アクション映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:パイプライン
パイプラインの紹介:2022年2月4日公開の韓国映画。ソ・イングクが「君に泳げ!」以来8年ぶりに映画に復帰した、「江南ブルース」のユ・ハ監督による犯罪アクション。ドリルの名手“ピンドリ”は大企業の後継者ゴヌから数千億ウォンの石油を盗み出す計画を持ちかけられ、訳ありの盗油師たちと共に命がけで挑む。盗油組織のリーダーを担う腕利きの穿孔技術者“ピンドリ”をソ・イングクが、数千億ウォンの盗油作戦を計画する大企業の後継者ゴヌをモデル出身で「チャ刑事」などに出演するイ・スヒョクが演じ、人生大逆転を夢見る盗油師たちが繰り広げる、予測不可能なチームプレーを描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゴーストバスターズ/アフターライフ
ゴーストバスターズ/アフターライフの紹介:2022年2月4日公開のアメリカ映画。1984年に第1作が公開され人気を博した「ゴーストバスターズ」シリーズの続編。前作から30年後を舞台に、復活したニューヨークのゴーストたちとの新たな戦いを描きだす。主演は『アナベル 死霊博物館』のマッケナ・グレイス。ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シリーズのフィン・ウルフハード、「アントマン」シリーズのポール・ラッドが脇を固める。前2作を手掛けたアイヴァン・ライトマンの息子、ジェイソン・ライトマンが監督を務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:Pure Japanese

映画「Pure Japanese」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

Pure Japaneseの紹介:2022年1月28日公開の日本映画。『空飛ぶタイヤ』などに出演し、映像や音楽、ファッションなど様々なシーンで活動するディーン・フジオカが企画、プロデュース、主演を務めるバイオレンス・アクション。ヒロインを『朝が来る』の蒔田彩珠が務めるほか、別所哲也、渡辺哲、金子大地、坂口征夫が共演する。『トイレのピエタ』の松永大司がメガホンをとり、脚本を『合葬』の小林達夫が手掛けた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:西成ゴローの四億円 死闘篇
西成ゴローの四億円 死闘篇の紹介:2022年2月19日公開の日本映画。記憶を失った元工作員が難病の娘の治療費を稼ごうと闇の世界で奮闘する姿を描いたドラマの後編。記憶の一部を取り戻した主人公が、国外から新型のウイルスを持ち込んだというデマを広められる。監督は『ひとくず』『ねばぎば 新世界』などの上西雄大が務め、主演も兼任。津田寛治や山崎真実をはじめ、松原智恵子、笹野高史、加藤雅也、奥田瑛二などが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ライダーズ・オブ・ジャスティス
ライダーズ・オブ・ジャスティスの紹介:2022年1月21日公開のデンマーク&スウェーデン&フィンランド合作映画。妻を失った軍人が繰り広げる復讐劇を描くリベンジ・アクション。主演は『ドクター・ストレンジ』『アナザーラウンド』などのマッツ・ミケルセン。監督は『アダムズ・アップル』のアナス・トマス・イェンセンが担当する。また、共演には「特捜部Q」シリーズのニコライ・リー・コース、『セレブレーション』のラース・ブリグマン、『戦火の馬』のニコラス・ブロらデンマークの名優が名を連ねる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)
仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)の紹介:2022年1月28日公開の日本映画。本には世界を変える力がある。その「本」をテーマに、2021年8月まで放送されたTVシリーズ「仮面ライダーセイバー」の8年後を描く物語。「本」を守る「聖剣」の使い手の仮面ライダーが“ワンダーライドブック”をベルトに装填して変身、「本」を奪う者たちと対峙する。「物語の結末は俺が決める!」が決め台詞の小説家、好きな本のジャンルはファンタジーの神山飛羽真(かみやまとうま)を内藤秀一郎、好きな本のジャンルは動物図鑑の新堂倫太郎(しんどうりんたろう)を山口貴也、好きな本のジャンルは童話の富加宮賢人(ふかみやけんと)を青木瞭が引き続き演じる。世界を守る戦いを繰り広げるなか、<正義>と<犠牲>の狭間で苦悩する剣士たちの姿が描かれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年公開のイギリス映画。監督はロン・スカルペッロ。主演に「ハンガー・ゲーム2」などのサム・クラフリン。 オリンピック前のロンドン。予定地の買収のためにカレンはリアム達の父親を騙し署名させ自殺に見せかけて殺してしまう。現在。強盗罪で服役していたリアムは、出所し弟のショーンの車に乗って妻のグレイスを訪ねるが、あまり歓迎されていない。仕事を探そうにも9年の服役がネックになり全く見つからない。一方のカレンはオリンピックでの土地の売買に成功し、実業家になっている。裏では薬の取引を行い、汚職で警察官達も牛耳っている。カレンが警察のチャリティーマッチを依頼された際に訪れたボクシングジムで強いリアムに目が止まり、チャリティーマッチへの参加を依頼する。カレンから親切にしてもらいすっかり信用しきった様子のリアムだったが、弟のショーンはカレンの組織でお金の運び屋をやっていた。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作の、アメリカ・メキシコ合作映画で、2011年に製作されたメキシコ映画「MISS BALA/銃弾」をハリウッドリメイクした作品です。メキシコに住む友人の元を訪れた若いアメリカ人女性が、マフィアと警察の抗争に巻き込まれ、遂には自らも銃を持って戦いに挑むまでを描いています。「アベンジャーズ」シリーズのファルコン役で知られるアンソニー・マッキーが、重要な役どころで出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:映画 文豪ストレイドッグス BEAST
映画 文豪ストレイドッグス BEASTの紹介:2022年1月7日公開の日本映画。テレビアニメ、舞台、劇場アニメーションも展開されたコミックス「文豪ストレイドッグス」の実写作品。実在の文豪の名を持つ登場人物による“異能”アクションバトルを描く。「仮面ライダー」、「ウルトラマン」などの特撮シリーズを手掛けた坂本浩一が監督、原作者の朝霧カフカが脚本を務めるほか、舞台版と同じく『劇場版アルゴナビス 流星のオブリガート』の橋本祥平、『桃源郷ラビリンス~生々流転~』の鳥越裕貴らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開の韓国映画。監督は「王宮の夜鬼」などのキム・ソンフン。主演は「王宮の夜鬼」ドラマ「愛の不時着」などのヒョンビン。 北朝鮮で、捜査にあたっていた刑事のチョルリョンは、偽札工場での捜査の最中に上司のギソンの裏切りに合い、妻を殺されてしまう。偽札の銅板を持って国外に逃げたギソンは中国を経由して韓国へと逃げてしまう。チョルリョンは南北会談の間にギソンを殺害し、銅板を回収する密命を受けて韓国にやってくる。一方韓国では、偽札の銅板のことを知らされずに殺人事件の捜査だと聞かされている。韓国情報員は北朝鮮の刑事の単独行動を許すわけにもいかず、共助捜査と称しジンテを監視役としてつけて、北朝鮮の思惑を探るように命令をする。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
海兵隊員のジョンは除隊処分を言い渡された。 落ち込むジョンを見かねた愛妻ケイトからの提案で、暫く旅に出ようということになり二人は車で出かけるが、給油のために立ち寄ったガソリンスタンドでケイトが銀行強盗団に人質に取られてしまう。 怒りに燃えたジョンは強盗団を追うが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:マークスマン
マークスマンの紹介:2022年1月7日公開のアメリカ映画。妻に先立たれた元狙撃兵と、家族を失ったメキシコ人少年のアメリカ横断の逃避行を描く、リーアム・ニーソン主演のアクション。『スピード・キルズ』のキャサリン・ウィニック、『ライリー・ノース 復讐の女神』のフアン・パブロ・ラバ、テレサ・ルイス、ジェイコブ・ぺレスが出演する。監督、脚本、製作は『人生の特等席』のロバート・ロレンツ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームの紹介:2022年1月7日公開のアメリカ映画。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「スパイダーマン」シリーズ第3作。主人公ピーター・パーカーを、前作に引き続きトム・ホランドが演じる。また、『DUNE/デューン 砂の惑星』のゼンデイヤ、『クリスマスに降る雪は』のジェイコブ・バタロンが続投するほか、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジも登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:サンダーバード55/GOGO
日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』の紹介:2022年1月7日公開のイギリス映画。1965年にイギリスで放送開始した特撮人形劇シリーズ『サンダーバード』の音声ドラマとして書かれたエピソード3話を、オリジナルの撮影手法を再現し映像化。「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣監督が、エピソードはそのままに日本公開用に構成した。日本語吹替キャストは「海辺の生と死」の満島ひかり、『夏目友人帳』の井上和彦、『鬼滅の刃』の大塚芳忠ほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×