映画:ROCKYOU!

「ROCKYOU!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

ROCK YOU!の紹介:2001年公開。中世ヨーロッパを舞台に、平民出身の若者の活躍をロックミュージックをバックに描いた作品。監督は「42 ~世界を変えた男~」のブライアン・ヘルゲランド。音楽は「トワイライト」シリーズのカーター・バーウェル。主演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャー。彼のハリウッドでの初主演作。

あらすじ動画

ROCKYOU!の主な出演者

ウィリアム・サッチャー(ヒース・レジャー)、アンジュー伯爵アダマー(ルーファス・シーウェル)、貴婦人ジョスリン(シャニン・ソサモン)、従者ローランド(マーク・アディ)、従者ワット(アラン・テュディック)、詩人ジェフリー・チョーサー(ポール・ぺダニー)、鍛冶屋ケイト(ローラ・フレイザー)、従者クリスティアーナ(ベレニス・べジョ)、トーマス・コルヴィル卿「エドワード黒太子」(ジェームズ・ピュアフォイ)

ROCKYOU!のネタバレあらすじ

【起】– ROCKYOU!のあらすじ1

中世の時代、貴族しか参加できない馬上槍試合が愛されていました。平民出身のウィリアムは、仲間達に協力してもらって死亡した騎士の甲冑を着て参加してやります。

見事に勝利したウィリアムは金を手に入れます。仲間達は帰国を要求しますが、このままチャンピオンを目指そうと考えます。

翌月のルーアンの大会に出ることにして、訓練と装備を整えることにします。

ある日の事、身ぐるみをはがされたジェフリーと出会います。文筆家という彼に、嘘の貴族証明書を書いてもらうことにします。

大会の受付をした後、ウィリアムは美女を発見します。馬に乗ったまま、教会に入ってしまいます。神父達に怒られてしまいますが、彼女への印象は良い様子です。

ジェフリーが博打をやって、またもや身ぐるみをはがされます。ウィリアムは見捨てずに、後で金を払うと言って彼を救います。

順調に大会を勝ち進んでいくウィリアムでした。しかし、甲冑が壊れてしまいます。金が無くて困って修理できないでいました。

ウィリアムは、女性鍛冶屋のケイトと出会います。うまく焚きつけて修理を頼むことができます。

美女のジョスリンに、フランスの槍試合チャンピオンのアダマーが近づきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ROCKYOU!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×