映画:おもひでぽろぽろ

「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

おもひでぽろぽろの紹介:1991年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。岡本螢・刀根夕子共作の漫画を原作とし、監督・脚本を高畑勲が務める。キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る(糸井重里)」。

あらすじ動画

おもひでぽろぽろの主な出演者

岡島タエ子(今井美樹)、トシオ(柳葉敏郎)、小5の岡島タエ子(本名陽子)、タエ子の母(寺田路恵)、タエ子の父(伊藤正博)、タエ子の祖母(北川智絵)、ナナ子(山下容莉枝)、ヤエ子(三野輪有紀)、広田秀二(増田裕生)

おもひでぽろぽろのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1982年、27歳のタエ子は休暇を取って山形へ行き、遠くの親戚の農作業の手伝いをする。東京出身のタエ子は田舎がほしかったのだ。姉の結婚で憧れの田舎ができたタエ子は田舎暮らしを満喫。 ②本家のばっちゃがトシオと結婚してくれとタエ子に頼み、タエ子は自分が覚悟もなくバカンス気分で来ていたことを思い知らされる。今一度考え直したタエ子はトシオとの生活を決断。

【起】– おもひでぽろぽろのあらすじ1

1982年、夏。

東京の会社でOLをする27歳の女性・岡島タエ子は、勤務先に10日間の休暇届を出しました。上司は海外旅行かと聞きますが、山形の田舎へ行くとタエ子は答えます。

東京生まれ東京育ちのタエ子は、田舎がないことが小学5年生の時にちょっとしたコンプレックスでした。

先日、ひさしぶりに姉2人と話をした時にそれを話したタエ子は、小学校5年生、10歳の頃の自分のことを次々に思い出します。

タエ子には2人の姉がいました。長女であるナナ子と次女のヤエ子で、ナナ子が結婚した相手・ミツオの親戚が山形県にあるのです。

ミツオの親戚の家に去年お邪魔し、今年もそこへ行く予定でした。

タエ子は小学5年の時のことを思い出します。

同級生が夏休みに「田舎に行く」というなか、ひとりだけ行ける場所がなかったタエ子は、祖母と熱海の大野屋旅館に泊まりました。

そこにある三色スミレ風呂、スワン風呂、グリム風呂、人魚風呂、レモン風呂に入りまくったタエ子は、大浴場であるローマ風呂にたどりついた時には、のぼせて倒れてしまいます。

そんな話を先日、2人の姉にしたところ「あなたにはたいそうな過去があるのね」と笑われました。同じ時代を生きながら、2人の姉とは少し年齢も離れており、タエ子と姉たちの感覚は違っていました。

ちょっとした感傷も手伝い、タエ子は小学5年の思い出を次々に思い浮かべます。

…タエ子が小学5年生の時は、1966年(昭和40年)でした。

その当時、果物の王様はバナナでした。パイナップルといえば、甘いシロップに漬かった缶詰しか知りません。

本物のパイナップルに憧れたタエ子のために、父が銀座の千疋屋(せんびきや)で丸ごとのパイナップルを買ってきてくれました。

狂喜乱舞するタエ子と、珍しいものを見る家族ですが、どうやって切って食べるのか方法を知りません。

美大1年の姉・ナナ子が、切り方を教わってきました。次女のヤエ子は高校2年で、宝塚にはまっていました。

家族はナナ子を囲み、包丁でパイナップルを切る手元を観察します。

あんなに憧れたパイナップルですが、食べてみるとすっぱく、想像よりも硬い代物でした。

パイナップルは缶詰がよく、やはり果物の王様はバナナだったという結論に落ち着きましたが、父が買って来てくれたパイナップルをむげにできないタエ子は、姉の分まで意地で食べます。

その当時のタエ子を好きだという同級生がいました。隣の4組の広田くんで、おせっかいな同級生の女の子が言いにきます。

タエ子は当初、広田くんのことを知りませんでしたが、意識し始めました。

そんな矢先、タエ子のいる5組と4組の男子が野球の試合をします。広田くんは野球が強く、活躍しました。

試合の後に4組の女子が、タエ子に声をかけろと広田くんに言うのを聞き、走って逃げます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「おもひでぽろぽろ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×