映画:さよならの朝に約束の花をかざろう

「さよならの朝に約束の花をかざろう」のネタバレあらすじと結末

さよならの朝に約束の花をかざろうの紹介:2018年公開。P.A.WORKS制作の長編アニメーション映画でzり、同社史上で始めて、テレビシリーズの放映の無い、劇場用オリジナル作品である。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本として知られている岡田麿里の初監督作品である。上海やスペインで行われた映画祭でも数々の賞を受賞した、評価の高い作品。

あらすじ動画

さよならの朝に約束の花をかざろうの主な出演者

マキア(石見舞菜香)、エリアル(入野自由)、レイリア(茅野愛衣)、クリム(梶裕貴)、ラング(細谷佳正)、ミド(佐藤利奈)、ラシーヌ(沢城みゆき)、ディタ(日笠陽子)、バロウ(平田広明)、メドメル(久野美咲)、イゾル(杉田智和)

さよならの朝に約束の花をかざろうのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- さよならの朝に約束の花をかざろうのあらすじ1

さよならの朝に約束の花をかざろうのシーン1 人里離れた場所で暮らしている一族「イオルフ」。イオルフは、普通の人間よりも遥かに寿命が長い長寿の一族で、「ヒビオル」という布を織りながら、若い見た目のまま数百年を生きていくという希少な一族でした。
イオルフの少女マキアは、幼い頃からの親友である少女レイリア、少年クリムと共に、いつものように織った布を整理していました。活発なレイリアは、仕事をせずに水に飛び込んで遊び始めました。レイリアはマキアを誘いますが、臆病で物静かなマキアは躊躇します。それをクリムは宥めていました。夕方になり3人で帰ると、レイリアとクリムの親が迎えに来ていました。一人のマキアには迎えはいません。二人を見送った後に、マキアは村長の元へ向かい、独りぼっちであることの悲しみを吐露します。それに対して村長は、みんながいるじゃないか、と言い、仮にイオルフの者が外の世界に行っても誰も愛してはいけないと言います。マキアが理由を尋ねると、他の者よりも遥かに長く生きるイオルフの者は、誰かを愛してしまった時に本当の独りぼっちになってしまうと言いました。
その夜、に出たマキアは声を聞きます。その方へ行くと、レイリアとクリムが二人で楽しそうにしていました。マキアは隠れてその様子を見ていると、クリムがレイリアに「好きだ」と言うのを聴いてしまいました。マキアは思わず涙を流してしまいます。すると、レイリアとクリムの背後から、巨大な翼を持つ巨大な生き物「レナト」に乗ったメザーテ軍がやってきました。マキアが悲鳴を上げたことで二人も気がつき、マキアに村長を呼んでくるように言い、二人は逃げ出します。マキアは急いで村長のいる家に行きますがおらず、既に広場に到着していました。村長が到着したことで扉が閉められてしまい、マキアは一人取り残されてしまいました。メザーテ軍を引き連れていた軍人イゾルが現れ、イオルフの女性を襲い始めます。その結果、イオルフの里は侵略されてしまい、レイリアはイゾルに連れ去られてしまいました。一方、一人残されていたマキアは、メザーテ軍に放って置かれていたレナトに偶然連れていかれ、里を離れたため助かりました。里から離れた森に落とされたマキアは、遠くで炎が上がっている里を見て、絶望します。
一人で森を歩いていると、何者かに襲われた痕跡のある集落にたどり着きました。すると、何か音が聞こえてきます。音がする方へ寄って行くと、1つのテントから聴こえていました。つまづいた拍子にそのテントに転がり込むと、既に息絶えた女性の遺体が転がっていました。背後から声が聞こえ驚き振り向くと、男性がいました。この男性が来た時には既に亡くなっていたと言います。そして、母親はすごいと言いだします。マキアがその女性の遺体に近づくと、赤ん坊を抱いたまま亡くなっていました。聴こえていた音はこの赤ん坊の泣き声でした。男は、このままこの赤ん坊も亡くなり、あの世でまた一緒になるだろうと言いますが、マキアはそんなことない、と言いしっかり抱いている母親の指を一本ずつ話していきます。亡くなっているにも関わらず、子供を抱く母親の力は物凄い者でした。マキアは持っていたヒビオルで赤ん坊を包み、男性が制止するのも聞かずに赤ん坊を連れて帰ります。その様子を見てその男性は「独りぼっちが独りぼっちと出会ったか」と呟き、笑みを浮かべました。

【承】- さよならの朝に約束の花をかざろうのあらすじ2

さよならの朝に約束の花をかざろうのシーン2 赤ん坊を連れたまま歩いていたマキアは、集落に出ました。そこで、女性の農場主ミドと出会います。二人の息子ラングとデオルを育てているミドに、織物をする仕事を紹介してもらい、ミドの家の隣の小屋に入れてもらい、共に暮らし始めます。15歳のマキアが赤ん坊を連れている様子をラングとデオルは不思議そうに見ていましたが、一緒に暮らすうちに慣れていきました。マキアが連れてきた男の子はエリアルと名付けられました。自身に母親がいないマキアは母親というものがどのようなものか分からず困惑しますが、ミドにアドバイスを受けながら、マキアはエリアルを息子のように育てていくことを決心します。
それから6年が経ち、エリアルは6歳になり、マキアも母親としての意識が生まれており、エリアルもマキアのことを「母さん」と呼んでいました。エリアルは母さんと自分が違う場所で生まれたということを理解しながらも、マキアを母親として慕っていました。
ある日、近くに住む子供たちからエリアルはからかわれていました。エリアルは母親のことが大好きでしたが、他の男の子たちは母親は好きではないと言います。エリアルと同い年くらいの女の子ディタは、男なのに母親が好きなのはおかしいことだと言います。すると、その言葉にショックを受けたエリアルは泣きながら帰ってしまいました。その頃マキアはいつものように織物を納品しに行った先で、レイリアがメザーテの王子の元に嫁ぐことを知ります。
その夜、ミドの農場でみんなで可愛がっていた犬が亡くなりました。マキアも手伝い土に埋めている時、「死」というものをあまり理解していないエリアルは、土を被せたらもう遊べないと言いだします。それを聞いたマキアは堪らずその場から走り出してしまいました。ラングがそれを追いかけ、涙を流すマキアにどうしたのかと聞くと、イオルフである自分は、エリアルやラングよりも遥かに長く生きるため、みんなの死を迎えなければいけないことを実感してしまったのだと言います。ラングは、そんなものは関係無いと言い、マキアを励まします。マキアがラングと共に家に戻ると、入り口も前でっエリアルが倒れていました。驚き近づくと、エリアルは眠っていました。エリアルがずっと自分を待っていたことに気づいたマキアは、母親として一生エリアルと共にいようと決意します。
翌朝、ディタは白い花を数本持ち、エリアルに謝る言葉を練習しながら、エリアルの家へ向かいました。ようやく玄関の前に辿り着き、意を決してノックしようとすると、となりの小屋からデオルが出てきて、エリアルはもういないと告げます。ショックを受けたディタは持っていた花を落としました。
マキアはエリアルを連れて都を目指していました。その道中に乗った船の中で、クリムやその他のイオルフ達と再会します。クリムからレイリアを救出する計画を聞いたマキアは自分も手伝おうと決めます。エリアルを宿に残して、メザーテの王子とレイリアの結婚パレードの会場の近くに向かいます。そこでマキアはバロウという、イオルフと人間のハーフの男性に「今頃6歳くらいか」と声をかけられます。驚きバロウの顔をよく見ると、エリアルを見つけたあの日、あのテントにいた男性でした。バロウは母親としてあの赤ん坊を育て続けているマキアを褒めました。
いよいよパレードが始まりました。人々が街道に集まり、パレードを眺めています。数体のレナトが並び行進している中で、クリムは一体のレナトの足にナイフを突き刺します。驚き暴れ出すレナトに人々が気を取られている間に、マキアがレイリアの乗っているレナトの足元に辿り着きました。マキアに気づいたレイリアはレナトから降り、マキアと共に細い路地に逃げ込みました。再会を喜ぶ二人。マキアは逃げようと言いますが、レイリアはそれはできないと言います。マキアが理由を尋ねると、レイリアは自身のお腹を摩り、妊娠していることを告白します。そこへメザーテの王子と警護たちがやってきて、マキアを捕らえようとしますが、レイリアは自身の髪飾りを外してお腹に当て、マキアを逃さなければ子供と共に死ぬと言います。仕方なくマキアを追うのをやめました。
宿に戻ったマキアとクリム。クリムは、レイリアが救出を拒んだことにショックを受けていました。「誰も愛してはいけない」という村長の言葉に反し、妊娠しそれを理由にメザーテに残ることを決めたレイリアと、拾った男の子を息子として育てているマキアにショックと違和感を覚えます。
パレードが終わり、マキアはエリアルを連れて新たな家と仕事を探し始めますが、なかなか仕事が見つかりません。夜遅くなったため、マキアはエリアルを宿に残して一人で仕事を探しますが、やはり見つからず、落胆して宿に帰りました。すると部屋では、エリアルが勝手に織物を織る装置を出して遊んでいました。織物をしたことをマキアに伝えたいエリアルでしたが、仕事が見つからないことに苛立ちを覚えていたマキアは、思わずエリアルを怒鳴ってしまいます。ショックを受けたエリアルは宿から飛び出してしまいます。追いかけようとしますがつまづいて転んでしまいました。エリアルが織ったヒビオルを見ると、「母さん」というメッセージが刻まれていました。反省したマキアは急いで宿を飛び出し、エリアルを探します。エリアルを見つけたマキアは、もう泣かない、とエリアルに誓います。エリアルも、母さんを守ると誓いました。

【転】- さよならの朝に約束の花をかざろうのあらすじ3

さよならの朝に約束の花をかざろうのシーン3 月日は流れ、エリアルは立派な青年に成長していました。マキアは変わらない10代の少女のような見た目のままでした。マキアは酒場で働いており、エリアルも友人とそこへ度々訪れていましたが、エリアルは友人にはマキアとは姉弟であると話していました。更にそれを信じていない友人たちは、二人は駆け落ちした恋人同士なのではないかと疑っていました。若い見た目を保っていたマキアは、その酒場の看板娘になっていました。
エリアルもその酒場を訪れていたある日、軍の数人が酒場を訪れます。マキアがメニューを持って行くと、その内の一人からの強い視線を感じます。恥ずかしくなりメニューで顔を隠しますが、その男は覗き込んできます。するとその男は「マキアか?」と言います。驚き顔をよく見ると、成長したラングでした。ラングは成長して軍に入っていたのでした。再会を喜ぶマキアは、ラングにエリアルを紹介します。青年に成長したエリアルにラングは驚きます。
マキアとエリアルの家を訪ねたラングは、ミドやデオルの現状を伝えます。その後も酒場に通い続けていたラングは、マキアに告白しますが、母親としてエリアルを育てることに集中したいとそれを断ります。そして、また街を移動しなければならないかもしれないと言います。
家に戻ったマキアはエリアルに、また街を出なければいけないかもしれないと告げます。マキアは、エリアルの希望を聞き、エリアルと暮らせるのならばどこでも構わないと言いますが、マキアとの関係、守られているだけの現状に悩んでいたエリアルは、マキアに対して、母親とは思っていないと告げます。その言葉を聞いたマキアはショックのあまり崩れ、涙を流しそうになりますが、エリアルとの約束を思い出し堪えます。
翌日、守られているだけの自分を変えなければと、ラングの元を訪れて軍に入隊させてほしいと伝えます。前の日の夜、マキアに母親と思っていないとエリアルが言ったことを知ったラングは激昂し、エリアルを怒鳴ります。そこでエリアルは、母親ではないのに母親として自分に愛情を注いでくれるマキアとの関係に悩み、自分を変えたいのだとラングに告白します。ラングはエリアルを軍に紹介することを約束しました。そして、それを偶然聞いていたマキアも、エリアルを送り出すことを決意します。
メザーテの宮廷で暮らす小さな少女メドメルは、母親と会うことを禁じられ、侍女に面倒を見られながら生活していました。
メザーテ国王は落胆していました。王子とイオルフの女レイリアの娘メドメルが、イオルフ特有の低体温の現象を起こしておらず、イオルフならではの長寿ではないことが発覚していたからでした。あの日、イオルフの里を襲撃してレイリアを連れ去ったのは、イオルフの遥かに長い寿命を持つ人物をメザーテ王家に誕生させたかったからでした。レイリアが長寿を持つ子供を産めなかったことで、メザーテ国王は他のイオルフの人物を連れて来るように命じます。レイリアはメドメルを出産して以来子供を授からず、ずっと一室に軟禁されていました。部屋を訪れた王子に、メドメルと合わせてほしいと訴えますが、拒否されます。限界を迎えたレイリアは、王子を罵倒しながら、メドメルと会えないのならマキアに合わせてほしいと訴えます。
ある朝、マキアはエリアルを見送りました。エリアルは過去を断ち切るかのように、走り出し、家から離れていきました。その直後、マキアの家の窓から何者かが侵入してきました。
軍に入ったエリアルは、メザーテ王国がレイリアとは別のイオルフの女を連れてきたという噂を聞きつけ、不安になりラングに相談に行きます。ラングもその噂が事実かはわからないと言います。エリアルは、マキアは強い人だから大丈夫だと言いました。ラングは、マキアがその言葉を聞いたら喜ぶだろうな、と呟きました。
エリアルが軍に入ってから数年。エリアルはミドの農場で暮らしていた頃、からかわれ泣かされた少女ディタと再会して結婚、ディタは子供を身籠っており、もうすぐで生まれるという時期でした。
クリムは、未だにレイリアの救出を諦めておらず、エリアルが家を出たのを見計らいマキアを連れてメザーテの敵対国に行っていました。クリムはメザーテと敵対している国々に話を持ちかけ、メザーテとの戦争を起こすことを企んでいました。戦争を起こし、その混乱を利用して忍び込み、レイリアを救出しようという計画でした。ある日、クリムはマキアの元を訪れ、いよいよ始まると告げます。計画どおりに、メザーテと敵対国との戦争が始まろうとしていました。

【結】- さよならの朝に約束の花をかざろうのあらすじ4

さよならの朝に約束の花をかざろうのシーン2 エリアルは家に戻り、食事の支度をするディタの手伝いをしていました。ディタは小さな声で「本当に私で良かったの?」と呟きましたが、エリアルは気づいておらず、外から聞こえる騒ぎに気をとられていました。ディタも気づいて外を見ると、メザーテの城の周囲が騒がしいのに気づきます。事態を察したエリアルは、急いで城へ向かいます。止めようとするディタに、エリアルは子供を守ってくれと叫び、家から去ってしまいました。エリアルが見えなくなった直後、ディタのお腹が痛み始めました。軍と合流したエリアルは、侵入してきた敵国の軍と戦い始めました。
マキアと一緒に隠れながら忍び込んだクリムでしたが、レイリアを救出するために一人で城の中に入って行きました。一人残されたマキアは急ぎ足で歩いていると、戦いの最中だったエリアルと偶然出会います。お互い一言も発さず立ち尽くしていましたが、敵がやってきたのを見て、エリアルは立ち向かい、マキアは森へ逃げ込みました。城から離れていったマキアは、遠くから女性のうめき声がしているのに気がつきました。森を抜けてその声の方へ向かうと、民家の玄関で妊婦が座り込んでいました。マキアは慌ててその女性の元へ駆け寄りました。
陣痛に襲われ座り込んでいたディタは、声をかけられ、顔を上げると見覚えのある女性が立っていました。すぐに、彼女はエリアルの母親のマキアだと気がつきました。全く変わらない容姿をしていたマキアにディタは、この子がエリアルの子どもであると告げます。マキアは驚きながらも、ディタを家の中へ入れます。
レイリアは城の地下室を歩いていました。自分の産んだ娘を探しながら歩いていると、そこへクリムがやってきました。驚いたレイリアは再会を喜びますが、一緒に帰ろうという言葉には拒絶反応を示します。マキアもクリムも死んだと思っていたレイリアは、娘のことだけを思って生きてきたと言い、もうイオルフと共に暮らすことはできないと告げます。その言葉を受け入れたクリムは、ならばここで二人一緒に終わらせよう、と言い持っていた松明を落としました。二人を囲むように炎が広がり、レイリアが慌てていると、突然銃声が聞こえ、クリムの腹部に血が滲んでいました。メザーテの王子がクリムに向けて発砲したのでした。クリムは力を振り絞り城から出ると、木にもたれかかり座り込み、なぜマキアとレイリアは母親となり子どもを愛しているのか、イオルフの教えを欺くほど大切な物なのかと考えながら、息絶えました。
想像を遥かに超える陣痛の痛みを感じながら出産に励むディタを、マキアは必死に励まします。そして、無事ディタはエリアルの娘となる赤ん坊を出産しました。赤ん坊を抱きながらベッドで横になるディタの元に近づいたマキアは、赤ん坊の手にそっと指を近づけました。すると、赤ん坊はぎゅっと指を握りました。その瞬間、あの日テントでエリアルを見つけた時も、エリアルに指を握られたことを思い出していました。
戦争が終わり、静寂を取り戻した頃、城の外で気を失っていたエリアルは目を覚ましました。目の前にはマキアが立っていました。夢かと思うエリアルでしたが、マキアは現実だと言います。マキアは、ディタが無事に出産したことを告げ、エリアルに別れを告げてその場から去ります。エリアルは涙を流しながら「母さん!」と呼び止めます。マキアは一瞬足を止めますが、笑みを浮かべて再び歩き出しました。エリアルはその背中を見つめていました。
地下室から城の屋上に上がったレイリア。するとそこには侍女と、少女がいました。その少女を見て、すぐに自分の娘メドメルだと気づいたレイリアは、涙を流します。メドメルは侍女に誰かを尋ね、自分の母親だと知ります。レイリアはメドメルに名乗り、自分は昔どういう少女だったかを話し始めます。話しながら、マキアとクリムと遊んでいたことを思い出し、メザーテ軍にさらわれるその日の昼間、仕事をする二人を差し置いて水に飛び込んだことを懐かしんでいました。その時、マキアに飛び込むことを勧めても臆病なマキアがそれを断ったことを思い出し、居ても立っても居られなくなり、靴を脱ぎ走り出し、あの日水に飛び込んだ時のように屋上から飛び降りました。驚くメドメルと侍女でしたが、次の瞬間、唯一生き残っていたレナトが下から飛んできて、レイリアを受け止めました。そのレナトにはマキアが乗っていました。レイリアは、マキアも飛び込んだのだな、と感慨深く思います。そして、城の屋上にいるメドメルに、もう私のことは忘れて幸せに暮らしなさい、私も忘れるから、告げ、マキアと共にレナトに乗ってメザーテを去ります。そんなレイリアにマキアは、忘れる訳はないから安心して、と優しく語りかけました。
エリアルが家に帰ると、ディタと産まれたばかりの娘がベッドに横になっていました。エリアルは娘を抱き笑みを浮かべていると、ディタは突然泣きながらエリアルに謝り始めました。理由を聞くと、子供の頃、ずっと若い見た目で美しく、優しいマキアに嫉妬していた、と言います。そのためにエリアルをバカにしたけれど、あんなに素晴らしい母親ならば好きになるのは当たり前だと感じたと告げます。エリアルはディタを慰め、ディタも優しい母親になれるはずだと言います。今後、素晴らしい出会いをしていくであろうこの娘を大切に育てていこうとディタに語りかけました。
農場の野原で遊んでいた小さな女の子。彼女の元へ若い女性が訪れ、おじいちゃんはどこにいるかと尋ねます。そこへその子の母親がやってきて、家へ案内してくれました。その若い女性がマキアだと知ったその女性は、自分の両親がよくマキアの話をしていたこと、自分が生まれた後、ミドの計らいであの農場に戻ったこと、3年前に母親であるディタは他界し、父親のエリアルも寿命が近づいていることを話しました。
マキアが案内された場所は、ミドと出会い、エリアルを6歳まで育てていた小屋でした。中へ入ると、当時と変わらない小屋の中に、ベッドがあり、その上に白髪を生やし歳をとったエリアルが眠っていました。マキアはエリアルの傍に座り、エリアルの手を握りました。眠っているエリアルにマキアは、頑張って生きてきたんだね、頑張ったねと労いの言葉をかけました。そして「エリアル、ただいま」と呟きました。すると、エリアルは目を覚まし、少し目を開けマキアを見て、うっすらと笑みを浮かべると、か弱い声で「おかえり」と言い、再び眠りました。その言葉を聞いたマキアは、再び眠り出したエリアルに、彼と出会ったあの日、彼を包んでこの農場までやってきたビヒダスをそっと掛け、小屋を出ました。
農場を後にするマキアの元へ、エリアルの孫娘が走ってきて、綿毛をつけたタンポポをプレゼントしてくれました。お礼を言い、胸ポケットにそのタンポポを入れて彼女を見送ったマキアは、この場所で幼いエリアルと過ごした日々、青年となったエリアルと過ごし、軍に入り父親となったエリアルの思い出を沢山思い出していました。そしてマキアは「エリアル...約束、破っちゃう...」と呟き、大粒の涙を流し、声を上げて泣きました。風が吹き、マキアの胸ポケットのタンポポの綿毛を空へ飛ばしていきました。
落ち着き、再び歩き始めると、バロウがマキアを馬車で待っていました。気丈に振る舞うマキアでしたが、涙の跡をバロウに指摘されて慌てて拭き取り、もう悲しくなんかないと言いました。バロウは、イオルフの村長に、人を愛しても寂しくはならなかったと教えられるな、と言い笑いました。マキアもそうだね、と言って笑い出しました。

みんなの感想

ライターの感想

素晴らしい作品だったと思います。脚本も素晴らしく、歳をとらない少女が赤ん坊を育てていくというストーリーにより、一味違う親子の物語を描くことに成功していると思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」の商品はこちら