影を敢行。また、製作にも参加している。前作にも出演したヴァル・キルマーのほか、「セッション」のマイルズ・テラー、オスカー俳優のジェニファー・コネリーらが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
トップガンの紹介:1986年製作のアメリカ映画。サンディエゴの海軍航空隊基地を舞台に、世界最高のパイロットを養成するエリート学校と別名を“トップガン”と呼ばれる訓練生たちの姿を描く。製作はドン・シンプソンとジュリー・ブラッカイマー。エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・バダラート。監督は「ハンガー」のトニー・スコット。脚本はジム・キャッシュ、ジャック・エップス・ジュニア、撮影はジェフリー・キンボール、音楽はハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演はトム・クルーズ、ケリー・マクギリスなど。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ALIVEHOON アライブフーン
ALIVEHOON アライブフーンの紹介:2022年6月10日公開の日本映画。CGに頼らず、カースタントによる映像のみで描かれるドリフト・エンタテインメント。日本発祥のドリフトレースを、元レーシングドライバーの土屋圭市が監修を務め、迫力のある映像に仕上げた。監督は『SHINOBI』の下山天、主演は「ちはやふる」シリーズの野村周平。共演として、『ハニーレモンソーダ』の吉川愛や「HiGH&LOW」シリーズの青柳翔、『ちょうちん』の陣内孝則らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌(特別編)の紹介:2003年製作の日本映画。故・深作欣二監督の遺作にして、社会現象となった問題作の続編。中学生と、非道な大人に反抗するテロ集団とのバトル、無残に死んでゆく子供たちの運命がせつない。前作は高見広春による小説を原作とした映画版であったが、今作は前作の映画版の続編であり、全くのオリジナル作品である。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×