アクション映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

冷酷な皇帝によってすべてを失った将軍・マキシマスが様々な試練を乗り越え、復讐に挑む姿を描く歴史スペクタクル。第73回アカデミー賞で作品賞をはじめ5部門を受賞した他、英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞など主要な賞を独占。 皇帝に逆らった罪で死刑を言い渡されたものの九死に一生を得たマキシマスは、奴隷にまで身を落としながらも剣闘士として名を馳せる。ついに皇帝に対峙する機会を得たマキシマスがとった行動とは。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
「スパイダー・マン」はマーベルコミックのヒーロー、スパイダーマンを実写映画化したものです。監督は「死霊のはらわた」のサラ・ライミ監督。主演のスパイダーマンを演じるトビー・マグワイアはこの初代スパイダーマンシリーズで人気を不動のものとし、さらにこの初代三部作は全世界で大ヒット、その後もリブート作品が作られ今なお世界中で愛されている作品となっています。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2012年公開のアメリカ映画。リー・チャイルドの全米ベストセラー小説、「ジャック・リーチャー」シリーズの9作目である「アウトロー」(原題: One Shot)を原作としたサスペンス作品。白昼、何者かによって5名の市民が無差別に射殺された。現場に残された証拠から、犯人として逮捕されたのは米軍の元スナイパーであるジェームズ・バー。しかし彼は黙秘を貫き、ただ元米軍憲兵隊捜査官の「ジャック・リーチャーを呼べ」という意思表示をするのみだった。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2013年製作のアメリカ映画。監督は今作に出演もしているケネス・ブラナー。原作はトム・クランシーの「ジャック・ライアン」シリーズ。主演に「スター・トレック」シリーズなどのクリス・パイン、共演に「ウォーター・ワールド」や「ボディー・ガード」のケビン・コスナー。 大学在学中に9.11を経験したジャック・ライアンは軍隊に入り、そこで大怪我を負いながらも仲間を助ける。そんなジャックをCIAのハーパーがリクルートし、10年後ウォール街でCIAの分析官として働いていた。そんな中ロシアに怪しい動きがあり、監査を装い潜入するジャックは分析官としては遭遇し得ない、予想外の出来事に巻き込まれていく。     ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます

映画「TAXi(3)」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

シリーズ3作目で2作目までヒットを飛ばしており、今回は序盤からシルヴェスター・スタローンを起用している。スピード狂のタクシードライバー、ダニエル・モラーレスはドジな刑事エミリアンとサンタに扮した銀行強盗団を捕まえるため、改造したタクシーで雪山へ向かう。2003年フランス映画 ジェラール・クラブジック監督 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2012年に公開された、アメリカの映画。アメリカ海軍特殊部隊「Navy SEALs」の活動を描いたアクション映画。「Navy SEALs」チーム7のローク大尉は、副官のデイブと休暇中に家族ぐるみで休暇を楽しんでいたが、突如コスタリカの麻薬組織に潜入中だったCIAのモラレスの救出命令が下され…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます

映画「処刑人」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

1999年制作のアメリカ映画。敬虔なカトリック教徒である双子の男は、ある理由で、ロシアンマフィアと喧嘩してしまい、次の日に乗り込んできたマフィアを殺した彼らは、正当防衛が認められるが、この事から、二人で悪人を裁いていくようになる。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2002年制作のアメリカ映画。時代は第三次世界大戦終結後の世界。都市国家のリブリアでは、党首のファーザーにより、人々は感情を持つことを禁止されていました。そして、感情を持った違反者は、特殊捜査官により摘発され処刑されました。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2017年制作の日本映画。仮面ライダービルドである桐生戦兎と同じく仮面ライダークローズの万丈龍我は、怪人スマッシュの目撃情報を受け、現場に向かうと見た事のない怪人と謎の戦士カイザーと戦うことになる。そして、万丈が転送装置のエニグマによって並行世界へ飛ばされてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2018年公開のアメリカ合衆国の冒険アクション映画。イングランドの広大な屋敷に暮らす領主・ロビンには、世渡り上手で傲慢な領主という表の顔と、弱気者を助ける情熱的な正義の盗賊としての裏の顔を持っていました。4年間十字軍として戦争に参加したロビンは、祖国では何故か自分が戦死したという噂が流れていて…。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2015年制作のロシア、アメリカ共同制作映画。近未来、ヘンリーはとある研究施設で目覚める。記憶を失っていた彼は、研究員であるエステルからサイボーグ手術を受けたことを教えられる。その矢先、謎の武装組織に襲われてしまい、エステルがさらわれてしまう。彼女を取り戻すために、組織と戦うことになる。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
エクストリーム・ジョブの紹介:2019年製作の韓国映画。「二十歳」のイ・ビョンホンが監督、韓国歴代興行収入第1位を記録したアクション・コメディ。解散の危機に瀕した麻薬捜査班は国際犯罪組織の張り込み捜査のため、アジトの前にあるチキン店を買い取り偽装営業。たちまち味が評判になり店が大繁盛してしまう。「7番房の奇跡」のリュ・スンリョンがチームの年長者であるコ班長を演じるほか、「私は王である!」のイ・ハニ、「犯罪都市」のチン・ソンギュ、「ワンライン/5人の詐欺師たち」のイ・ドンフィ、俳優グループ5urpriseのコンミョンが、昼は人気チキン店を運営し夜は麻薬捜査にあたる班のメンバーを演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2010年制作のアメリカ映画。アメリカで放送されたテレビドラマシリーズである特攻野郎Aチームの劇場版である。特殊部隊であるAチームに所属する4人は、とある作戦で濡れ衣を着せられ刑務所へ送られる。彼らは、脱獄を始め、彼らを罠に嵌めた黒幕を探すことに。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
ガイ・リッチー監督が1998年に手がけた長編デビュー作。後にガイ・リッチー製作総指揮、脚本でドラマ化もされ、いまだに根強い人気を持つ作品。 エディ、ベーコンら悪友4人組はギャンブルで多額の借金を背負ってしまい、ギャングの金を横取りする計画を立てる。 計画は一旦は成功したものの、4人は思わぬ事態に巻き込まれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
×