映画:おしゃれキャット

「おしゃれキャット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

おしゃれキャットの紹介:パリに住むお金持ちの老婦人が全財産を可愛がっているメス猫のダッチェスと3匹の子猫に遺すという遺言書を作成するが、夫人に長年仕えていた執事は財産を横取りしようと猫たちを郊外へ捨ててしまう。ダッチェスたちはそこで出会ったノラ猫のトーマス・オマリーに助けられながらパリの我が家を目指す。1970年公開のディズニーアニメ映画。監督:ヴォルフガング・ライザーマン。原題の「The Aristocats」は「貴族階級」という意味の「aristocrat」をもじったもので、ダッチェスとは英語で「公爵夫人」。本作のヒロインは母猫のダッチェスであるが、2002年以降に子猫のマリーのキャラクターグッズが発売されるようになると「おしゃれキャット・マリー」として一気に知名度が上がった。

あらすじ動画

おしゃれキャットの主な出演者

ダッチェス(エヴァ・カボール)、トーマス・オマリー(フィル・ハリス)、マリー(リズ・イングリッシュ)、トゥルーズ(ゲイリー・デュビン)、ベルリオーズ(ディーン・クラーク)、エドガー(ロディ・モード=ロクスビー)、アデレード・ボンファミーユ夫人(ハーマイオニー・バデリー)、ジョルジュ・オートクール(チャールズ・レイン)、ロクフォール[ネズミ](スターリング・フォロウェイ)、フルー・フルー[馬](ナンシー・カルプ)、ナポレオン[犬](バッド・ダトラム)、ラフィエット[犬](ジョージ・リンゼイ)、牛乳配達(ピーター・レナディ)

おしゃれキャットのネタバレあらすじ

【起】– おしゃれキャットのあらすじ1

パリ、1910年。(オープニングテーマ“The Aristocat”)

豪奢な邸宅で暮らすボンファミーユ夫人は、若い頃はオペラ歌手でした。

高齢となった今は家族もなく、純白の美しいメス猫のダッチェスと3匹の子猫(オレンジ色で絵画の才能を持つトゥルーズ、褐色でピアノの演奏が得意なベルリオーズ、真っ白で首にピンクのリボンをした歌が上手なマリー)が唯一の心の慰めです。

長年夫人に仕えてきた執事のエドガーは夫人の前では愛想よく振る舞っていますが、腹黒い性格でした。

ある日、夫人は顧問弁護士のオートクールを呼んで、自分の財産の全てをダッチェスと3匹の子猫に遺すという内容の遺言書を作成します。

猫たちが一生を全うしたら、その後財産はエドガーに行くことになっています。

それを盗み聞きしたエドガーは猫たちを亡き者にしようと企みます。

猫たちのスープに睡眠薬を盛ったエドガーは、眠り込んだ親子をカゴに入れてバイクで郊外の田舎へ行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「おしゃれキャット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×