映画:VERSUS

「VERSUS」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

VERSUSの紹介:とある森で暗黒の力を巡って繰り広げられるバトルホラー映画。第1回インディーズムービーフェスティバルでグランプリに輝いた北村龍平監督による作品。制作費3000万円という低予算ながらハリウッドに負けないアクションシーン演出が魅力の映画。

VERSUSの主な出演者

囚人番号KSC2-303(坂口拓)全てを知る不死身の男、ヤクザのリーダー(榊英雄)記憶のない女(三坂知絵子)

VERSUSのネタバレあらすじ

【起】– VERSUSのあらすじ1

「黄泉返りの森」と呼ばれる死者を蘇らせる森の中に、女を連れ込んで飛び込んだ脱獄囚人とそれを追うヤクザ。

森へ足を踏み込むと、そこには今までヤクザたちが殺して埋めたはずの死体が蘇り、ゾンビになって襲ってくる。あらゆる方向からゾンビが迫ってくる中で、それを銃や格闘で蹴散らすヤクザ達。

しかし銃を装備したゾンビなども出て来て、倒しても倒しても切りがない。そんな中、銃声を聞きつけた脱獄囚人とそれを追うヤクザも戦闘に加わり、ゾンビを蹴散らす大バトルが始まる。

ゾンビを一掃した後、脱獄囚人とナイフを扱うヤクザの一人が再びバトルを始める。乱戦が繰り広げられる中、囚人を追っていたヤクザがバトルを停め、囚人を助ける。囚人を生かしておくのは、ヤクザのボスの命令だという。脱獄囚人は女を連れて、再び森の奥へ消える。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「VERSUS」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×