「RED/レッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

RED/レッドの紹介:2010年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンらが引退したCIAエージェントに扮し、彼らを抹殺しようとする巨大な陰謀の黒幕を追い詰めていく姿を描く痛快アクション。“若造には負けん!”とばかりに老体にムチを打ち過激なアクションに挑む姿に胸が熱くなる。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケ。

あらすじ動画

RED/レッドの主な出演者

フランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)、ジョー・マシス(モーガン・フリーマン)、マーヴィン・ボッグス(ジョン・マルコヴィッチ)、ヴィクトリア(ヘレン・ミレン)、ウィリアム・クーパー(カール・アーバン)、サラ・ロス(メアリー=ルイーズ・パーカー)、イヴァン・シモノフ(ブライアン・コックス)、ロバート・スタントン(ジュリアン・マクマホン)、アレクサンダー・ダニング(リチャード・ドレイファス)、シンシア・ウィルクス(レベッカ・ピジョン)、ヘンリー(アーネスト・ボーグナイン)、ガブリエル・シンガー(ジェームズ・レマー)

RED/レッドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①退役して悠々自適の年金生活を送る元CIAエージェントのフランク(RED=引退した超危険人物)。何者かに狙われたフランクは思い人のサラの元へ行き、共に逃亡しつつ狙う者の正体を探る。 ②同年代の仲間と共にCIAとわたりあったフランクは問題を解決した。

【起】– RED/レッドのあらすじ1

RED/レッドのシーン1

画像引用元:YouTube / RED/レッドトレーラー映像

元CIAの腕利きエージェントだったフランク・モーゼズは、現在は引退し、田舎でのんびりとひとり、年金暮らしをしています。フランクの楽しみは、年金事務所の電話担当である女性サラ・ロスと、電話でおしゃべりすることでした。

朝の6時ぴったりに、目覚まし時計も必要なく起床するフランクは、朝食前に筋トレをひととおりこなします。

ひとり静かに食事をしたあと、郵便物をチェックしたフランクは、そこに年金事務所からの小切手が届いていることに気づきました。

それでも年金事務所に電話をかけて、小切手が届いていない振りをします。小さな嘘をついて、フランクはサラとおしゃべりがしたいのです。

小切手が届いていないというクレームを控えめに告げたあと、フランクとサラはおしゃべりに興じます。

前回の電話でサラは、フランクにアボカドの育て方を伝授しました。フランクは助言に従って育てており、アボカドから芽が出ています。

チリ国に旅行へ行きたいと話したサラは、フランクに行ったことがあるかと聞きました。

あると答えたフランクですが、チリへはいずれも「任務」で行ったため、山と夜の景色しか見たことがないと答えるしかありませんでした。

サラとの電話を終えたフランクは、ゴミ出しに外へ出ます。

周りを見渡すと、他の家はみんな飾り立てて、クリスマス一色の景色でした。フランクも急いで家と庭を飾り立てます。

電話をかけたので、年金事務所から小切手が届きました。

フランクは、今度は小切手が届いたという報告の電話をかけます。

サラは、『愛の堪えがたい秘密』という恋愛小説を読んでいると話しました。

サラは、本に書かれているスパイとモデルの恋に憧れると言っていました。

フランクはその電話で、思い切ってサラに打ち明けます。

来週にカンザスシティへ行くのだと言ったフランクに、サラは、「街に着いたら電話して」と言いました。

フランクはサラに思いを寄せていましたが、サラもフランクを好ましく思っていたのです。

電話を切ったフランクは、上機嫌でした。好感触を得てガッツポーズを取ります。

サラが電話で話していた『愛の堪えがたい秘密』の本を購入し、老眼鏡をかけて寝床で読んだフランクは、満足げに就寝します。

その夜…。

フランクの家に、武装した集団がやってきました。全員銃を構えた彼らは、音もなく家へ侵入します。

深夜の3時32分に体を起こしたフランクは、偶然に起きたふりを装い、台所へ移動します。

追って台所へ入ろうとした部隊を、フランクは次々に仕留めました。全員倒します。

第一部隊へ無線が入ったのを聞いたフランクは、フライパンの上に銃弾を置いて加熱すると、地下室へ移動し、隠してある武器を取り出します。

熱せられた銃弾が破裂し、部屋のなかで発砲音が響きました。

外にいる第二部隊は、四方から家を囲み、発砲しつつ間合いを詰めます。

武器を得て反撃したフランクは、第二部隊も全滅させました。

フランクの家は銃弾でハチの巣状態になっています。

フランクはそれを放置し、カンザスシティへ移動します…。

【カンザスシティ】

自宅が盗聴されたと気づいたフランクは、自分だけでなくサラの身も危険だと気づきました。

フランクがサラを好きだと露見すると、サラが狙われると考えたフランクは、サラの家へ急ぎます。

サラは家主に紹介されて、男性とデートしていました。デートから帰宅します。

男性は部屋にあがりたがりますが、サラは断りました。

デートした男性の文句を言っていたサラは、部屋にフランクがいるのを見ておどろきます。

フランクは名乗って無礼を詫びますが、フランクはいまのサラにとっては、侵入者です。

フランクはサラの荷造りをしたついでに、掃除機までかけていて、サラは混乱しました。

フランクは、サラの身が危険だからと言って拉致し、車中で説明を加えます。

しかし縛られたうえにさるぐつわをされたサラにとっては、フランクは怪しい人物このうえない状態でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「RED/レッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×