アクション映画のネタバレあらすじ一覧(84ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:眠狂四郎女妖剣
眠狂四郎女妖剣の紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の4作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎円月斬り
眠狂四郎円月斬りの紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の3作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。 ネタバレを読む
映画:ハンガーゲーム1
ハンガー・ゲームの紹介:2012年公開のアメリカのアクション映画。スーザン・コリンズの同名のシリーズ小説(三部作)を原作としている。翌2013年に続編「ハンガー・ゲーム2」も公開され、映画も小説同様、三部作(3は二部構成)になる予定である。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アメイジングスパイダーマン1
アメイジング・スパイダーマンの紹介:2012年公開のアメリカ映画。映画『スパイダーマン』のリブート(シリーズ仕切り直し)作品。映画『スパイダーマン』シリーズの第4作目が白紙となり、心機一転、新しいシリーズとして映画が制作された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アメイジングスパイダーマン2
アメイジング・スパイダーマン2の紹介:2014年公開のアメリカ映画。2012年『アメイジング・スパイダーマン』の続編にあたり、シリーズ3作目以降も制作予定であったが、北米での興行収入低迷で打ち切りとし、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にゲスト出演、『スパイダーマン:ホームカミング』が作られた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミッションインポッシブル(ゴーストプロトコル)4
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの紹介:2011年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第4作目。「ゴースト・プロトコル」とはアメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する取り決めのこと。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:MiIIIミッションインポッシブル3
M:i:III〔ミッション:インポッシブル3〕の紹介:2006年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第3作目。IMF内部にいる裏切り者をあばき、闇商人デイヴィアンとイーサンが戦う作品である。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:M:I-2ミッションインポッシブル2
M:I-2〔ミッション:インポッシブル2〕の紹介:2000年制作のアメリカ映画。ジョン・ウー監督。映画「ミッション:インポッシブル」の続編にあたる。感染すると30時間で死に至るキメラウィルスを取り戻すミッションに、イーサンが挑む。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミッションインポッシブル1
ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2017年7月現在、シリーズが5作目まで作られており、2018年に6作目が公開予定の超人気映画シリーズ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:眠狂四郎勝負
眠狂四郎勝負の紹介:1964年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。 ネタバレを読む
映画:眠狂四郎殺法帖
眠狂四郎殺法帖の紹介:1963年の日本映画。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。映画は市川雷蔵版が最も有名で、雷蔵は当たり役となった。 ネタバレを読む
映画:トゥルーライズ
トゥルーライズの紹介:1994年公開のアメリカ映画。「トゥルーライズ」を直訳すると「本当の嘘」という意味。アーノルド・シュワルツェネッガー演じる凄腕スパイが、正体を家族に隠しつつテロリストと戦う姿をコメディタッチで描いたアクション映画。 ネタバレを読む
映画:GANTZ(ガンツ)(前編)
GANTZの紹介:2011年の日本映画。公開日はPART1『GANTZ』が2011年1月29日、PART2『GANTZ PERFECT ANSWER』(ガンツ・パーフェクトアンサー)が同年4月23日。全2部作で前編・後編共にPG12指定。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ボーンスプレマシー2
ボーン・スプレマシーの紹介:マット・デイモン主演の大ヒットスパイアクション映画の第二弾。世界を逃亡する中で愛するマリ―を殺害されたジェイソン・ボーン。敵を打つべくヨーロッパへを舞い戻り、すべてに関わるトレッドストーン計画を明らかにします。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×