映画:くまのプーさん(2011)

「くまのプーさん(2011)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

くまのプーさん(2011)の紹介:2011年に公開された作品。ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品として製作された。世界的に愛されるディズニーのキャラクターであるくまのプーさんの長編映画シリーズの作品。くまのプーさん長編作品としては約6年振りの作品となる。今作は2Dアニメーション作品として製作されており、2020年現在でディズニーが製作した最後の長編2Dアニメーション作品となっている。監督を務めたのはスティーブン・アンダーソンとドン・ホ

あらすじ動画

くまのプーさん(2011)の主な出演者

ナレーター(ジョン・クリーズ)、プー(ジム・カミングス)、クリストファー・ロビン(ジャック・ブリュター)、ティガー(ジム・カミングス)、イーヨー(バド・ラッキー)、オウル(クレイグ・ファーガソン)、ピグレット(トラヴィス・オーツ)、ラビット(トム・ケニー)

くまのプーさん(2011)のネタバレあらすじ

【起】– くまのプーさん(2011)のあらすじ1

くまのプーさん(2011)のシーン1

画像引用元:YouTube / くまのプーさん(2011)トレーラー映像

 100エーカーの森にある小屋の中で、くまのプーは目を覚ましました

空腹で音が鳴るお腹に「今はちみつを食べるからね」と言い聞かせながら大好物のはちみつの壺を探しますが、どの壺も既に空っぽ

はちみつは底をついていたのでしたプーは空腹のまま、はちみつを探しに外へ出かけていきました



次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「くまのプーさん(2011)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ