アクション映画のネタバレあらすじ一覧(82ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:いつかギラギラする日
いつかギラギラする日の紹介:1992年公開の日本映画。現金強奪後、仲間割れを起こした男女の姿を追うアクション映画で、話が二転三転する作品。80年代に主に女性映画や文芸映画を撮っていた深作欣二が久しぶりにアクションに挑んだ映画である。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎悪女狩り
眠狂四郎悪女狩りの紹介:1969年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の12作目。雷蔵はこの年の7月に世を去ったので、雷蔵主演の狂四郎シリーズはこれで完結となる。今作品は、世間を騒がせる偽狂四郎に本物の狂四郎が立ち向かうという話。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎無頼剣
眠狂四郎無頼剣の紹介:1966年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の8作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクターである。 ネタバレを読む
映画:トゥームレイダー2
トゥームレイダー2の紹介:2003年制作のアドベンチャー・アクション映画。本作ではパンドラの箱を求めてララが世界を飛び回る。『トゥームレイダー』と同じく主演はアンジェリーナ・ジョリーだが、監督はヤン・デ・ボンに交代した。 ネタバレを読む
映画:ボーンアルティメイタム3完結
ボーン・アルティメイタムの紹介:主演マットデイモンのアクションが光る大ヒットシリーズ完結編。記憶を失った元CIAジェイソン・ボーンはすべての悲劇の始まりである自分のアイデンティティを取り戻すため、いよいよCIA極秘作戦の本拠地へと乗り込む衝撃の最終話 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:眠狂四郎多情剣
眠狂四郎多情剣の紹介:1966年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の7作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクターである。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎魔性剣
眠狂四郎魔性剣の紹介:1965年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の6作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクターである。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎炎情剣
眠狂四郎炎情剣の紹介:1965年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の5作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎女妖剣
眠狂四郎女妖剣の紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の4作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎円月斬り
眠狂四郎円月斬りの紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の3作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。 ネタバレを読む
×