映画:SAFEセイフ

「SAFEセイフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アクション映画

SAFE/セイフの紹介:2012年公開のジェイソン・ステイサム主演のアメリカ映画。全てを失った元特捜班の凄腕刑事が、少女を救うためにマフィアや陰謀に立ち向かう姿を描いている。監督・脚本はボアズ・イェーキン、製作総指揮にはケヴィン・スペイシーが参加。格闘戦、銃撃戦、カーチェイスなどがスリリングでドラマティックに繰り広げられるノンストップアクション作品。

あらすじ動画

SAFEセイフの主な出演者

ルーク・ライト(ジェイソン・ステイサム)、メイ(キャサリン・チャン)、ウルフ警部(ロバート・ジョン・バーク)、ハン・ジャオ(ジェームズ・ホン)、アレックス・ローゼン(アンソン・マウント)、トラメロ市長(クリス・サランドン)、エミール・ドチェスキー(サンドール・テクシー)、バシリー・ドチェスキー(ジョセフ・シコラ)、チャン・クワン(レジー・リー)

SAFEセイフのネタバレあらすじ

【起】– SAFEセイフのあらすじ1

1年前、数学の天才少女のメイは、授業で教師のミスを指摘します。校長から上級学校への転校を案内されます。帰り道、友達と帰っていると中国マフィアに拉致されます。

元刑事のルークは、職を失って地下格闘技で稼いでいました。八百長試合で負けることになりますが、相手が弱すぎて一発で意識不明にします。

文句を言いに行ったルークでしたが、ロシアン・マフィアのドチェスキーが大損をこいたことを知らされます。

一方、メイは中国マフィアのアジトに連れてこられます。パソコンでは悪用したデータが残ってしまうことから、一度覚えたら決して忘れない数学の天才であるメイを利用します。

父に母と共に捨てられたメイは、重い病に伏している母を病院に入れてやると条件を出されて応じます。メイはマフィアの抗争の激しいアメリカへと連れて行かれます。

ルークは妻のアニーが心配で家に帰ります。マフィアによって無残に殺されていました。

ロシアンマフィア達に囲まれたルークは、自由の身とされます。しかし、常に監視をされていて、関わった友人は殺すと脅されます。涙を流すルークでした。

また、家を出なければ家主の夫人を殺すとも脅されます。ルークは家を出てホームレスになります。

メイを不法入国させるために、ウルフ警部が協力をします。見返りとして上納金を掲示します。

中国マフィアは、上納金はチャイナタウンの10%までとして、すぐには家族など撃たねえよと脅して帰ります。

1年が経っていて、メイは中国マフィアが管理する店の売上を暗記していました。赤字がある店を報告すると、責任者は殴られた後に銃殺されます。

眠っているメイに、一人の女性がこっそりと話しかけてきます。彼女はリンという名前で、少し前にメイの母親が死んだのを聞いたそうです。

メイは一人泣き崩れ、女性は聞いたことを内緒にしていて欲しいと言います。

翌日、中国マフィアのボスのハンがアメリカにやってきます。メモ紙に書いた大事な数字をメイに暗記するように指示します。

メイは覚えたと言ったので、そのメモ書きを焼却することにします。

ルークが道を歩いていると、一人の男性がぶつかって文句を言ってきます。

その後に店に入って、支払いをしようとすると財布が無くなっていました。さっきの男性に盗まれたことに気づきます。

馬鹿らしくなって笑い始めたルークに、店にいた刑事がパトカーに乗せて連行します。彼は元同僚のルークだと気づいて驚きます。

メイはチャンと共に、メモ書きに書かれていた第2の数字をもった男と会うように指示されます。

そこで数字を暗記して、別の場所に行って最後の指示を待つように言われます。

車で目的地に向かっていると、ロシアンマフィアが車でぶつかってきます。銃撃戦となって、メイはロシアンマフィアに連れ去られます。

ルークは人気のないビルに連れて行かれて、元同僚から袋叩きにされます。

彼らは元最強の刑事だったルークと仕事をしていたのが原因で、今は奴隷のような生活を送っているのに腹を立てていました。

自殺するようにルークに言いますが、ルークは自殺せずに去っていきます。

メイはドチェスキーに数字を言うように脅されます。ドチェスキーは、どうやってメイのことを知ったか聞いてきます。

実はリンが裏切り者でスパイだったのです。リンがやってきて、お金をたくさんくれるからと数字を言うように言ってきます。メイは言ったら殺されるだけだと話します。

リンがメイが数字のことを話すことはないと伝えると、リンはロシアンマフィアによって射殺されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「SAFEセイフ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×