映画:おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~

「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

赤塚不二夫原作の「おそ松くん」が大人になったら…というパラレルワールドで、2015年に大きな社会現象を与えた「おそ松さん」の長編映画版第2作目。食べるとどんな願いも叶うという「キラキラフルーツ」を求めて。とある島へ上陸した松野6兄弟。すると彼らの前に現れたのは謎の「ヒヒポ族」だった。スタッフ、キャスト共、アニメ版とほぼ変わらない。 小高義規監督、松原秀脚本。2022年7月公開。

あらすじ動画

おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~の主な出演者

松野おそ松:櫻井孝宏 松野カラ松:中村悠一 松野チョロ松:神谷浩史 松野一松:福山潤 松野十四松:小野大輔 松野トド松:入野自由 弱井トト子:遠藤綾 イヤミ:鈴村健一 チビ太:國立幸 ハタ坊:斎藤桃子 ダヨーン:飛田展男 デカパン:上田燿司 オニギリ(シャケ・ウメ):山本和臣

おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~のネタバレあらすじ

【起】– おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~のあらすじ1

おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~のシーン1

画像引用元:YouTube / おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~トレーラー映像

地球のどこか、松野家の6つ子はバギーに乗って荒地を逃げ回っている。

追いかけているのは、なんと恐竜。

長男、松野おそ松のハンドル捌きに恐竜は目を回し、昏倒する。

急いで逃げようとする五人だったが、おそ松だけは「逃げずに戦う」となぜかやる気が入り、恐竜に他の兄弟たちと共に立ち向かった。

そして尻尾で、一掃される。

なぜこんな無茶をするかというと、この世のどこかにあるという「キラキラフルーツ」を探して旅をしていた。

食べたものは、注目されカリスマになれる。この世の富を得るという噂の幻のフルーツである。それを探して、普段はニートとして自宅でだらだらと過ごしている6つ子も、家を飛び出し世界中を駆け回り、冒険の日々を送っていた。

そんなこんなで、とある島にたどり着く6つ子。

その島にキラキラフルーツがあると聞いたのだ。上陸したものの特にどこにあるという目安もなく、ただ互いにこそばしあい、石積みをし、悪戯に時間を過ごしていく。

長男、おそ松と末弟、トド松と五男、十四松が立ちションに出かけると、十四松の前に小さな不思議な木の仮面をつけた小人が現れる。驚く十四松、興味を示し小人を追いかけるが、逆に警報を鳴らされ、小人たちが集まり六つ子に槍や矢を放ち襲いかかってきた。

逃げる六つ子、追いかける小人たち。追い詰められた六つ子。川の中に逃げ込んだトド松は勢い余ってパンツが脱げてしまう。

すると、トド松ことトッティの”トッティ”に興味津々の小人たち。

どうやら、彼らにはついていないらしく六つ子についている”それ”に笑い転げる。

これを機に、小人たちこと「ヒピポ族」の村に迎え入れられ、手厚い歓迎を受ける六つ子。

穏やかで何不自由ない居候生活を送っていたが、村人が育てている謎の果実を見つけてしまう。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×