映画:うる星やつら2ビューティフルドリーマー

「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの紹介:高橋留美子原作「うる星やつら」の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。“学園祭の前日”という1日を無限ループするあたるたちは、やがてそれが誰かの夢の世界にいるのだと気付く。1984年公開。監督・脚本:押井守、音楽:星勝。TVアニメシリーズを手がけた押井守が放った渾身の一撃…いや一作で、本作品は押井守の世界観の原点と言われている。

あらすじ動画

うる星やつら2ビューティフルドリーマーの主な出演者

諸星あたる(古川登志夫)、ラム(平野文)、面堂終太郎(神谷明)、テン(杉山佳寿子)、三宅しのぶ(島津冴子)、サクラ(鷲尾真知子)、藤波竜之介(田中真弓)、メガネ(千葉繁)、パーマ(村山明)、カクガリ(野村信次)、チビ(二又一成)、あたるの父(緒方賢一)、あたるの母(佐久間なつみ)、温泉マーク(池水通洋)、竜之介の父(安西正弘)、校長(西村知道)、錯乱坊(永井一郎)、夢邪鬼(藤岡琢也)、幼女(島本須美)

うる星やつら2ビューティフルドリーマーのネタバレあらすじ

【起】– うる星やつら2ビューティフルドリーマーのあらすじ1

あたるやラムたち友引高校の2年4組のメンバーは、明日から始まる学園祭の準備に追われてドタバタしています。もう何日も学校に泊まり込んで準備しているのに、いつまで経っても完成しません。

夜食を買い出しに行ったあたると面堂は、町の中が静まり返って人がほとんどいない事に気付きます。

一夜明けるとまた学園祭の前日で同じようなドタバタをくり返し、疲労がたまった教師の温泉マークが何日ぶりかで自分のアパートへ帰ると、部屋の中はカビだらけで荒れ果てて浦島太郎のような状態でした。

温泉マークはサクラに「自分たちは同じ1日をずっとくり返しているのではないか?」と不安を打ち明けます。

サクラが「それなら生徒の親や世間が気付くはず」と言うと、「もし浦島太郎が独りだけでなく村人全員と亀に連れられ竜宮城に行ったとしたら、帰って来た時何百年経っていても気付かないかもしれない。友引町全体が異変に巻き込まれている」と主張します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×