アクション映画のネタバレあらすじ一覧(60ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:スパイダーマン
スパイダーマンの紹介:2002年公開のアメリカ映画。世界的にヒットとなった三部作の一作目。本来はさらに六作目までの製作が発表されたが、のちに監督・キャストを一新した新シリーズ『アメイジング・スパイダーマン』シリーズを制作することが決まった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:座頭市(2003年)
座頭市(2003年)の紹介:2003年公開の日本映画。時代劇史上に残る名作シリーズ『座頭市』を、世界的人気を誇る北野武監督が大胆にリメイクして映画化、主役も務めた。盲目のハンデを抱えた「市(いち)」の活躍を描く作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:網走番外地(1965年 東映)
網走番外地(1965年 東映)の紹介:1965年公開の日本映画。主演に高倉健を迎え、石井輝男が脚色ならびに監督を務めた。映画は大ヒットし、のちにシリーズ化もされた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:96時間/レクイエム
96時間/レクイエムの紹介:2014年制作のフランス映画。家族のために単独で悪に挑む、元CIA捜査官の最強の父親の活躍を描く、リーアム・ニーソン主演のアクションの第3弾。2015年1月9日日本公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アウトレイジ
アウトレイジの紹介:2010年公開の日本映画。北野武の15本目の監督作品。金と権力の為にはどんな手段もいとわない悪人たちを描いたバイオレンス作。キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。過激なバイオレンスシーンや拷問シーンが数多く含まれるため、映倫でR15+指定を受けた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ジャッカル
ジャッカルの紹介:1997年制作のアメリカ映画。1973年の映画『ジャッカルの日』のリメイク作品である。ジャッカルという呼び名だけ知られる正体不明の超大物暗殺者と、彼を追うIRAの元テロリストの攻防を描くサスペンス・アクション。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アウトレイジビヨンド
アウトレイジ ビヨンドの紹介:2012年公開の日本映画。北野武の監督作品「アウトレイジ」の続編かつ完結編にあたる。金と権力の為にはどんな手段もいとわない悪人たちを描いたバイオレンス作。キャッチコピーは「全員悪人 完結。」、「一番悪い奴は誰だ?」。R15+指定。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:エグゼクティブ・デシジョン
エグゼクティブ・デシジョンの紹介:1996年公開のアメリカ映画。タイトルは「最終決断」の意味。テロリスト集団にハイジャックされたジャンボジェットを舞台に、乗客の生命とワシントンD.C.壊滅を回避するために戦う男たちの活躍を描いたアクション。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アンストッパブル
アンストッパブルの紹介:2010年制作のアメリカ映画。通算5回目で最後となるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンがタッグを組んだ作品で、トニー・スコットにとっては最後の監督作品になった。2001年に発生した列車暴走事故をもとに制作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます