映画:イエスタデイ(2019)

「イエスタデイ(2019)」のネタバレあらすじと結末

イエスタデイ(2019)の紹介:2019年公開の映画作品。世界的に有名な伝説のバンドであるビートルズの楽曲をモチーフとした作品に仕上がっている。世界中で有名なバンドであるはずのビートルズの存在とその楽曲が存在しない世界に迷い込んでしまった主人公をコメディチックに描いた作品。監督を務めたのは「28日後…」シリーズや「スラムドッグ$ミリオネア」などの監督として知られるダニー・ボイル。エド・シーランが本人役で出演していることでも話題となった。

あらすじ動画

イエスタデイ(2019)の主な出演者

ジャック(ヒメーシュ・パテル)、エリー(リリー・ジェームズ)、エド・シーラン(エド・シーラン)、デブラ(ケイト・マッキノン)、リズ(サラ・ランカシャー)、レオ(ジャスティン・エドワーズ)

イエスタデイ(2019)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- イエスタデイ(2019)のあらすじ1

イエスタデイ(2019)のシーン1  イギリスで暮らす青年ジャック。彼は幼い頃から音楽が大好きで、音楽教師として働いていましたが、どうしてもシンガーソングライターになる夢を諦めきれずに音楽教師を辞職。シンガーソングライターとしての人生を歩み始めましたが、やはりなかなか売れることは難しく、せっかく教師を辞めたのにも関わらず、シンガーソングライターとして成功するという夢を諦めかけていました。

 そんなジャックを支えていたのは親友のエリーでした。幼馴染のエリーは女性でしたが大の親友で、彼女も中学校で数学の教師として働きながらもジャックのマネージャーとして彼の夢を応援し、励まし続けていました。

 ある日エリーは音楽フェスの会場であるテントを借りたとジャックに言います。ジャックも勝負しようと乗り気になりいざ本番を迎えますが、いつものようになかなか観客は集まらないままステージを終えてしまいました。そして現実を突きつけられたジャックはエリーに「シンガーソングライターは諦めるよ」と宣言しました。エリーは残念がりますが、ジャックの決意は固い物でした。

 ジャックが帰り道を歩いていると、突然世界中で同時に約12秒間の停電が発生しました。するとその影響でコントロールを失ったバスにジャックは撥ねられてしまいました。

【承】- イエスタデイ(2019)のあらすじ2

イエスタデイ(2019)のシーン2  病院のベッドで目覚めたジャック。そこで話を聞かされ、ジャックは自分がバスに撥ねられて意識不明だったことを知りました。エリーを含めた友人たちから退院祝いのパーティを開かれたジャック。そこで新しいギターをプレゼントされました。バスに撥ねられた際にギターが壊れてしまっていたためでした。そこでエリーから「何か歌ってよ」と言われます。「もう諦めた」というジャックでしたが、強い要望に押され、何か有名な曲のカバーを歌おうと思い立ち、ビートルズの名曲「イエスタデイ」を弾き語りました。すると、エリーたちは「その曲、いつ作ったの?」と不思議がり興奮しているようです。「何って、ビートルズの『イエスタデイ』だろ」と当然のように返答しますが、エリーたちはピンと来ていません。エリーたちはビートルズを知らないようでした。

 意識不明だったことを利用して揶揄われていると思ったジャックは、念のためにインターネットで「ビートルズ」と検索してみました。すると出てくるのはカブトムシの写真や情報ばかり。どうやら本当にビートルズというバンドは存在しなかったことになっているようでした。急いで実家に向かい母親に確認しても「ビートルズってなに」と言われるのみ。ジャックは、事故をきっかけにビートルズが存在しない世界に迷い込んでしまったことを確信しました。考え込むジャック。ジャックは売れなかった鬱憤を晴らすために、ビートルズの歌を歌って売れようと決意しました。

 バーでの弾き語りライブに出演したジャックは「レット・イット・ビー」を演奏しました。するとバーにいた一人のレコーディングエンジニアが演奏を気に入り、「ぜひレコーディングをしよう」と話を持ちかけました。

 レコーディングされて地元のスーパーで配布されたジャックの「レット・イット・ビー」は地元で話題となり、ラジオ番組に出演して弾き語りを披露しました。するとその放送を偶然聴いていたエド・シーランが「ぜひ僕のツアーで演奏してほしい」とジャックに依頼しました。ジャックは誰かの悪戯だと思いますが、本人がジャックを訪ねてきたことで事実と知り、モスクワまでエドシーランのツアーのオープニングアクトとして帯同することになりました。しかしエリーは教師としての仕事があるため来ることができませんでした。
 
 

【転】- イエスタデイ(2019)のあらすじ3

イエスタデイ(2019)のシーン3  エドのツアーでのジャックの演奏が世界的に話題を呼び、ロサンゼルスの音楽エージェントであるデブラ・ハマーとメジャー契約を結び、アルバムをリリースすることになりました。

 アルバム制作作業の為にロサンゼルスに移住したジャック。しかしここで問題が生じました。ジャックが演奏してきたのは自分が覚えているビートルズの楽曲でした。ジャックはビートルズの熱狂的なファンという訳ではなかった為、歌詞を思い出すことがなかなかできませんでした。そこでジャックはビートルズのゆかりの地であるリヴァプールへ向かい、何かインスピレーションはないかと模索し始めました。

 するとそこで、偶然ロサンゼルスへ来ていたエリーと再会しました。ホテルへ行き良い雰囲気になった二人でしたが、エリーが「一夜限りの関係は嫌だ」と言い、ホテルを去っていきました。翌朝ジャックはエリーに電話で想いを告白しようと決意しますが、そこで飛行機の時間が来てしまい電話をすることができませんでした。

 なんとかアルバムも完成したジャックは、デブラから「宣伝のために屋上でライブをするのはどうか」と言われます。その言葉通りに屋上ライブを実行すると、たちまち大盛況となりました。

 ライブの後、ジャックの楽屋に2人の人物が訊ねてきました。レオという男性とリズという女性です。二人はなんと、ジャックが歌っている楽曲がビートルズの物であることを知っていました。自分以外にビートルズを覚えている人物がいたことに驚いたジャックは必死に弁明しようとしますが、二人はジャックを落ち着かせ、「ありがとう」と礼を言いました。「あなたが歌っているおかげでビートルズの楽曲が伝えられていることが嬉しい」と言います。そしてリズはジャックに一枚のメモを手渡しました。そこには住所が書いてあり「彼に会いに行ってみて」と言われました。

【結】- イエスタデイ(2019)のあらすじ4

イエスタデイ(2019)のシーン2  リズから手渡されたメモに従いある自宅を訪れると、そこではある老人が住んでいました。彼は「ジョン・レノン」と名乗りました。ビートルズが存在しなかったこの世界では、ジョンは暗殺されることなく航海士として暮らし、現在も生きていたのでした。家族を持ち幸せに暮らしたジョン・レノンを目の当たりにしたジャックは、自分が思い描いていた「幸せ=成功」という構図が揺らぎ始めます。

 意を決したジャックはエドのライブ会場に向かい、エドに「飛び入りで演奏させてくれないか」と頼み、ステージに出演しました。演奏したジャックは観客に「僕が演奏してきた曲はビートルズというバンドの物だ」と真相を告白しました。どよめきの中ステージを降りたジャック。デブラの関係者に激怒されながらもジャックは耳を貸さず、エリーに電話をかけ告白しました。そしてジャックは楽曲を全てネット上に無料で公開し、アルバムの発売を阻止しました。

 引退したジャックは音楽教師の職に復帰し、エリーと結婚しました。その後2人の子供も生まれ、決して大成功を収め大金を手にしているわけではありませんでしたが、家族と共に暮らせる日々こそ幸せだと感じたジャックでした。

 

みんなの感想

ライターの感想

誰もが妄想したことがあるであろう「もしも」の世界に迷い込んだ主人公に感情移入してしまいました。大変面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください