アクション映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画「TAJOMARU」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

2009年9月公開の日本映画。監督は「SFサムライフィクション」や「Stereo Future」などの中野裕之。主演に「クローズZERO」などの小栗旬。 代々管領職につく畠山家の兄弟直光と信綱は大納言家の亜子姫と共に健やかに成長している。ある日、屋敷に盗みに入った子供を直光が助け、その子に桜丸という名前をつけて自分の家来として召し抱える。成長した4人は、亜子姫は直光の許嫁に、信綱は長子として畠山家を次ぐ準備をしている。そんなある日、将軍義政が現れ、大納言家が流行病で亡くなったこと、ついては大納言家の金塊を手に入れるために亜子姫と結婚したものを管領職につかせると告げる。この大納言家の金塊の話から全ての関係は壊れていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:レイジング・ファイア
レイジング・ファイアの紹介:2021年12月24日公開の香港・中国映画。『香港国際警察/NEWPOLICE STORY』や『新少林寺/SHAOLIN』のベニー・チャン監督の遺作となるアクション映画。「イップ・マン」シリーズ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のドニー・イェンと、『ジェネックス・コップ』、『インビジブル・ターゲット』のニコラス・ツェーがW主演を務める。また、スタント・コーディネーターは「るろうに剣心」シリーズなども担当した谷垣健治。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キングスマン:ファースト・エージェント
キングスマン:ファースト・エージェントの紹介:2021年12月24日公開のイギリス&アメリカ合作映画。『キック・アス』のマシュー・ボーン監督によるスパイアクションの第3弾。第一次世界大戦勃発の危機が迫るヨーロッパを舞台に、表向きは高級紳士服テーラー、裏の顔は世界最強のスパイ組織である“キングスマン”の誕生秘話を描く。「ハリー・ポッター」シリーズのレイフ・ファインズ、『マレフィセント2』のハリス・ディキンソンが新たに参戦。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ
仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズの紹介:2021年12月17日公開の日本映画。仮面ライダーの歴史を揺るがす出来事を描いた仮面ライダー50 周年記念映画で、物語は『仮面ライダーリバイス』を中心に展開される。最初の仮面ライダーが誕生した1971年と現代の2021年、仮面ライダーの誕生から100年後となる2071年の3つの時代が戦いの舞台となる。本作品では、本郷猛 / 仮面ライダー1号がショッカーによる改造手術を受けた当日の、もう1つのエピソードも描かれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:囚人ディリ
囚人ディリの紹介:2021年11月19日公開のインド映画。事件に巻き込まれた男と麻薬組織の一夜のバトルを描くアクション。刑期を終えて出所したばかりの男が、特殊部隊の隊長と共に数々のピンチを切り抜けていく。監督と脚本を手掛けるのは『マスター 先生が来る!』などのローケーシュ・カナガラージ。カールティ、ナレーン、ラーマナー、ジョージ・マリヤーン、アルジュン・ダースらが出演する。主人公たちを待ち受ける暴徒たちとの攻防戦や、極限状況での男たちのドラマが描かれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジの紹介:2021年12月3日公開のアメリカ映画。スパイダーマンの宿敵ヴェノムを、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディが演じたアクション『ヴェノム』の続編。圧倒的な戦闘力と残虐性を持ち、ヴェノムの大敵となる“カーネイジ”との戦いを描きだす。監督はモーションキャプチャーの名手アンディ・サーキス。カーネイジをウディ・ハレルソンが演じるほか、ミシェル・ウィリアムズ、ナオミ・ハリスらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ナチス・バスターズ
ナチス・バスターズの紹介:2021年12月3日公開のロシア映画。第2次大戦中のソ連を舞台に、謎の狙撃兵とドイツ軍の戦いを描く戦争アクション。1941年、冬。ソ連に侵攻したドイツ軍兵士の間で、あるロシア狙撃兵がドイツ兵を次々と射殺しているという噂が広まっていた。彼らはその狙撃兵を“赤い亡霊”と呼んでいた。出演は、「セイビング・レニングラード 奇跡の脱出作戦」のアレクセイ・シェフチェンコフ。VFXは、「T-34レジェンド・オブ・ウォー」のアレクセイ・オブチニコフ、「ワールドエンド」のドミトリイ・リバコフ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:モスル~あるSWATの戦い~
モスル~あるSWATの戦い~の紹介:2021年11月19日公開のアメリカ映画。「アベンジャーズ」シリーズを手掛けたアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が製作を務め、実話をベースに、特殊部隊が最前線で繰り広げる戦いを映画化。監督は『21ブリッジ』、『ワールド・ウォー Z』の脚本を務めたマシュー・マイケル・カーナハン。SWAT部隊の隊長ジャーセム少佐を『ハート・ロッカー』のスへール・ダッバーシが、若き警官カーワを『タイラー・レイク -命の奪還-』のアダム・ベッサが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:1941 モスクワ 攻防戦80年目の真実
1941 モスクワ 攻防戦80年目の真実の紹介:2021年11月19日公開のロシア映画。1941年、モスクワ攻防戦に参加した若き士官候補生たちの、知られざる史実にスポットをあてた戦争アクション。ロシアに侵攻したドイツの大軍は、モスクワを目指し進撃。首都を死守するため、兵力不足のソ連軍は訓練中の学生兵を戦場に送ることを決断するが……。出演は『スターリングラード 史上最大の市街戦』のセルゲイ・ボンダルチュク。監督を「ミッション・イン・モスクワ」のヴァディム・シメリェフが務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:土竜の唄FINAL
土竜の唄FINALの紹介:2021年11月19日公開の日本映画。潜入捜査官“モグラ”に、ある日突然任命された熱すぎる警察官の活躍を描く「土竜の唄」シリーズの完結編。高橋のぼるによる人気コミックを原作に、三池崇史監督と脚本家の宮藤官九郎が再びタッグを組む。主人公の菊川玲二役を務めた生田斗真のほか、堤真一、仲里依紗、吹越満、遠藤憲一らが続投。また、『孤狼の血 LEVEL2』の鈴木亮平、滝沢カレンが新たに参戦する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年製作のアメリカ映画で、問題児とされる高校生数名を厚生施設へ送り届けることになったバスの運転手が、偶然に遭遇してしまった麻薬密売組織から生徒たちを守ろうと奮闘する姿を描いた作品です。本編中に起きた出来事に関して、「実はこういう裏があった」とフラッシュバックのような映像で解説する手法が斬新で、印象に残ります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:テン・ゴーカイジャー
テン・ゴーカイジャーの紹介:2021年11月12日公開の日本映画。スーパー戦隊シリーズ第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』10年ぶりの続編。宇宙帝国ザンギャックの侵略を阻止してから10年。公営ギャンブル“スーパー戦隊ダービーコロッセオ”が大流行する地球に、ゴーカイレッドことキャプテン・マーベラスが現れる。出演は「まっ白の闇」の小澤亮太、「東京リベンジャーズ」の山田裕貴、「ブレイブ -群青戦記-」の池田純矢。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アイス・ロード
アイス・ロードの紹介:2021年11月12日公開のアメリカ映画。「96時間」シリーズのリーアム・ニーソンが主演を務めるレスキュー・エンターテインメント。『アルマゲドン』や『パニッシャー』を手がけたジョナサン・ヘンズリーが監督と脚本を務め、鉱山事故で地下に閉じ込められた作業員の救出劇を描く。共演は『ジョン・ウィック:チャプター2』のローレンス・フィッシュバーン、マーカス・トーマス 、アンバー・ミッドサンダー、ベンジャミン・ウォーカーら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ
G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズの紹介:2021年10月22日公開のアメリカ映画。米国ハズブロ社のアクションフィギュアをもとに、戦闘のエキスパートチーム「G.I.ジョー」と悪の組織「コブラ」の戦いが描かれるアクション大作 「G.I.ジョー」の最新作。舞台を日本に移し、漆黒の忍者ヒーロー“スネークアイズ”誕生の秘密が明らかになる。刀と銃を武器に戦い、シリーズ人気No.1を誇るスネークアイズは、漆黒のマスクで顔を隠し、その正体はこれまで謎に包まれてきた。本作では「沈黙の誓い」を貫いてきたスネークアイズの声も明らかになり、その吹替は『ドラえもん』のジャイアン役などでおなじみの木村昴が担当している。「ダイバージェント」シリーズ、「ちいさな独裁者」のロベルト・シュヴェンケが監督を務め、ハリウッド映画史上最大規模ともいわれる日本ロケが敢行された。「るろうに剣心」シリーズのアクションを手がけた谷垣健治がスタントコーディネーター、アクション監督として参加。開幕早々のド迫力カーチェイスシーンをはじめ、“超高速の忍者スタント”が連射される。平岳大、安部春香、石田えりなど、日本人キャストの活躍も見逃せない。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×