アクション映画のネタバレあらすじ一覧(85ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:クローズZERO
クローズZEROの紹介:2007年公開の日本映画。高橋ヒロシの漫画『クローズ』を原作とし、続編『クローズZERO II』が2009年に制作され、またさらに新章にあたる『クローズEXPLODE』が2014年4月に公開予定である。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:ボーンアイデンティティー1
ボーン・アイデンティティーの紹介:マット・デイモン主演の新境地のスパイアクション映画です。ヨーロッパの街を縦横無尽に滑走するミニクーパーのカーチェイスは迫力満点。主人公のジェイソン・ボーンは果たして逃げ切れるのか、そして一体何者なのか。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:アイアンマン3
アイアンマン3の紹介:マーベル・コミックの代表作を実写化した、アイアンマンシリーズの第3弾。2010年公開映画「アイアンマン2」の続編であり、映画「アベンジャーズ」の1年後という設定。史上最悪のテロリスト”マンダリン”と戦うべく立ち上がった、億万長者にして天才発明家のトニー。彼のアイアンマンとしての最後の戦いが今始まろうとしていた・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:STEAL〔スティール〕
STEAL〔スティール〕の紹介:「TAXI」で知られるジェラール・ピレス監督の贈るスーパーアクションムービー。スリルに魅了された若者四人の強盗計画は成功するも、彼らに忍び寄る闇組織と罠。彼らは無事に逃げ切ることができるのか。 ネタバレを読む
映画:レオン 完全版
レオン 完全版の紹介:1994年のフランス&アメリカ合作映画。リュック・ベッソン監督のアクション映画。ジャン・レノ、ナタリー・ポートマンを共にトップ俳優に押し上げた作品である。日本公開時のコピーは「凶暴な純愛」。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:スピード2
スピード2の紹介:1997年のアメリカ映画。『スピード』の続編で、豪華客船を舞台としたアクション映画。前作で主演したキアヌ・リーヴスが降板したため、ヒロイン役だったサンドラ・ブロックを主役に据えたストーリーとなった。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:スピード
スピードの紹介:1994年のアメリカ映画。ノンストップ・アクションの傑作で、時速50マイル(約80km/h)以下になるとバスが爆発するという設定で、次から次へと起こる危機を頭脳的かつゲーム感覚で解決していく展開が繰り広げられる。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:パイレーツオブカリビアン4生命の泉
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉の紹介:2011年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの4作目にあたる。3作目ラストで触れた「生命の泉」を探しての冒険物語。監督は3作目までのゴア・ヴァービンスキーからロブ・マーシャルへ交替している。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:パイレーツオブカリビアン3ワールドエンド
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの紹介:2007年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの3作目にあたる。2作目「デッドマンズ・チェスト」からの直接的な続編にあたる。撮影は2作品同時に行われ、2作目公開後に追加撮影もあった。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:ダイ・ハード
ダイ・ハードの紹介:1988年アメリカの映画。2014年段階で続編が4作品ある人気シリーズ。「ダイ・ハード」は「なかなか死なない(不死身の)者」等の意味である。東京が舞台の6作目「Die Hardest」(第1作の直接的な続編)が製作中。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:パイレーツオブカリビアン2デッドマンズチェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの紹介:2006年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの2作目にあたる。前作から3年後という設定で、今作品のラストでは、シリーズ3作目「ワールド・エンド」に続くというスタイルが取られている。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:パイレーツオブカリビアン1呪われた海賊たち
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちの紹介:2003年公開のアメリカ冒険映画。ディズニーパークのアトラクション「カリブの海賊」をモチーフに作られた今作品は、好評を博し、シリーズ化された。2014年現在、3作品の続編が作られている。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:ダイ・ハード/ラスト・デイ
ダイ・ハード/ラスト・デイの紹介:ダイ・ハードシリーズの5作目。前作から6年ぶりに制作された。原題は「It's A Good Day To Die(死ぬにはいい日だ)」ということばをもじったもの。日本ではPG-12指定を受けている。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:レザボア・ドッグス
レザボア・ドッグスの紹介:クエンティン・タランティーノのデビュー作品。黒スーツの強盗団が銀行強盗に失敗してしまう。その中に警察のスパイが紛れ込んでいると察して裏切り者を捜し始める。警察の犬は果たして誰なのか! ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
×