アクション映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

1998年製作のアメリカ映画。マーベル・コミック作品「ブレイド」の実写映画。 人間とヴァンパイアの混血として生まれた”ブレイド”は、ヴァンパイア・ハンターとして活動していました。地球では、人間の知らない所でヴァンパイアが存在しており、人間に知られる事なく共存していました。ある時、ブレイドは、ヴァンパイアの一人フロストが人間界を滅ぼして、ヴァンパイア達による世界征服を企んでいる事に気がつき…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2008年制作のイギリス、アメリカの合作映画。前作の直接の続編となる。前作で死んでしまった、ヴェスパーを裏で操っていたミスターホワイトを追うとともに、背後にいる組織を探ることになるが、裏切り者がそれを阻止しようと襲い掛かる。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2006年公開の香港映画。香港の漫画家、黄玉郎の1970年から連載が続いている「龍虎門」が原作のカンフー映画。世界的カンフースターのドニー・イェン、香港の人気俳優ニコラス・ツェー主演のカンフーアクション作品です。 幼い頃に生き別れになった龍虎門と言う道場の息子、ドラゴンとタイガーはそれぞれ別々の人生を歩んでいました。しかし、数十年後彼らはある事件をきっかけに再会し、協力してある強大な敵に挑む事になるのですが…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2015年公開のアメリカのアクションコメディ映画。監督は「デンジャラス・バディ」や2016年の「ゴースト・バスターズ」などのポール・フェイグ。主演に「デンジャラス・バディ」や「ゴースト・バスターズ」のメリッサ・マッカーシー。共演に「ガタカ」や「キャプテン・マーベル」などのジュード・ロウ、「トランスポーター」シリーズや「ワイルド・スピード」シリーズのジェイソン・ステイサム他。 CIAの裏方として活躍するスーザン。ある日憧れのバディエージェントのファインが殺された。ダブルスパイがいる可能性が高い中、顔を知られていないスーザンがスパイとして抜擢される。核爆弾の闇取引を止めるべく奔走するスーザンはスパイとしての才能を開花させていく。   ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2010年公開の日本映画。 名匠・坂本浩一がメガホンを取り、本編のメインライターを務めた三条陸が脚本を執筆。 興行収入的にも作品の質的にも高い評価を得ている作品。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2012年制作の日本映画。時代は明治11年。緋村剣心という男は「不殺の誓い」という変わった誓いを立て、日本各地を旅していた。そんな彼は、自分のかつての異名「人斬り抜刀斎」を名乗る偽物と戦うことになる。やがて、剣心は重大な選択を迫られてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
「セルラー」は何者かに誘拐され監禁された女性が、電話で偶然繋がった男子大学生に助けを求める、手に汗握るクライムサスペンス映画です。監督は「デッドコースター」や「シャーク・ナイト」のデヴィッド・エリスの作品です。主演は「LA.コンフィデンシャル」でアカデミー助演女優賞を獲得したキム・ベイシンガーと、「アベンジャーズ」シリーズにてキャプテン・アメリカのクリス・エヴァンズです。また「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムが誘拐犯役を演じています。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
1996年制作のアメリカ映画。エイリアン襲撃を描くSFアクション。ある日、月面探査基地が宇宙からの信号をとらえる。テレビ局に勤めるデイヴィッドは、その信号をエイリアンの攻撃カウントダウン信号だと解明し、大統領や海軍のスティーブン大尉らと対策を講じるが…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
Mr.&Mrs. スミスの紹介:2005年公開のアメリカ映画。話題のカップル、ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー共演による、全米大ヒットのアクション。甘美な結婚生活を送る夫婦が敵対する殺し屋へと転じる姿を軽快に描く。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2010年公開のアメリカ映画。監督は「トップ・ガン」や「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコット。トニー・スコットは、この作品が最後の監督作品となった。主演は「ボーン・コレクター」や「フライト」などのデンゼル・ワシントン、共演に「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン他。 実際にあった貨物列車の暴走事故を基にした物語。無人走行を始めた貨物列車777号には、大量の燃料と共に発火性の強い有毒化学物質が積まれていた。力行(アクセルを踏んだような状態)の列車は加速していく。大惨事を回避するために大ベテランの機関士と、新米車掌が暴走事故の解決に挑む。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
RED/レッドの紹介:2010年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンらが引退したCIAエージェントに扮し、彼らを抹殺しようとする巨大な陰謀の黒幕を追い詰めていく姿を描く痛快アクション。“若造には負けん!”とばかりに老体にムチを打ち過激なアクションに挑む姿に胸が熱くなる。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケ。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2003年のアメリカ映画。 19世紀末を舞台とする小説の主人公たちが一堂に会して組織された『超人同盟』が、世界の裏で暗躍する巨悪に挑む。 ショーン・コネリーの事実上の引退作品でもある。   ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2011年公開のアメリカ映画。1972年にチャールズ・ブロンソンが主人公を演じた同名の映画のリメイク版であり、主演はジェイソン・ステイサム。凄腕の殺し屋であるビショップは、彼に殺しの技術を教えた師匠とも言うべき相手の殺害を依頼される。葛藤の末、依頼通りに恩人を殺すも、その息子であるスティーブが彼に「弟子入り」することに。父を殺した相手と知らず、スティーブはビショップの元で徐々に殺しの技術を磨いていくのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
×