映画:TOKYO TRIBE

「TOKYO TRIBE」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

TOKYO TRIBEの紹介:2014年公開の日本映画。井上三太のコミックを、園子温監督が実写映画化したバイオレンス・アクション。近未来のトーキョーを舞台に、暴力で街を支配する者たちの勢力争いを、ミュージカルならぬラップで綴った作品。

あらすじ動画

TOKYO TRIBEの主な出演者

海(YOUNG DAIS)、メラ(鈴木亮平)、テラ(佐藤隆太)、巌(大東駿介)、スンミ(清野菜名)、キム(石田卓也)、のりちゃん(市川由衣)、エレンディア(叶美香)、KESHA(中川翔子)、MC・SHOW(染谷将太)、大司祭(でんでん)、ンコイ(窪塚洋介)、ブッバ(竹内力)

TOKYO TRIBEのネタバレあらすじ

【起】– TOKYO TRIBEのあらすじ1

近未来のトーキョーでは、大小とりまぜ23(区)あるトライブ(族)で、若者たちは各々の縄張りを暴力で支配しました。

小さな乱闘や暴動はあるもトライブ間での大きな騒動はなく、絶妙なバランスで保たれていました。

主なトライブ

・ムサシノSARU…ラブ&ピースを謳い文句にする最も穏健なグループで、海(カイ)やテラやキムが所属

・ブクロWU-RONZ…暴力団・仏波(ブッバ)の下部組織で、メラが仕切る

・シンヂュクHANDS…巌が3代目トップの戴冠式を終えたばかり

・シヴヤSARU…シヴヤ一帯を仕切る。シヴヤWARUという手先もいる

・歌舞伎町GIRAGIRA GIRLS

・練マザファッカー

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「TOKYO TRIBE」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ